1901年5月18日の日食

1901年5月18日に起こった日食

1901年5月18日の日食は、1901年5月18日に観測された日食である。フランス領マダガスカルフランス領レユニオンイギリス領モーリシャスオランダ領東インドイギリス領ニューギニア島で皆既日食が観測され、アフリカ南東部アジア南東部、オーストラリア及び以上の地域の周辺の一部で部分日食が観測された[1]。皆既日食の持続時間は6分28.7秒で、1886年8月29日英語版から1919年5月29日までの間最も長い皆既日食である[2]

SE1901May18T.png

通過した地域編集

皆既帯が通過した、皆既日食が見えた地域はフランス領マダガスカル英語版(現在のマダガスカルに属する部分)南部、フランス領レユニオン全部、イギリス領モーリシャス(現在のモーリシャス)の本島モーリシャス島全島、オランダ領東インド(現在のインドネシア)、イギリス領ニューギニア英語版(現在のパプアニューギニア南部)(行政所在地、現在パプアニューギニアの首都ポートモレスビーを含む)で、全部島だった[3][4]

また、皆既日食が見えなくても、部分日食が見えた地域はアフリカ南東部、南アジアの南半分、中国南部、東南アジアオーストラリア全国、ミクロネシア中西部、メラネシア中西部だった[1][5]

観測編集

イギリス王立協会王立天文学会の合同常任日食委員会はオランダ領東インドのスマトラ島の西海岸にあるパダンで皆既日食を観測した。5月18日、日が出た後最初はいい天気で、日食が始まって雲が集まり、皆既食の段階に入って太陽を覆う雲が厚くなり、切れ間から太陽が見えにくくなりつつあった[6]アメリカリック天文台の観測隊もパダンで観測した[7]

脚注編集

  1. ^ a b Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1901 May 18”. NASA Eclipse Web Site. 2016年4月8日閲覧。
  2. ^ Fred Espenak. “Total Solar Eclipses with Durations Exceeding 06m 00s: 1001 to 2000”. NASA Eclipse Web Site. 2016年4月8日閲覧。
  3. ^ Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1901 May 18 - Google Maps and Solar Eclipse Paths”. NASA Eclipse Web Site. 2016年4月8日閲覧。
  4. ^ Xavier M. Jubier. “Eclipse Totale de Soleil du 18 mai 1901 - Cartographie Interactive Google (1901 May 18 Total Solar Eclipse - Interactive Google Map)”. 2016年4月8日閲覧。
  5. ^ Fred Espenak. “Catalog of Solar Eclipses (1901 to 2000)”. NASA Eclipse Web Site. 2016年4月8日閲覧。
  6. ^ H. F. Newall (1901–1902). Total Solar Eclipse of 1901, May 17-18. Preliminary Report of the Observations Made at Ayer Karoe, Sawah Loento, Sumatra. 69. 王立協会. pp. 209-234. http://www.jstor.org/stable/116302 2016年4月8日閲覧。. 
  7. ^ C. D. Perrine (1901年12月1日). “THE LICK OBSERVATORY-CROCKER EXPEDITION TO OBSERVE THE TOTAL SOLAR ECLIPSE OF 1901, MAY 17-18”. pp. 187-204. 2016年4月8日閲覧。