メインメニューを開く

100分de名著』(ひゃっぷんでめいちょ)とは、NHK Eテレ2011年3月30日に放送を開始した教養番組である。

目次

概要編集

2010年9月に4日連続で放送した特集番組『一週間de資本論』を基にした番組である。毎回古今東西の名著にスポットライトをあて、その作品の奥深さを、「噛み砕いて解説したらこの人の右に出る人はいない」というプレゼンターがわかりやすく、かつ楽しく解説するというものである。題名の「100分」とは毎週25分間、4回で100分間に渡ってその作品の背景他を詳しく解説するという狙いで付けられた。

『一週間』は定時再放送以外に3度再放送が行われた。また、『一週間』では司会の堀尾正明と解説以外にゲスト解説を招く格好で放送したが、『100分』では最終回(週)のみゲストが出演する(出演しない月もある)。

番組のNHKテキストとともに「100分de名著ブックス」がシリーズで刊行されている。

放送日時編集

2011年度
  • 初回放送:水曜 22:00 - 22:25
  • 再放送:次週水曜 5:35 - 6:00、11:30 - 11:55
いずれも解説放送あり。
2012年度・2013年度・2014年度
  • 初回放送:水曜 23:00 - 23:25
  • 再放送:次週水曜 5:30 - 5:55、12:25 - 12:50
2014年7月8日の早朝回の再放送は「2014 FIFAワールドカップ」の準決勝戦中継のため休止した。
2015年度
  • 初回放送:水曜 22:00 - 22:25
  • 再放送:次週水曜 6:00 - 6:25、12:00 - 12:25
2016年度・2017年度・2018年度
  • 初回放送:月曜 22:25 - 22:50
  • 再放送:同週水曜 5:30 - 5:55、12:00 - 12:25

出演者編集

司会編集

2011年度
2012年度
2013年度
  • 伊集院光
  • 武内陶子 4月 - 11月、2014年1月分担当
  • 礒野佑子(NHKアナウンサー)12月分担当
2014年度・2015年度
  • 伊集院光
  • 武内陶子
2016年度
  • 伊集院光
  • 礒野佑子
2017年度
  • 伊集院光
  • 島津有理子
2018年度
  • 伊集院光(8月度を除く)
    • 齋藤孝(8月度)
  • 島津有理子(4月 - 9月)
  • 安部みちこ(NHKアナウンサー) 10月 -

