15ミニッツ』(フィフティーン・ミニッツ、15 Minutes)は、2001年制作のアメリカ合衆国サスペンスアクション映画

15ミニッツ
15 Minutes
監督 ジョン・ハーツフェルド[1]
脚本 ジョン・ハーツフェルド
製作 キース・アディス
デヴィッド・ブロッカー
ジョン・ハーツフェルド
ニック・ウェクスラー
製作総指揮 クレア・ラドニック・ポルスタイン
出演者 ロバート・デ・ニーロ
エドワード・バーンズ
音楽 アンソニー・マリネリ
J・ピーター・ロビンソン
撮影 ジャン=イヴ・エスコフィエ
編集 スティーヴン・コーエン
製作会社 トライベッカ・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年3月23日
日本の旗 2001年5月19日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $42,000,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$24,403,552[3]
(正確には旗ではありません)世界の旗$56,359,980[3]
テンプレートを表示

アメリカにおける犯罪とメディアの関係を描いた作品で、ロバート・デ・ニーロ演じる主人公が途中で殺されてしまうという意外な展開が話題となった。

タイトルの由来は、アンディ・ウォーホルの言葉「15分で誰でも有名人になれるだろう(In 15 minutes everybody will be famous.)」から[4]

あらすじ編集

ニューヨーク市警察殺人課の刑事エディ・フレミングは、数々の大事件を解決し、その度にマスコミに登場し英雄扱いされる有名刑事である。ニュース番組「トップ・ストーリー」のアンカーマン、ロバート・ホーキンスも、そういう事件を報道して視聴率を稼いできたひとりである。

ある日、チェコ人ロシア人の2人組による凶悪な犯罪が起こる。エディは捜査に同行したいという若手消防署員ジョーディと共に事件を追うが、エディは2人に捕まり、殺害されてしまう。ロバートはエディの殺害シーンを撮影したビデオテープを2人から買い取り、自分の番組で放送するのだった。

しかし犯人たちはビデオの代金分配で仲違いして、殺し合いになる。逃亡のため人質を取った犯人の前に現れたジョーディは、一瞬の隙をついてエディの仇を討つ。そして自分と組んで有名になろうと持ちかけるロバートを殴りつけ、ジョーディは現場を去る。

最後にロバートは何事もなかったかのようにカメラの前に立ち、犯人が殺された事で正義が為されたと視聴者たちに語るのだった。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 日本テレビ
エディ・フレミング ロバート・デ・ニーロ 池田勝 磯部勉
ジョーディ・ウォーソー エドワード・バーンズ 家中宏 井上和彦
ロバート・ホーキンス ケルシー・グラマー 掛川裕彦 小川真司
レオン・ジャクソン エイヴリー・ブルックス 廣田行生 手塚秀彰
ニコレット・カラス メリーナ・カナカレデス 山像かおり 野沢由香里
エミル・スロヴァク カレル・ローデン 内田直哉 清水明彦
オレグ・ラズグル オレッグ・タクタロフ 天田益男 西凜太朗
ダフネ・ハンドロヴァ ヴェラ・ファーミガ 折笠愛 三石琴乃
ボビー・コーフィン ジョン・ディレスタ 木村雅史 遠藤純一
デクラン・ダフィ消防署長 ジェームズ・ハンディ 小島敏彦 青野武
トミー・カレン刑事 ダリウス・マクラリー 三宅健太 楠大典
ブルース・カトラー 本人 西村知道 楠見尚己
ローズ・ハーン シャーリーズ・セロン 堀江真理子
カサンドラ キム・キャトラル 小宮和枝
セントラル・パークの強盗 デヴィッド・アラン・グリア 川村拓央 高木渉
ミロス・カルロフ ウラジミール・マシコフ 星野充昭
マーフィー(マーフ) スティーブン・デイビス 川村拓央 田原アルノ
火災現場の少年 アントン・イェルチン
  • 日本テレビ版:初回放送2003年11月28日 『金曜ロードショー』 21:03-23:14
  • 当初は11月14日放送予定であったが、日本テレビで視聴率買収事件が発覚した影響で2週間延期となった。

脚注編集

外部リンク編集