メインメニューを開く

19式装輪自走155mmりゅう弾砲

日本陸上自衛隊が運用予定の装輪式自走榴弾砲

19式装輪自走155mmりゅう弾砲(ひときゅうしきそうりんじそう155ミリりゅうだんほう)は、防衛省が開発し陸上自衛隊が運用予定の装輪式自走榴弾砲である[1]。開発時は火力戦闘車[2]、平成26年度からは装輪155mmりゅう弾砲と呼称されていた[3][4]

19式装輪自走155mmりゅう弾砲
JGSDF 155mm wheeled self-propelled howitzer prototype.png
2018年に公開された試作車両
性能諸元
全長 11.4m
全幅 2.5m
全高 3.4m
重量 25t以下
主砲 52口径155mm榴弾砲 ×1
乗員 5名
実用試験中
テンプレートを表示

概要編集

陸上自衛隊の野戦特科部隊が装備するFH70 155mmりゅう弾砲の後継として開発された。

射撃及び陣地変換の迅速化や戦術及び戦略機動性の向上を図るため、FH70のような牽引式に替えて装輪式自走砲とし、低コスト化のために、99式自走155mmりゅう弾砲の砲部を活用する。また、火力戦闘指揮統制システム(FCCS)や観測ヘリコプターなどと高度にネットワーク化する。

火砲/車体などに既存技術を活用することから開発総経費は比較的低予算の約99億円とされる。平成24年度(2012年度)予算での開発開始が見送られた後、平成25年度(2013年度)予算で開発が認められ、平成30年度(2018年度)まで開発が続けられた[5]

2018年5月31日に『装輪155mmりゅう弾砲(試作品)』が日本製鋼所から防衛装備庁へ納入され評価試験が開始された[6]

2019年令和元年)8月における富士総合火力演習で初めて試作車両が一般公開された[7][8][9]

設計編集

車体編集

 
試作車両に採用されたHXシリーズの8×8輪仕様

近年の砲兵戦では、対砲迫レーダー、火光標定、音源標定、無人偵察機などの各種観測装置と戦術データ・リンクの発達により、砲迫の攻撃を受けると瞬時に射撃位置が標定され、反撃が実施される体制が確立されているため、短時間の射撃の後に陣地変換をする場合が多くなっている(シュート・アンド・スクート)。19式装輪自走155mmりゅう弾砲が更新する予定のFH-70は牽引砲でありながら自走が可能ではあるものの、その能力は限定的であり、また、射撃準備や牽引体勢への移行に時間がかかるという欠点を持っていた。

本砲は、その問題を解決するために火砲を大型のトラックと合体させ、射撃準備と撤去に必要な時間を削減している。ただし、この種の榴弾砲全般の問題ではあるものの、ヘリコプターを使った空輸が不可能になる等の欠点が存在する。

火砲は自らの射撃の反動を、砲口制退器、駐退機、駐鋤(ちゅうじょ)、アウトリガー、自重等によって減衰させている。大型の装軌式火砲では、反動を自重と接地圧で吸収することが可能であるが、牽引式や装輪式の火砲の場合には駐鋤やアウトリガーを地面にめり込ませる必要がある。各国の装綸自走砲では、カエサルが駐鋤を、アーチャーがアウトリガーを採用しており、火力戦闘車の想像図にも車体後部にドーザー型の駐鋤が描かれている。ただし、全周旋回可能な砲塔を持たず、装軌式や補助輪付き牽引砲のようにその場で旋回することが不可能なこの方式は、射界の外に敵部隊が出現した場合に車体ごと移動させる必要があり、対応に時間がかかる他、地面が舗装された市街地では駐鋤が使用できず運用に難があるという欠点が存在する。

試作車両ではMAN社の軍用トラックHXシリーズの8×8輪・右ハンドル仕様をベースとして採用している[9]

装輪型自走榴弾砲の比較
 19式  / アーチャー  カエサル  ATMOS  ダナ  ノーラ B-52  G6-52  A-222
画像                
全長 11.4m 14.1m 10m 9.5m(本体) 11.1m 11.0m 10.4m 15.936m
全幅 2.5m 3.0m 2.55m 2.55m(本体) 3.0m 2.95m 3.5m 3.24m
全高 3.4m 3.3-3.9m 3.7m ? 2.85m 3.45m 3.4m 3.29m
重量 25t以下 33.5t 17.7t 22t(参考) 29t 34t(K-I)
25t(K2)
46.5t 43.7t
最高速度 不明 65km/h 100km/h 80km/h(道路上)
30km/h(不整地)
80km/h 90km/h(道路上)
25km/h(砂利道)
15km/h(不整地)
85km/h 60km/h
乗員数 5名 3-4名 5名
(緊急時3名)
4-6名 5名 3-5名 3-5名 4-8名
主砲 52口径155mm 36.6口径152mm 52口径155mm
(砲室23Lまたは25L)
52口径155mm 54口径130mm
副武装 - プロテクターRWS×1 - - DŠKM 12.7mm重機関銃×1 7.62mm機銃
または7.62mm/12.7mm RCWS
- PKT 7.62mm機関銃
最大射程 不明 60km(M982) 50km(RAP弾) 41km(ベースブリード弾) 28km(ベースブリード弾) 58km(HE ERFB/RA-BB)
67km (HE V-LAP)
67km(M9703A1)
実験では73kmも記録
22km
発射速度 不明 8-9発/分 6-8発/分 4-9発/分 5発/分 6-12発/分 4発/分 12発/分
自動装填装置 不明 装填アシスト
装甲 不明
(キャビンのみ)