語り手編集

  • 甲斐田裕子(声優) - ニーチェ「ツァラトゥストラ」
  • 加藤有生子 - 「オイディプス王」「斜陽」「エミール」「平和論」「手塚治虫」「野生の思考」「維摩経」「野火」「ノートル=ダム・ド・パリ」「石ノ森章太郎」で語り担当
  • 平野哲史 - 孔子「論語」
  • 鹿沼健介 - ドラッカー「マネジメント」
  • 大野済也 - 福澤諭吉 「学問のすゝめ」、アラン「幸福論」
  • 小野卓司 - ブッダ「真理のことば」「最期のことば」、フランクル「夜と霧」、「般若心経」、洪自誠「菜根譚」(日本人論SPで声の出演)
  • 鈴木桂一郎 - マキャベリ「君主論」
  • 柘植恵水 - 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」
  • 伊藤健三 - 兼好法師「徒然草」
  • 原田裕和安部みちこ(朗読) - 紫式部「源氏物語」
  • 糸井羊司 - カフカ「変身」
  • 片山智彦 - パスカル「パンセ」
  • 大杉漣 -「ブッダの最期のことば」
  • 川口覚(俳優) - チェーホフ「かもめ」、シェイクスピア「ハムレット」、サルトル「実存主義とは何か」、ジェイン・オースティン「高慢と偏見」、アルベール・カミュ「ペスト」(朗読担当)
  • 美村里江 - 「高慢と偏見」、「生きがいについて」で朗読担当
  • 玉井夕海(女優) - チェーホフ「かもめ」
  • 中川緑 - 鴨長明「方丈記」、デュマ「モンテ・クリスト伯」
  • 山口勝佐伯桃子(声の出演) - アインシュタイン「相対性理論」
  • 西堀裕美、佐伯桃子(声の出演) - サン・テグジュペリ「星の王子さま」
  • 平田満 - 夏目漱石「こころ」
  • 福井慎二 - 「老子」
  • 岩槻里子杉本哲太 - トルストイ「戦争と平和」
  • 三輪秀香 - プラトン「饗宴」
  • 久保田祐佳イッセー尾形(俳優) - 「古事記」
  • 森山春香 - 松尾芭蕉「おくのほそ道」
  • 渡邊佐和子 - 「アラビアンナイト」
  • 岩槻里子、金井勇太(俳優・朗読) - ドストエフスキー「罪と罰」
  • 小山茉美(声優) - 世阿弥「風姿花伝」、柳田国男「遠野物語」
  • 森田美由紀 - 幸福論SPで語り部担当
  • 佐藤佑暉(声優) - 幸福論SPで朗読担当
  • 宮原弘和 佐藤朱 藤野とも子 坂口哲夫 江川央生 - 幸福論SPで声の出演
  • 山崎和佳奈(声優) - フロム「愛するということ」、「孫子」
  • 檀ふみ - 「万葉集」で朗読担当
  • 徳山靖彦(声優) - 「万葉集」で語り担当
  • 松重豊 - 「旧約聖書」で朗読担当
  • 湯浅真由美 - 「旧約聖書」で語り担当
  • 杉本哲太 - 「戦争と平和」で朗読担当
  • 柄本佑 - 「遠野物語」で朗読担当
  • 平野正人(声優)(声の出演) - 柳田国男「遠野物語」
  • 斎藤英津子 - ファーブル「昆虫記」、岡倉天心「茶の本」で語り担当
  • 池水通洋 - ファーブル「昆虫記」で朗読担当
  • 満島ひかり - 「アンネの日記」で朗読担当
  • 墨屋那津子 - 「ハムレット」で語り担当
  • 石丸謙二郎 - 日本人論SPで朗読担当
  • 柳楽優弥 - 「フランケンシュタイン」で朗読担当
  • 水島裕 - 「フランケンシュタイン」で語り担当
  • 細谷みこ - 「荘子」、「人生の意味の心理学」で語り担当
  • 小出恵介 - 「オイディプス王」で朗読担当
  • 好本恵 - 「日本の面影」で語り担当
  • 佐野史郎 - 「日本の面影」で朗読(プレゼンター)担当
  • 伊勢佳世 - 「斜陽」で朗読担当
  • 高山久美子 - 「良寛詩歌集」で語り担当
  • 筧利夫 - 「代表的日本人」で朗読担当
  • 小口貴子 - 「代表的日本人」「歎異抄」「薔薇の名前」「風と共に去りぬ」で語り担当
  • 中村蒼 - 「司馬遼太郎SP」で朗読担当
  • 志賀廣太郎 - 「歎異抄」で朗読担当
  • チョウヨンホ - 「五輪書」で朗読担当
  • 山本美穂 - 「五輪書」で語り担当
  • 要潤 - 「エミール」、河合隼雄SPで朗読担当
  • 青木崇高 - 「堕落論」で朗読担当
  • 夏川結衣 - 「苦海浄土」で朗読担当
  • 田中泯 - 「野生の思考」「大衆の反逆」で朗読担当
  • 森山未來 - 「中原中也詩集」で朗読担当
  • 山根基世 - 「中原中也詩集」で語り担当
  • ムロツヨシ - 「獄中からの手紙」で朗読担当
  • 原田郁子塚本晋也 - 「宮沢賢治スペシャル」で朗読担当
  • 市川猿之助 - 「人生論ノート」で朗読担当
  • 田中美里 - ハンナ・アーレント「全体主義の起原」で朗読担当
  • 津田寛治 - 西郷隆盛「南洲翁遺訓」で朗読担当
  • 石丸幹二 -ユゴー 「ノートル=ダム・ド・パリ」で朗読(ナビゲーター)担当
  • 長塚圭史 - 松本清張SP、夏目漱石SPで朗読担当
  • 余貴美子 - 「法華経」で朗読担当
  • 三宅民夫 - 「法華経」で語り担当
  • 鈴木福 - 夏休みスペシャル for ティーンズ生徒役(第1・2回)
  • 鈴木梨央 - 夏休みスペシャル for ティーンズ生徒役(第3・4回)
  • 谷原章介 - 夏休みスペシャル for ティーンズ朗読担当
  • 小芝風花 - 夏休みスペシャル for ティーンズ朗読担当(第1・3・4回)
  • 三上博史 - エーコ「薔薇の名前」で朗読担当
  • 上白石萌音 - モンゴメリ「赤毛のアン」で朗読担当
  • 白井晃 - スピノザ「エチカ」で朗読担当
  • 龍真咲 - ミッチェル「風と共に去りぬ」で朗読担当
  • 藤井美菜 - 夏目漱石SPで朗読担当
  • 渡辺大 - 「自省録」朗読担当

