メインメニューを開く

13時ショー

日本教育テレビ(現:テレビ朝日)で放送されたワイドショー番組

13時ショー』(じゅうさんじショー)は、1972年10月2日から1976年1月30日まで日本教育テレビ(NETテレビ、現・テレビ朝日)で放送されたワイドショー

13時ショー
TV Asahi 1961.jpg
「13時ショー」の生放送が行われたNET社屋(写真は番組開始前の1961年のもの)
ジャンル ワイドショー
司会者 黒柳徹子
三本和彦
高井正憲
棟方宏一
言語 日本語
プロデューサー 中島力
制作 NETテレビ
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
番組開始から1975年3月まで
放送期間 1972年10月2日 - 1975年3月28日
放送時間 月曜 - 金曜 13:00 - 13:55
放送分 55分
1975年4月から最終回まで
放送期間 1975年3月31日 - 1976年1月30日
放送時間 月曜 - 金曜 13:15 - 13:55
放送分 40分
テンプレートを表示

概要編集

当時NETでは、昼12:00から『アフタヌーンショー』に当番組とワイドショーが2本連続で放送されていた。『アフタヌーンショー』は報道・芸能情報色の強い内容だったが、この『13時ショー』はゲストを招いてのトークショー形式だった。メイン司会はNY留学から帰国直後の黒柳徹子。サブ司会者は開始当初は自動車評論家の三本和彦とNETアナウンサー(当時)の高井正憲が担当したが、1973年4月からは高井の先輩アナウンサーである棟方宏一が高井に代わって司会陣に参加、同年10月からは三本の降板により黒柳・棟方のコンビで司会進行を担当した。

放送時間は当初13:00-13:55の55分枠だったが、1975年3月31日より「腸捻転解消」で朝日放送の『シャボン玉プレゼント』を13:00-13:15に編成し、40分番組に短縮された。この番組のノウハウを活かし1976年2月2日に放送を開始したのが、長寿番組『徹子の部屋』である。

放送時間編集

期間 放送時間(日本時間
1972.10.02 1975.03.28 月曜 - 金曜 13:00 - 13:55(55分)
1975.03.31 1976.01.30 月曜 - 金曜 13:15 - 13:55(40分)

ネット局編集

スタッフ編集

  • プロデューサー:中島力

後日談編集

2019年9月27日に同局で放送された『徹子の部屋』SPで、司会の黒柳徹子が所有していた当番組のビデオ映像を放送[1]、最終回映像ではエンディング後に『徹子の部屋』予告編[2]も放送された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ テレビ朝日には当番組のVTRは存在しなかった。
  2. ^ 映像には1977年3月まで『徹子の部屋』のワンコーナーだったクイズコーナー「フラッシュクイズ」(担当:ラビット関根)も放送された。

関連項目編集

NET系列 平日13時台(1972年10月2日-1975年3月28日)
前番組 番組名 次番組
13:00 お昼のクイズ・バッチリ当てよう!
NETCTVSUN交互制作
MBSでは別番組
13:30 奥さまこっち向いて
13時ショー
13:00-13:15:シャボン玉プレゼント
ABC製作・TBS系列から移行
13:15-13:55:13時ショー
NET系列 平日13:15-13:55枠(1975年3月31日-1976年1月30日)
13時ショー
(13:00-13:55)
13時ショー
(15分短縮)