メインメニューを開く

1349は、ノルウェーブラックメタルバンド。バンド名は、ノルウェーでペストが大流行した1349年に由来している。

1349
1349 guitarrist.jpg
アルカオン (G)
基本情報
出身地  ノルウェー オスロ
ジャンル ブラックメタル
活動期間 1997年 -
レーベル ホーリーコースト・レコード
キャンドルライト・レコード
インディー・レコーディングス
シーズン・オブ・ミスト
公式サイト www.legion1349.com
メンバー レイヴン (ボーカル)
アルカオン (ギター)
セイデマン (ベース)
フロスト (ドラムス)
旧メンバー ツァルヴ (ギター)
バルフォリ (ギター)

目次

略歴編集

1997年に、Alvheimというバンドに参加していたメンバーによって結成。結成メンバーは、レイヴン (Vo, Ds)、ツァルヴ (G)、バルフォリ (G)、セイデマン (B)の4名。1998年初頭にデモを作成。その後、バルフォリが脱退し、3人で活動を継続する。

1999年に2ndデモ『Chaos Preferred』を作成。また、ギタリストのアルカオン (G)が加入。更に2000年に、サテリコンドラマーフロストがセッションメンバーとして参加してプロモーション用音源を作成。その後、フロストは正式に1349に加入した。この加入で、レイヴンがボーカルに専念するようになった。同プロモーション用音源は、ホーリーコースト・レコードからEP『1349』として2001年にリリースされた。

同年中に、1stアルバム用の音源の録音も完了していたものの、レコード・レーベルとの契約が行われていなかったため、リリースはされなかった。それから、イギリスキャンドルライト・レコードと契約し、同音源が、1stアルバム『Liberation』として、2003年4月にリリースされた。更に、翌2004年には、2ndアルバム『Beyond The Apocalypse』、2005年には、3rdアルバム『Hellfire』をリリースする。2006年には、ツァルヴが脱退し4人体制になっている。また、2006年には、セルティック・フロストとの北米ツアーを行っている。

2009年に、4thアルバム『Revelations of the Black Flame』をリリースするが、これまでの非常にスピーディーで過激な音楽性とは完全に異なる実験要素が多い作品であり、賛否両論を生んだ。翌年にはキャンドルライト・レコードを離れ、インディー・レコーディングスに移籍。 2010年に、5thアルバム『Demonoir』をリリース。前作のアンビエント風の実験的要素を多少残しつつも、スピーディーな曲の多い音楽性へと戻っている。

2012年10月、Loud Parkへ出演し、これがこのバンドにとって初来日となった。

2014年10月、6thアルバム『Massive Cauldron of Chaos』をリリース。音質が向上し、よりスラッシーな音楽性の作品となった。

2017年3月、シーズン・オブ・ミストとの契約が発表された[1]アークチュラスとのカップリングにて再来日。

メンバー編集

現メンバー編集

旧メンバー編集

  • ツァルヴ (Tjalve (André Kvebek)) - ギター
  • バルフォリ (Balfori (Lars Larsen)) - ギター

ライブサポートメンバー編集

Myrkskog(ミュルクスコグ)、モービッド・エンジェルZyklonで活動。
Myrkskog、Zyklonなどで活動。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • Liberation (2003)
  • Beyond the Apocalypse (2004)
  • Hellfire (2005)
  • Revelations of the Black Flame (2009)
  • Demonoir (2010)
  • Massive Cauldron of Chaos (2014)

EP編集

  • 1349 (2001)

デモ編集

  • Demo (1998)
  • Chaos Preferred (1999)

参考文献編集

  1. ^ Season of Mist are proud to announce the signing of 1349.”. Season of Mist Official Website (2017年3月2日). 2017年6月7日閲覧。

外部リンク編集