1757年暫定内閣

グレートブリテン王国の内閣

1757年暫定内閣英語: 1757 caretaker ministry)は七年戦争中の1757年に短期間存在した、グレートブリテン王国の内閣。

歴史編集

1756年、グレートブリテン王ジョージ2世は不本意ながらも南部担当国務大臣大ピットが主導する内閣を受け入れた。当時、内閣の名目上の首相は第4代デヴォンシャー公爵ウィリアム・キャヴェンディッシュである。

1757年4月6日[1]、ピットがジョン・ビング提督の処刑に反対したことにより彼を嫌悪したジョージ2世はピットとその義弟で海軍大臣テンプル伯爵を罷免した。しかし、その結果は戦争遂行するだけの力を持つ強力な内閣には「偉大な平民」(The Great Commoner)と呼ばれたピットの入閣が不可欠であることを明白に示しただけだった。

デヴォンシャー公は内閣に残ったが、この内閣は戦時中を生き残るには弱すぎた。ホレス・ウォルポールは彼の「ジョージ3世王の治世の回想録」でこの内閣を「骨抜きで弱っている出来損ないのシステム」とこき下ろした。

この暫定内閣の主な問題の1つとしては、庶民院院内総務と言える人物が1人もいなかったことであり、また庶民院の主要会派からも支持されなかった。このため、デヴォンシャー公はピットにその政敵である初代ニューカッスル公爵トマス・ペラム=ホールズと和解させる必要を感じた。ニューカッスル公は議会で最も強いホイッグ党の会派を率いていたが、ピットは彼を入閣させないことで押し通した。

1757年5月、デヴォンシャー公とニューカッスル公との議論の後、ハードウィック伯爵を自分の使者として、新しい内閣の結成に関する交渉を命じた。戦争遂行に必要であり、かつ対抗馬になりうる人物がいなかったため、ピットは1757年6月29日に南部担当国務大臣および実質的な首相に再び任命され[2]、7月には第2次ニューカッスル公爵内閣が成立した。デヴォンシャー公は第一大蔵卿を辞任して、より職務の軽い宮内長官英語版になった。

閣僚編集

役職 肖像 名前 在任
第一大蔵卿
貴族院院内総務
  デヴォンシャー公爵 1756年 – 1757年
枢密院議長   グランヴィル伯爵 1751年 – 1763年
王璽尚書   ゴア伯爵 1755年 – 1757年
海軍大臣   ウィンチルシー伯爵 1757年
北部担当国務大臣
南部担当国務大臣
  ホルダーネス伯爵 1754年 – 1761年
1757年
財務大臣
イングランド・ウェールズ首席判事英語版
  マンスフィールド男爵英語版 1757年
1757年
庶民院院内総務 空位 1757年
大法官 空位 1757年

脚注編集

  1. ^ Robert Blake, The Office of Prime Minister, page 70
  2. ^ Robert Blake, The Office of Prime Minister, page 70

参考文献編集

  • Foord, Archibald S. (1964). His Majesty's Opposition 1714–1830. Oxford University Press 
  • Herbert van Thal, ed (1974). The Prime Ministers. vol. One: From Sir Robert Walpole to Sir Robert Peel. London: George Allen and Unwin 
  • “William Pitt, Earl of Chatham”. The Oxford Dictionary of National Biography (Oxford). (2004). 

関連項目編集

先代:
ピット=デヴォンシャー公爵内閣
グレートブリテン王国の内閣
1757年
次代:
第2次ニューカッスル公爵内閣