メインメニューを開く

100万ドルの血斗

『100万ドルの血斗』(原題:Big Jake)は、1971年公開のアメリカ映画。ジョージ・シャーマン監督作品。

目次

概要編集

ジョン・ウェインの147本目の出演映画。オートバイも登場する誘拐された孫の救出劇を描いた西部劇。

ストーリー編集

1909年のテキサス。牧場主(ジェイコブ・マッキャンドルズ)留守の間に孫が盗賊に誘拐され100万ドルを要求される。 盗賊のボスにはリチャード・ブーンが扮し、存在感を発揮、孫役のイーサ・ウェインはじめウェイン一家総動員の作品。最後は孫を取り戻しハッピーエンドとなるが冒頭の盗賊が牧場を襲うシーンでは残虐なシーンもありテレビ放送では一部カットされる場合もある。歌手のボビー・ヴィントンはマイケル・ウェインがレコードのジャケット写真でジョン・ウェインに似ているという理由でキャストに加わるが、盗賊に襲われた際、応戦するが銃弾をうけ、生死のあきらかでないまま前半で姿をけす。ファンにはジョン・ウェインとモーリン・オハラの共演シーンの少なさが不満であろう。アメリカでは1971年度の映画の興行成績ではTOP10にはいった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[1]

スタッフ編集

  • 監督:ジョージ・シャーマン
  • 制作:マイケル・ウェイン
  • 音楽:エルマー・バーンスタイン
  • 美術:カール・アンダーソン
  • 撮影:ウィリアム・H・クローシア
  • 編集: ハリー・W・ゲルスタッド
  • 日本公開:1971年11月日本公開
  • 上映時間:100分
  • 製作国:アメリカ合衆国
  • 言語:英語

参考文献編集

  • DVD & Video guide compiled by Mick Martin & Marsha Porter(New York. Ballantine Books)
  • "Polish prince" by Bobby Vinton(New York, M, Evans c1978)
  • 「ジョン・ウェイン」シネアルバム㉝ 責任編集: 増渕健、三谷宏次 芳賀書店
  • 「ぼくの採点表 III 1970年代」双葉 十三郎著 トパーズ・プレス 1989

脚注編集

  1. ^ 初放送1980年9月15日 TBS月曜ロードショー』 ※BD&DVD収録。

外部リンク編集