1748年1月31日の海戦英語: Action of 31 January 1748)はオーストリア継承戦争中の1748年1月31日に行われた、イギリス海軍の戦列艦2隻とフランス海軍の戦列艦1隻の間の小規模な海戦。戦闘はイギリスの勝利に終わり、フランス艦マグナニム英語版はイギリスに拿捕された[1]

1748年1月31日の海戦
戦争オーストリア継承戦争
年月日1748年1月31日
場所ウェサン島
結果:イギリスの勝利
交戦勢力
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 フランス王国の旗 フランス王国
指導者・指揮官
グレートブリテン王国の旗 ロバート・ハーランド英語版 フランス王国の旗 ダルベール侯爵(d'Albert
戦力
戦列艦2隻 戦列艦1隻
損害
戦死16
負傷22[1]
戦死45
負傷105
捕虜530[2]
戦列艦1隻拿捕

経過編集

1748年1月、フランスの74門艦マグナニムはブレストを出港して東インドへ向かった。マグナニムはウェサン島沖で嵐に遭遇して一部のマストが破れ、緩慢とブレストへ戻ろうとしたが、エドワード・ホーク率いるイギリス艦隊に発見された[2]

イギリス艦隊は直ちに全速力で追跡をはじめ、ロバート・ハーランド英語版を艦長とするノッティンガム英語版は午前1時にマグナニムを捕捉し、6時間にわたる追撃戦の始まりとなった。ホークはマグナニムの大きさを見て、スティーブンス艦長(Stevens)率いる60門艦ポートランドを派遣してノッティンガムへの増援とした[1]。ポートランドからの砲撃を受けたマグナニムは降伏を余儀なくされた[3]

マグナニムの乗員686人のうち、45人が戦死、105人が負傷した。ノッティンガムは戦死16人、負傷者18人、ポートランドは1時間後にようやく追いついたため、負傷者4人を出したのみとなった[2]

マグナニムは建造から4年満たないこともあり、同じ艦名でイギリス海軍に編入された[4]

脚注編集

  1. ^ a b c Allen, Joseph (1852). Battles of the British navy, Volume 1. Henry G. Bohn. pp. 157. https://books.google.com/books?id=cU4rixMJfwMC&pg=PA268&lpg=PA268&dq=64-gun+Comte+d%27Artois&source=bl&ots=T2aJvn5AON&sig=ikgKRixsDezrEt9wOEViPnU5uZU&hl=en&sa=X&ei=ecbPU4nfFsPT0QW4oYC4BA&redir_esc=y#v=onepage&q=Magnanime&f=false. 
  2. ^ a b c “Gentleman's Magazine and Historical Review, Volume 18”. The Gentleman's Magazine: 136. (March 1748). https://books.google.com/books?id=ZYM3AAAAYAAJ&pg=PA136&dq=nottingham+portland+1748&hl=en&sa=X&ei=_4jRU-nCMuWf7Aa4o4HQAg&ved=0CFgQ6AEwCQ#v=onepage&q=nottingham%20portland%201748&f=false. 
  3. ^ Henrietta Heald, ed (1992). Chronicle of Britain. Hampshire, England: Chronicle Communications Ltd. p. 704. ISBN 1-872031-35-8. 
  4. ^ Winfield 2007, p. 57.

参考文献編集

  • Allen, Joseph (1852). Battles of the British Navy, Volume 1. Bohn's illustrated library. ASIN B009ZMMQ56. 
  • Clowes, William Laird (2003). The Royal Navy: v. 4: A History - From the Earliest Times to 1900. Chatham Publishing. ISBN 978-1861760128. 
  • Winfield, Rif (2007). British Warships in the Age of Sail 1714–1792: Design, Construction, Careers and Fates. Seaforth. ISBN 978-1-84415-700-6.