メインメニューを開く

座標: 北緯40度48分39秒 西経73度57分09秒 / 北緯40.8108度 西経73.9526度 / 40.8108; -73.9526

ブロードウェイと西125丁目の交差点からハドソン川のある西側を見る。頭上に見えるのはニューヨーク市地下鉄IRTブロードウェイ-7番街線125丁目駅

125丁目(125ちょうめ、英:125th Street)はニューヨーク市マンハッタン区ハーレムを東西に貫く両方向通行の通りである。東は1番街ウィリス・アベニュー橋流入路との交差点、西はハドソン川沿いのヘンリー・ハドソン・パークウェイとの交差点が終端となっている。5番街との交差点より西側が西125丁目、東側が東125丁目となっている。125丁目はハーレムのメインストリートと考えられており、キング牧師ことマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの名を取りマーティン・ルーサー・キング・ジュニア・ブールバード (Martin Luther King, Jr., Boulevard) とも呼ばれている。

歴史編集

125丁目は1811年委員会計画で敷設が決定され、マンハッタン区の方格設計において幅100フィート(30メートル)の東西に伸びる15の通りのうちの1つとなった(他の通りは60フィート(18メートル)幅)[1]

沿道編集

 
世界的に有名なアポロ・シアター

通りの西側はヘンリー・ハドソン・パークウェイへのインターチェンジと130丁目との交差点から始まり、モーニングサイドマンハッタンビルの間を南東に向かって走る。その後、モーニングサイド・アベニューとの交差点より真東に進路を変え2番街との交差点東側でロバート・F・ケネディ橋(トライボロー橋)への流入出路が分岐する。125丁目はそこから1ブロック東の1番街ウィリス・アベニュー橋流入路との交差点が終端で、FDRドライブの南行に進入可能である(北行は出口のみ)。

沿道の名所としてはアポロ・シアターアダム・クレイトン・パウエル・ジュニア・ステート・オフィス・ビルディングホテル・テリーザハーレム・スタジオ美術館マウント・モリス銀行ビルディングハーレム・チルドレンズ・ゾーンセント・ジョゼフ聖家族教会ウェスト・エンド・シアターが挙げられる。

断層編集

地殻リフトイースト川からニュージャージー州まで125丁目の下を通っており、125丁目断層 (125th Street Fault) あるいはマンハッタンビル断層 (Manhattanville Fault) と呼ばれている[2][3][4]。この断層の活動により1737年にマグニチュード5.2の地震、1981年に2回の小規模な地震[5]、2001年にマグニチュード2.4の地震が発生したと考えられている[4]。断層線はセントラル・パーク直下を横切りルーズベルト島まで続いている。また、この断層の亀裂が深かったことからニューヨーク市地下鉄IRTブロードウェイ-7番街線はトンネルが建設できず、やむを得ず122丁目135丁目の間を高架橋(トレッスル橋)で通過することとなった[6]

公共交通機関編集

125丁目には西から東へ向かって以下のニューヨーク市地下鉄の駅がある:[7]

以下のニューヨーク市バス路線が125丁目を運行している。区間を表記しているものはその区間を125丁目経由で走行しており、道路名のみのものはその道路との交差点にバス停がある:[8]

パーク・アベニューとの交差点にメトロノース鉄道ハドソン線ハーレム線ニューヘイブン線ハーレム125丁目駅がある[9]

現在順次建設が行われているIND2番街線は将来的に既存のIRTレキシントン・アベニュー線125丁目駅およびメトロノース鉄道ハーレム125丁目駅に接続する駅を北側ターミナル駅とする予定である[10]

画像編集

著名な居住者編集

ポップカルチャー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Morris, Gouverneur, De Witt, Simeon, and Rutherford, John 〔ママ〕 (March 1811) "Remarks Of The Commissioners For Laying Out Streets And Roads In The City Of New York, Under The Act Of April 3, 1807", コーネル大学図書館. Accessed June 27, 2016. "These streets are all sixty feet wide except fifteen, which are one hundred feet wide, viz.: Numbers fourteen, twenty-three, thirty-four, forty-two, fifty-seven, seventy-two, seventy-nine, eighty-six, ninety-six, one hundred and six, one hundred and sixteen, one hundred and twenty-five, one hundred and thirty-five, one hundred and forty-five, and one hundred and fifty-five--the block or space between them being in general about two hundred feet."
  2. ^ Kaminer, Ariel (2011年3月19日). “Preparing for the Day the Earth Moves in the City”. ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/2011/03/20/nyregion/20critic.html 2015年9月29日閲覧。 
  3. ^ Lee, Denny (2002年5月12日). “California, Here We Come: Scientists Warn of Earthquakes Here”. ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/2002/05/12/nyregion/neighborhood-report-new-york-up-close-california-here-we-come-scientists-warn.html 2015年9月29日閲覧。 
  4. ^ a b "Small Earthquakes Strike New York City" Duke Geological Laboratory website
  5. ^ Shahid, Aliyah (2011年3月17日). “NYC due to be hit by killer quake?”. ニューヨーク・デイリーニューズ. http://www.nydailynews.com/new-york/earthquake-hit-new-york-city-history-yes-not-9-0-magnitude-japan-earthquake-article-1.124761 2015年9月29日閲覧。 
  6. ^ Guide to Civil Engineering Projects In and Around New York City (2nd ed.). Metropolitan Section, American Society of Civil Engineers. (2009). pp. 90–91. 
  7. ^ Subway Map (PDF)”. Metropolitan Transportation Authority (2014年9月). 2014年10月7日閲覧。
  8. ^ Manhattan Bus Map (PDF)”. Metropolitan Transportation Authority (2017年12月). 2018年4月24日閲覧。
  9. ^ MTA Neighborhood Maps: Harlem / East Harlem”. mta.info. Metropolitan Transportation Authority (2018年). 2018年10月1日閲覧。
  10. ^ Second Avenue Subway Station Entrances Community Board 11”. mta.info. Metropolitan Transportation Authority (2003年6月3日). 2017年1月8日閲覧。
  11. ^ Dunlap, David W. (2004). From Abyssinian to Zion: A Guide to Manhattan's Houses of Worship. New York: コロンビア大学出版局. p. 292. ISBN 0-231-12543-7. 
  12. ^ White, Norval; Willensky, Elliot & Leadon, Fran (2010), AIA Guide to New York City (5th ed.), New York: Oxford University Press, ISBN 9780195383867, p.529
  13. ^ CurbedNY
  14. ^ Frractenberg, Ben. "Bill Clinton Renews Lease on Harlem Office Space" Archived 2010-12-13 at the Wayback Machine. DNAinfo (November 8, 2010)
  15. ^ Leonard, Tom. "Harlem's identity under threat from developers", デイリー・テレグラフ, March 16, 2008. Accessed April 8, 2008. "Harlem has seen rapid gentrification since the late 1990s and 125th Street - included last year in a list of America's 10 greatest streets - is now home to Bill Clinton's office."

外部リンク編集

地図を見る