(完全防護はK-I,K2のみ)
備考 2019年現在試験中。
数値は試作車[10]
射撃準備・撤去は各30秒
全自動で装填・射撃可能
8分で全弾給弾可能
装薬は手動装填
タッチパネル照準装置
6x6や8x8のトラックを自由に選択可能 世界初の装輪式自走榴弾砲
砲塔は225°旋回可
砲塔は360°旋回可
背面には水平射撃可
対戦車誘導砲弾あり
沿岸砲として運用
砲の仕様は海軍艦艇と共通


編集

搭載砲は、99式自走155mmりゅう弾砲に搭載されている155mm52口径榴弾砲の技術を流用すると発表されており、公開されている想像図でも反動を低減させる砲口制退器が99式と同じものであることが確認できる。排煙器(エバキュエーター) については排煙の戦闘室への逆流対策をする必要が無くなったため取り外されている他、砲身の基部には大型の駐退復座装置が確認できる。

使用弾編集

使用される砲弾については発表されていないが、基本的に99式の砲と同等性能であり、砲弾や装薬も同じものが使用可能であるという[9]。このため、陸上自衛隊で採用されているM107やL15のような榴弾に加えて照明弾発煙弾と言った弾種が使用可能であると考えられる。

砲弾の射撃に当たっては、射撃指揮班(FDC)による座標高度、遮蔽物、天候風向風速湿度気温コリオリの力、弾薬の状態にいたるまで加味した高度な計算により射撃方位角と射角が算定され、試射・修正射を行った後に効力射が実施されるが、射距離が伸びることで平均誤差半径(CEP)は拡大してしまう。近年諸外国では命中精度を飛躍的に高めるGPS誘導砲弾(M982 エクスカリバー等)、レーザー誘導砲弾(M712 カッパーヘッド)、対戦車誘導砲弾(SADARM)等が開発・配備されているが、そのような砲弾が採用されるのかは分かっていない。

信管については自衛隊が公開していないため詳しく分かっていないが、諸外国と同じく地面に衝突して起爆する瞬発式や、曳火射撃に使用される時限式やCVT(レーダー)式を使用すると思われる。

装填装置編集

 
FH70の砲弾装填の様子。2名の隊員が槊杖を使って砲弾を薬室に押し込んでいる。

榴弾砲は射距離を細かく調節する関係上、装薬の量を調整する必要があり、砲弾(信管含む)、装薬火管はすべて別々に装填される。

装薬については、袋詰めされた装薬を組合せる薬嚢方式や近年諸外国で採用されているモジュラー(連結)方式、105mm砲などに採用されている分離薬莢方式、アメリカ軍が開発に失敗した液体装薬方式等が存在するが、19式装輪自走155mmりゅう弾砲がどのような方式を採用しているのかは不明である。

FH70や75式自走155mmりゅう弾砲は特定の射角でのみ装填可能な固定角装填方式を採用していたため、射撃するたびに装填位置に砲身を動かす必要があったが、99式については射撃の際に砲身を動かしていないため、いかなる角度でも装填が行えると見られている。この方式は射撃速度が速くなるため、近年の榴弾砲でよく見られる1門の火砲の連続射撃によって「同時弾着射撃 (TOTもしくはMRSI)」を実施する際に重要な要素となるが、本砲において採用されるのかは分かっていない。

本砲では装輪式とすることで高い機動性を確保することに主眼が置かれており、車重およびサイズの兼ね合いから全自動装填装置の採用は見送られ、砲弾のみ自動、装薬は手動の半自動装填となっている。このため、操法人員は99式より1名多い5名となっている[9]

閉鎖機については、FH-70では垂直鎖栓式を採用していたが、99式の閉鎖機は一般に公開されたことがないため現在のところ不明となっている。「カエサル」の場合はリボルバー型の火管装填装置を内蔵した断隔螺式閉鎖機を採用している。