テーマ音楽編集

  • 2011・2012年度:「100分 de 名著 -Theme-」(作曲・横山克
  • 2013年度からは椎名邦仁作曲のテーマ音楽が使われている。

内容編集

単発編集

レギュラー放送編集

2011年度
2012年度
2013年度
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度
2018年度
2019年度

スペシャル放送編集

100分間拡大スペシャルで、司会の武内(2013年度 - 2015年度)・礒野(2016年度)・島津(2017年度)と伊集院に加えて4名の指南役が出演、指南役が原則1作品ずつ取り上げた。

受賞歴編集

100分de平和論(2016年1月2日放送)

(NHKエデュケーショナル/テレコムスタッフ/日本放送協会)


100分deメディア論(2018年3月17日放送)

(NHKエデュケーショナル/テレコムスタッフ/日本放送協会)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2011年8月に再放送。
  2. ^ 2012年3月に再放送。
  3. ^ 2012年7月に再放送。
  4. ^ 2012年12月22日にEテレセレクション枠、2013年3月度で再放送。
  5. ^ 2014年9月度で再放送。
  6. ^ 2013年8月度で再放送。
  7. ^ 2013年11月のEテレセレクション枠で再放送。
  8. ^ 同年5月4日、2019年4月21日にアンコール再放送。
  9. ^ 2015年3月度で再放送。
  10. ^ 2015年10月度で再放送。
  11. ^ 2018年10月14日0:00再放送。
  12. ^ 同年6月13日にアンコール再放送。2018年11月17日のEテレセレクション枠[1]で再放送。
  13. ^ 2016年10月度で再放送。
  14. ^ 同年4月10日にアンコール再放送。
  15. ^ 2017年10月度で再放送。
  16. ^ 2017年2月19日にEテレセレクション枠で再放送。
  17. ^ 2018年11月に再放送。
  18. ^ 2016年3月12日のEテレセレクション枠で再放送。
  19. ^ 2019年1月2日1:00再放送。

出典編集

  1. ^ 再放送決定!「100分de名著」
  2. ^ “シティボーイズ斉木しげる、カントに扮して「永遠平和のために」朗読”. お笑いナタリー. (2016年8月1日). http://natalie.mu/owarai/news/196641 2016年8月2日閲覧。 
  3. ^ ドラマ「赤めだか」ギャラクシー賞1月度月間賞、たけしの演技に評価”. お笑いナタリー (2016年2月22日). 2016年2月23日閲覧。
  4. ^ “第42回「放送文化基金賞」表彰対象について” (プレスリリース), 公益財団法人 放送文化基金, (2016年6月8日), http://www.hbf.or.jp/upload/42kisha.pdf 2016年6月8日閲覧。 

外部リンク編集

NHK Eテレ 水曜 22:00 - 22:25
前番組 番組名 次番組
100分de名著
NHK Eテレ 水曜 23:00 - 23:25
3か月トピック英会話
100分de名著
テレビでハングル講座(月曜22時枠からの移動)
NHK Eテレ 水曜 22:00 - 22:25
スーパープレゼンテーション(同日22時25分に繰り下げ移行)
100分de名著
-
NHK Eテレ 月曜 22:25 - 22:50
オイコノミア(水曜日22時に枠移動)
100分de名著
-