メインメニューを開く

17歳。』(じゅうななさい)は藤井誠二原作・鎌田洋次作画による日本漫画。『漫画アクション』(双葉社)にて、2004年から2005年にかけて連載されていた。単行本は双葉社から全4巻(アクションコミックス)。

少年犯罪史上最も凶悪事件の一つとして語られている「女子高生コンクリート詰め殺人事件」をプロットのモチーフとしているが、同事件を取り上げたものではなく接点は無い。連載時は著名人と原作者による劇中の心理感と現実の少年犯罪についての対談コラムが掲載されていた(単行本では再編集されたうえで掲載)。

あらすじ編集

1996年、トラック運転手として働く25歳のマルカワヒロキは仕事で忌まわしき東京都E区を訪れて、その場所に惨劇のあった家が無いことに絶句する。

8年前の1988年、17歳のヒロキは悪友のタカシと共に不良の総番ミヤモト一派に脅され17歳の女子高生大沢サチコを誘拐拉致監禁する。行方不明となった双子の姉サチコを探すべく17歳の妹大沢ミキが立ち上がる。

登場人物編集

マルカワ ヒロキ
本作の主人公で17歳の男子高校生。元々は小心者の不良だったが、チンピラに恐喝されていたところをミヤモトに助けられたことがきっかけで彼に惹かれるようになり、ミヤモト一派に所属する。当初はミヤモトを憧れの存在として見ており次第に彼の威光で増長するようになっていったが、次第に彼の凶悪な本性を目の当たりにするようになり恐怖心を抱くようになる。監禁暴行事件に加担させられて以降、ミヤモトの暴力と自身の破滅に怯えひたすら自己保身に走った行動を繰り返していく。
大沢ミキ
本作におけるもう一人の主人公で、ヒロキと同じ学校に通う17歳の女子高生の美少女。サチコの双子の妹。将来の夢は美容師。拉致監禁された姉を救出するために奮闘する。誰にでも優しく接する一方で、許せない相手には毅然とした態度で容赦ない言葉を浴びせる気の強さを持っている。
大沢サチコ
17歳の女子高生でミキの双子の姉。ミヤモト一派に誘拐拉致監禁され、彼らから凄惨な暴行を受ける。居場所を突き止めたミキに救出されるが、その際に激昂したミヤモトの攻撃からミキを庇って重傷を負う。大怪我に加えて暴行の影響による衰弱で一時は命の危機に瀕するが、ミヤモトらの裁判が進む中で意識を回復させた。将来の夢はカウンセラー
初期の構想ではサチコが命を落とし、その死体を遺棄され救い用のない結末へとつながる予定だったが、変更により命は助かったことで望みのある終わり方となった。
イクノ タカシ
17歳。ヒロキの悪友でミヤモト一派に所属する。お調子者でヒロキに引き入れられるような形でサチコ監禁暴行事件に加担させられるが、彼女を取り逃がしそうになったり些細な発言をするだけでミヤモトから暴力を受けるようになってからは、凶悪さを恐れて距離を置こうと考えていた。しかしツジにナイフを突きつけて脅され一度は踏みとどまるものの、やがて命令を続けるミズノに嫌気がさしてミヤモト一派から逃げ出そうとする。しかし捕らえられ凄惨なリンチを受けた末に命を落とし、死体はゴミ捨て場の壊れた冷蔵庫の中に遺棄される。
初期の構想では死亡することはなく逮捕されて取り調べを受ける中でミヤモトらの逮捕につながる証言をする予定だったが、結末が変更された事でミヤモト一派と繋がりのある不良ユキノリに役目が引き継がれる形となった。
ミヤモト
不良の総番。大柄な体格をしており、残忍で暴力的な性格で、気に入らない相手は力でねじ伏せようとする。喧嘩が強いだけでなく裏の勢力との繋がりもあり、ヒロキの地元では悪名高く不良たちからは尊敬されると同時に恐れられている存在。サチコを誘拐した張本人で居場所を突き止めて乗り込んだミキから、姉への凄惨な暴行に対する激しい非難の言葉に激怒して彼女を殺害しようとするが、寸前で駆けつけた警官隊に逮捕される。裁判では表向きは反省をした様子を見せるが、実際には全く改心していなかった。具体的な処遇は明かされず、サチコが助かったことで死刑は免れたと内心安堵するところで彼の出番は終わった。
ツジ ダイスケ
ミヤモトの手下。あくどく抜け目のない性格をしている。逮捕時に下の名前が明らかになる。
ミズノ カツヤ
ミヤモトの手下。パーマ頭で暗い表情をしていおり、自宅はミヤモトを含めた不良たちの溜まり場でありサチコの監禁場所として使われた。
フルヤ
ミヤモトとは幼少期からの付き合いで、かつては親友同士だったが、今では距離を置かれて別グループを率いる。所謂硬派なタイプの不良で、非道な行為に対しては怒りを露わにする。ミヤモトがサチコを無理矢理連れ回した姿を目撃して以降、彼が道を踏み外した行為に走らないか危惧している。やがて姉が拉致された事件の真相への繋がりを知ったミキに懇願されたことで、警察に言わない条件でミズノの家に乗り込んでサチコを救出しようとするが、その際ミヤモトに頭を鉄バットで殴られ重傷を負う。その後の安否は明言されていないが、被害者の人数に関する描写から命の危機に関わる事態には至ってない模様。
田中刑事
東京の少年課刑事。当初は真剣に取り合う様子は見せなかったが、ミキの必死な訴えに独自捜査を開始する。
大沢誠一、大沢時子
姉妹の両親。サチコの救出に力を注ぐ一方で、ミキが急ぐあまり無茶な行動に出ないか不安を持っている。
ミズノの両親
息子の素行の悪さだけでなく、家が不良の溜まり場にされた事で周囲から札付き扱いされてることに頭を悩ませている。親としての威厳は皆無に等しく、まともに注意することもできず息子の期限を伺いながら暴力に怯える有様となっていた。息子たちが逮捕された後は周囲からの非難を恐れて逃げるように去っていった。

関連項目編集