メインメニューを開く

性質編集

その他 12 に関連すること編集

  • 12の接頭辞:duodeci()、dodeca(
  • 12ドゥデキャプル (duodecuple) という。
  • を全体値とする慣用表現では、「余分な程に完全」という意味で十二が使われることがある。
    • 日本語では、充分過ぎるとの意味を「十二分」(= 12/10) と表現する。
    • 英語ドイツ語では、十二を「残り二つ」([英]twelve, [独]Zwölf)と表現する。
  • 12は、E12系列の標準数
  • バーコード規格、EAN の国コード12は、アメリカ合衆国カナダ
  • 1モルは、炭素12を集めて12グラムになる量と定義されている。
  • 30日周期()を12回繰り返すと1になる。このため、時間には12を全体値とする単位がしばしば見られる。また、12は34倍であるため、5の4倍である20と同様に「区切り」として扱われることもある。
    • 30(≒1ヶ月)を 360° とすると、12° で1日となる。このため、当初は、1日は12時間とされており(例:十二支)、その名残で時計の文字盤も12個で構成されている。現在では、1日は12の2倍で24時間、1ヶ月は360の2倍で約720時間となっている。
  • 十を「A」の一字、十二を「10」とするなど、桁や単位を十二の累乗で数える方法を十二進法という。なお、12の2乗は144、12の3乗は1728、12の4乗は20736である。
    • 12ヶ月を1年に対して、12年(=144ヶ月)を1回りという。
    • 12個を1ダース、12ダース(=144個)を1グロス、12グロス(=1728個)を1大グロスという。
  • トランプの12のカードは、クイーン
  • 結婚12周年記念日は、絹婚式、亜麻婚式
  • 欧州旗は、十二星旗。
  • における陪審員の人数は12人。陪審制をテーマにした映画に「十二人の怒れる男」がある。
  • 聖書における12は「イスラエルの十二部族を示す12も完全数であり、神の民を象徴的に表すことになっている。新しいイスラエルの十二部族を治めるイエスの使途の数が12であるのもこのためである。」[1]
  • 3の倍数の次に一呼吸を入れて、三拍子を四回やる方法は「十二拍子」となる。十二拍子の変則で、九拍子と十拍子の間に一呼吸を入れない方法は、「三・三・七拍子」と呼ばれる。

音楽編集

平均律において、1オクターブは12個の音で構成される。例えばピアノの場合、黒鍵と白鍵を合わせて12枚の鍵盤が1オクターブに含まれる。長音階短音階はそれら12個の音を基音にして構成される。従って調性の数はこれら12音を基音に長音階と短音階があるので合計で24個ある。なお、このような調性を無視してすべての音を平等に扱う音楽を十二音音楽という。

12番目のもの編集

元素・惑星編集

12に関連する歴史上の人物編集

その他編集

テレビのチャンネル番号編集

航空機・戦闘機関連編集

ローマ字と12の組み合わせ編集

着物に関する12編集

臓器関連編集

  • 十二指腸内臓の一種で、の幅の12倍に相当する長さであることに因んだ名称であるといわれている。

スポーツに関する12編集

地名に関する12編集

第12連隊編集

十二個一組のもの編集

12に関連する団体・作品編集

基本的な計算のリスト編集

乗法 1
  12

符号位置編集

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+216B 1-13-32 Ⅻ
Ⅻ
ROMAN NUMERAL TWELVE
U+217B 1-12-32 ⅻ
ⅻ
SMALL ROMAN NUMERAL TWELVE
U+246B 1-13-12 ⑫
⑫
CIRCLED DIGIT TWELVE
U+247F - ⑿
⑿
PARENTHESIZED DIGIT TWELVE
U+2493 - ⒓
⒓
DIGIT TWELVE FULL STOP
U+24EC 1-12-12 ⓬
⓬
DOUBLE CIRCLED DIGIT TWELVE

参考文献編集

  1. ^ 聖書思想辞典(三省堂)P151象徴的用法より抜粋
  2. ^ Royal Society of Chemistry - Visual Element Periodic Table

関連項目編集