1768年イギリス総選挙

1768年イギリス総選挙英語: British general election, 1768)は第13期グレートブリテン議会英語版庶民院英語版議員を選出するために行われた選挙。

1768年イギリス総選挙
グレートブリテン王国
1761年 ←
3月16日 - 5月6日
→ 1774年

庶民院558議席、安定多数は280議席必要
  第1党 第2党 第3党
  Nathaniel Dance Lord North cropped.jpg Hon. Henry Seymour Conway.jpg George Grenville (1712–1770) by William Hoare (1707-1792) Cropped.jpg
党首 ノース卿 ヘンリー・シーモア・コンウェイ ジョージ・グレンヴィル
政党 ノース派 ロッキンガム派 グレンヴィル派
党首選挙区 バンベリー英語版 テットフォード英語版 バッキンガム英語版

選挙前首相

チャタム伯爵
グラフトン派

首相

チャタム伯爵
グラフトン派

選挙の形勢編集

1768年の総選挙では各党の首脳部とも代替わりしていた。それまでの政治を主導したビュート伯爵チャタム伯爵ニューカッスル公爵がそろって政界引退したためであった。その結果、内閣の中心人物は第一大蔵卿グラフトン公爵(貴族院議員)と庶民院を主導したノース卿となった[1]

選挙は政争が停滞している最中に行われた。野党のロッキンガム派英語版ホイッグ党とグレンヴィル派英語版はいずれも由来とする元首相の在任中(グレンヴィルは1763年-1765年、ロッキンガムは1765年-1766年)に結成され、それから2年も経過した1768年選挙ではすでに実質的な政策論争に欠いていた[1]

選挙の勝敗よりも重要だったのは急進主義者のジョン・ウィルクスミドルセックス選挙区英語版で当選したことである。ウィルクスの当選は政治危機の引き金となり、イギリスにおける政治的急進主義の始まりにもなった[2]

区割り編集

グレートブリテン議会が存在した全期間を通して、区割りが変更されることはなかった。

選挙の日付編集

総選挙は1768年3月16日から5月6日まで行われた。この時代の選挙は全ての選挙区で同時に行われず、各バラや郡でバラバラに行われた(ハスティング英語版も参照)。

脚注編集

参考文献編集

  • British Electoral Facts 1832-1999, compiled and edited by Colin Rallings and Michael Thrasher (Ashgate Publishing Ltd 2000). (For dates of elections before 1832, see the footnote to Table 5.02).

関連項目編集