メインメニューを開く

1080pは、ディスプレイ、動画の解像度などで用いられる用語であり、画面アスペクト比は16:9、有効垂直解像度1080本かつ、インターレース(飛び越し走査)ではなくノンインターレース(順次走査・プログレッシブ走査)の動画を指す略称である。

正方形比率ピクセルにおいて1920×1080、 2.1メガピクセル(207万3600画素)の動画となる。

ハイビジョン、HDTV(高精細テレビ)、2Kに含まれる映像規格の一つ。フルハイビジョン、またはFHD (Full HD) とも呼ばれる。フレームレートは59.94がよく使われる(他に60P、50P、24P、30P、25P)。放送においてはISDB以外のDVBATSCでも使われる。

テレビやゲーム機では60pまで対応したものが多い。しかし録画再生機器では24p・30pまでが多く、60pに対応するものは少ない。

24p編集

映画と同じフレーム数であり、最もよく使用される。撮影でも対応している機種が多く、デジタルカメラ等では1080iよりも対応する機種が多い。

映画では撮影でも使用される(デジタルシネマ)。

60p編集

HDMIを搭載するフルスペックHDテレビ、ディスプレイでは対応しているものも多い。

録画再生に関しては、24pに比べて撮影機器が殆ど無かったが、2011年7月1日、AVCHDに1080/60p/50p規格が追加されてからは、撮影、編集環境が徐々に充実してきた[1]

60p撮影編集

  • HDC-TM700 パナソニック(2010年3月10日)[2]
    MPEG-4。
    世界初の1080/60pが撮影できる3板式ビデオカメラ。独自フォーマット。
  • GC-PX1 JVC(2011年2月)
  • DSC-HX9V ソニー(2011年3月11日)[3]
    デジタルカメラ、独自フォーマット。
AVCHD Version 2.0(60p)に対応したビデオカメラ
  • DMC-FZ150 デジタルカメラ パナソニック(2011年9月22日)
  • NEX-7 ソニー(2011年11月)
  • NEX-6 ソニー(2012年11月)
  • NEX-5R ソニー(2012年11月)
  • α77 一眼レフ ソニー(2011年10月)
  • α65 一眼レフ ソニー(2011年10月)
  • NEX-VG20 ビデオカメラ ソニー(2011年11月)

録画・再生フォーマット編集

24p
BDの読み取り規格BDMVにおいて24pが定められている。映画ソフトなどでよく使われる。BDプレーヤー#1080.2F24p参照。
60p

放送編集

24p, 30p, 25p

伝送ケーブル編集

デジタル
HDMIで60pまで伝送できる。
SMPTEによるシリアルデジタルインタフェース規格では、「SMPTE 424M」(3G-SDI)で伝送できる。
SMPTE 292Mで伝送する規格、SMPTE 372M(Dual-Link HD-SDI)もある。
アナログ
D端子ではD5。

動画サイト編集

YouTubeでは2008年より対応している「&fmt=37」のパラメーターをURLに付加することで、30pまで再生・投稿できる。

ゲーム編集

ソフトによって60pまで対応。

比較編集

 

  • 1080(シアン)720(グリーン)480(レッド)

 

脚注編集

関連項目編集