1880年のメジャーリーグベースボール

1880年の野球から転送)

< 1880年 | 1880年のスポーツ

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1880年のできごとを記す。

ナショナルリーグでは、前年加盟したばかりのシラキュース・スターズに代わってウースター・ルビーレッグスが加盟して8球団で開幕し、シカゴ・ホワイトストッキングス(現在のシカゴ・カブス)が4年ぶり2度目のリーグ優勝を果たした。

できごと編集

規則の改訂編集

  • 打者は«ボール»を8つ見逃せば1つの塁を与えられる(八球)。以後1880年代に順次減らされて、1889年に四球(フアボール)となった。
  • 日曜日の試合が禁止となった。この規則は1892年まで続いた。

最終成績編集

ナショナルリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シカゴ・ホワイトストッキングス 67 17 .798 --
2 プロビデンス・グレイズ 52 32 .619 15.0
3 クリーブランド・ブルース 47 37 .559 20.0
4 トロイ・トロージャンズ 41 42 .494 25.5
5 ウースター・ルビーレッグス 40 43 .482 26.5
6 ボストン・レッドストッキングス 40 44 .476 27.0
7 バッファロー・バイソンズ 24 58 .293 42.0
8 シンシナティ・レッズ 21 59 .263 44.0

個人タイトル編集

ナショナルリーグ編集

打者成績編集

項目 選手 記録
打率 ジョージ・ゴア (CHC) .360
本塁打 ハリー・ストービー (WOR) 6
ジム・オルーク (BSN)
打点 キャップ・アンソン (CHC) 74
得点 アブナー・ダルリンプル (CHC) 91
安打 アブナー・ダルリンプル (CHC) 126

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 ジム・マコーミック (CLV) 45
防御率 ティム・キーフ (TRO) 0.86
奪三振 ラリー・コーコラン (CHC) 268
投球回 ジム・マコーミック (CLV) 657.2
セーブ リー・リッチモンド (WOR) 3

出典編集

  • 『アメリカ・プロ野球史』≪第1章 ナショナルリーグの確立≫ 45P参照  鈴木武樹 著  1971年9月発行  三一書房
  • 『誇り高き大リーガー』≪アメリカ野球小史≫ 192P参照  八木一郎 著  1977年9月発行  講談社

参考編集