各国の155mm榴弾砲の装填システム
FH70   カエサル   アーチャー   
閉鎖機 垂直鎖栓(させん)式 断隔螺 垂直鎖栓式
装薬 薬嚢式 モジュラー式 モジュラー式
火管 弾倉式 弾倉式(リボルバー型) 弾倉式
装填方法 ①閉鎖機をラチェットで開放する
②砲弾を装填トレイに人力で載せる
槊杖(さくじょう、ラマー)で薬室に装填
④装薬を手込し閉鎖機を閉鎖
⑤レバー操作で弾倉から火管が装填される
①閉鎖機を自動で開放する
②砲弾を装填トレイに人力で載せる
③自動的に薬室に装填
④装薬を手込し閉鎖機を閉鎖
⑤火管が自動装填される
全自動

射撃方法編集

 
後方から撮影したカエサルの画像。砲の左側にタッチパネル式の照準システムが確認できる。
 
M777に搭載されたパノラマ眼鏡を使用してコリメーター設置を行うアメリカ陸軍の兵士

榴弾砲は間接照準射撃(目視できない敵に対する射撃)のために作られた砲であり、自衛目的などで行われる直接照準射撃(敵を目視して行う射撃)を除いては基本的に単体で照準を行うことが出来ない。敵および弾着の確認を行う射弾観測部隊、目標の確定と射撃部隊の選択を行う火力調整所(FSCC)、射撃に使用する方位角や射角を計算するFDC、そして、それらの部隊と射撃部隊を繋ぐ通信システムが射撃において必要となる。

本砲が更新する予定のFH-70は、自己位置の評定に測量が必要であり、射撃に必要な方位角を入力(射向付与)するには、方向盤(Aiming Circle、方位磁針により正確な方位角を測定する装置)と各火砲に搭載されたパノラマ眼鏡の反覘(はんてん)法および照準点となるコリメーターや標桿等の設置が必要となっている。また、射撃指揮所(FDC)で計算された射角や方位角、信管の調整は無線や有線により音声で各火砲に伝えられていた。

このような人間によるアナログ方式の照準は陣地進入から射撃までの時間がかかり、また諸元の入力ミスや弾着の誤差が発生しやすい欠点がある。北大西洋条約機構や陸上自衛隊で射撃に使用される単位「ミル」は、円周を6400等分した単位で、1ミル間違えるだけで1km先で約1m、10km先では約10mの弾着のズレが生じてしまう。2013年には北海道矢臼別演習場で訓練を行っていたアメリカ海兵隊がパノラマ眼鏡の操作を誤り20度ずれた状態で射撃を行うという事件も発生している[11]

このような問題を解決するため、他国においては慣性航法装置(INS)や衛星測位システムを使用する照準システムや射撃諸元の送信機能を有する戦術データ・リンクが開発されており、「カエサル」や「アーチャー」等の自走榴弾砲に関してはパノラマ眼鏡などのアナログなシステムを一切搭載していない。

19式装輪自走155mmりゅう弾砲では火力戦闘指揮統制システム (FCCS) などから得た目標の位置情報や座標などをタブレット端末からタッチパネル入力するだけで照準が可能である[9]。また、システム故障や情報伝達が困難な状況に備えてコリメーターなども装備している[9]

自己位置および射向付与の方法の利点・欠点
測量および反覘法 慣性航法装置 衛星測位システム
仕組み 観測部隊による測量で自己位置を測定し、パノラマ眼鏡
方向盤、コリメーター等で方位角を入力する。
加速度計ジャイロスコープによって
自己位置や方位角を測定する。
航法衛星が航法信号を送信
それを受信することで自己位置や方位角を測定する。
利点 通信妨害の影響を受けない
②電源や動力装置が不要
①通信妨害の影響を受けない
②移動中も測位可能
①移動中も測位可能
準天頂衛星システムにより更なる精度向上が見込める
欠点 ①大量の時間、機材、人員を要する
②使用者の練度が精度に影響を与える
①移動距離に比例して精度が悪化する
②定期的にGPSや測量による座標更新が必要
①通信妨害の影響を受ける
ASATで衛星が破壊される危険がある
155mm榴弾砲の照準システム
FH70   カエサル   / アーチャー   
照準方法 ①火砲の座標、高度等を測量で確認する
②方向盤と火砲のパノラマ眼鏡を相互照準させ、正確な方位角を火砲に入力する
③射撃中の照準点となるコリメーターや標桿等を設置する
④FDCから音声で送信された方位角と射角を旋回ハンドルを使って照準する
①GPS、INSを使ったシステムで自己位置と方位角を測定する
②FDCからデータリンクで送信された方位角と射角を自動的に照準する

配備編集

19式装輪自走155mmりゅう弾砲の調達数[12]
予算計上年度 調達数
平成31年度(2019年) 7両

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集