15 cm sIG 33schweres Infanteriegeschütz 33、重歩兵砲33年型)は、ナチス・ドイツ第二次世界大戦で使用した歩兵砲である。歩兵部隊を火力支援する榴弾砲として1927年ラインメタル社によって開発が始められ、1933年に制式化された。歩兵連隊の歩兵砲中隊に2門ずつが装備された。歩兵部隊自体が装備する火砲としては最も大口径かつ強力であり、厳重に防護された敵拠点の制圧に威力を発揮、1945年の終戦間際まで生産が続けられた。しかし一方で、短い射程と比べて重量がかさむため、戦車車台に搭載された自走砲も各種開発・運用された。

15 cm sIG 33
SIG-33 01.jpg
種類歩兵砲
原開発国 ナチス・ドイツ
運用史
配備期間 1933年
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発者 ラインメタル
開発期間 1927年
製造数 4,600門
派生型 I号自走重歩兵砲
II号自走重歩兵砲
グリーレ
諸元
重量 1,750kg (3,858 lbs)
全長 4.42 m (14.5 ft)
全幅 2.06 m (6.75 ft)

砲弾 38 kg (84 lbs) Infanterie-Granate 38
仰角 - 4° to + 75°
旋回角 11°
発射速度 3 発/1分
初速 240 m/s (787 ft/s)
有効射程 4,650m (5,085 yds)
装填方式 1分間の最大射撃数3発
照準 直接照準
テンプレートを表示

砲弾編集

形式 種類 重量 火薬
I Gr 33 榴弾(HE) 38キログラム (84 lb) 8.3キログラム (18 lb) アマトール
I Gr 38 Nb 発煙弾 40キログラム (88 lb) 発煙硫酸(oleum)/軽石(pumice)
I Gr 39 Hl/A 成形炸薬弾 25.5キログラム (56 lb) cyclonite/TNT
Stielgranate 42 爆風弾(demolition) 90キログラム (200 lb) 27キログラム (60 lb) アマトール

搭載した自走砲編集