1909年のメジャーリーグベースボール

1909年の野球から転送)

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1909年のできごとを記す。1909年4月12日に開幕し10月16日に全日程を終え、ナショナルリーグピッツバーグ・パイレーツが6年ぶり4度目のリーグ優勝で、アメリカンリーグデトロイト・タイガースが3年連続3度目のリーグ優勝であった。

ワールドシリーズはピッツバーグ・パイレーツがデトロイト・タイガースを4勝3敗で破り、シリーズを初制覇した。

また個人記録でデトロイト・タイガースのタイ・カッブが三冠王とともにMLB史上唯一の打撃全タイトル制覇を達成している。

できごと編集

アメリカンリーグは、ヒューイー・ジェニングス監督が指揮するタイガースがタイ・カッブサム・クロフォードを擁して依然強く、しかもこの年に20勝以上の投手はリーグでわずか3人で、そのうち2人がミュリン(29勝)とウイルバート(22勝)で、タイガースの両エースであった。コニー・マック監督のアスレチックスは善戦したが2位までだった。

一方ナショナルリーグは、前年まで3連覇したシカゴ・カブスとニューヨーク・ジャイアンツがもたつく間にピッツバーグ・パイレーツが5月5日に首位に立って以降、一度も2位以下に落ちることなく、6年ぶりの優勝であった。選手兼監督のフレッド・クラークや新人のドック・ミラー二塁手が活躍したが、やはり主砲のホーナス・ワグナーの存在が大きかった。

ワールドシリーズは、パイレーツとタイガースは勝ったり負けたりで、最終戦まで持ち込まれたが、パイレーツの控え投手であったベーブ・アダムスがこのシリーズで大活躍し、クリスティー・マシューソン以来のシリーズ3勝をあげ、最終戦を完封勝利した。タイガースは最後は力尽き、0-8で敗れ、カッブは打率.222とパイレーツに抑え込まれ、快足も活かせず2盗塁に終わった。

  • 4連覇ならなかったシカゴ・カブスのモーデカイ・ブラウンは、この年に最多勝27勝を記録し、投球回数が自己最多の342イニングで、完投32も自己最多でリーグ最多でもあった。

ホーナス・ワグナーとタイ・カッブ編集

タイガースのタイ・カッブはこの年に打率.377、本塁打9、打点107、盗塁76を記録し、3年連続の首位打者、打点王、最多安打に加え、本塁打王、盗塁王を獲得。今日でいう三冠王となった。現在に至るまで唯一の打撃全タイトル制覇(当時はタイトルでなかったものを含む)を達成。さらに得点数、塁打数、出塁率、長打率、OPSを含め合計10部門でリーグトップであり、得点以外はMLB全体でもトップとなった。

パイレーツのホーナス・ワグナー遊撃手も4年連続で7回目の首位打者と打点王を獲得し、最高出塁率・長打率1位でもあり、パイレーツの6年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。そしてワールドシリーズではアメリカンリーグで三冠王となったタイ・カッブ擁するリーグ3連覇中のデトロイト・タイガースとの対戦になり、ナショナルリーグのホーナス・ワグナーとアメリカンリーグのタイ・カッブの対決は大いに注目を集めた。結果はワグナーは24打数8安打で打率.333、6打点、ワールドシリーズ新記録となる6盗塁を記録(第3戦で二盗・三盗・本盗を成功させている)し、パイレーツ初の世界一に大きく貢献した。この年にワグナーの年俸は1万ドルとなったが彼はその後増額を希望しなかったという。

規則の改訂編集

1909年に起きたことでベースボールにとって最も大きな出来事は、ボールの芯がそれまでのゴムからコルクに変わったことである。このためにボールに強い弾力が加わり、ベースボールがこれを契機に守備の競技から打撃の競技に変わり、そして10年後のベーブ・ルースによって野球の黄金時代を到来させるに至ったことである。

  • 暴投、もしくはパスボールで打者が一塁に到達した場合、投手または捕手のいずれかにエラーをつけるようになった。
  • 第3ストライクでのバント失敗は三振とし、捕手に刺殺を記録するようになった。
  • ダブルスチールを試みていずれかの走者がアウトになった場合、二人の走者いずれにも盗塁を記録しないようになった。

その他編集

それまでファンサービスの面で改良と進歩が見られた。

  • 試合の始まる10分前までに試合の当事者は当日の先発メンバー及びラインナップを審判に提出しなければならない。
  • 選手交代を必ず観客に報告する義務を審判員に負わせた。そして選手の交代は審判員に必ず通告した後でなければならず、交代は許可されない。
  • この年のワールドシリーズから審判4人制をとるようになった。

最終成績編集

レギュラーシーズン編集

アメリカンリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 デトロイト・タイガース 98 54 .645 --
2 フィラデルフィア・アスレチックス 95 58 .621 3.5
3 ボストン・レッドソックス 88 63 .583 9.5
4 シカゴ・ホワイトソックス 78 74 .513 20.0
5 ニューヨーク・ハイランダース 74 77 .490 23.5
6 クリーブランド・ナップス 71 82 .464 27.5
7 セントルイス・ブラウンズ 61 89 .407 36.0
8 ワシントン・セネタース 42 110 .276 56.0

ナショナルリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ピッツバーグ・パイレーツ 110 42 .724 --
2 シカゴ・カブス 104 49 .680 6.5
3 ニューヨーク・ジャイアンツ 92 61 .601 18.5
4 シンシナティ・レッズ 77 76 .503 33.5
5 フィラデルフィア・フィリーズ 74 79 .484 36.5
6 ブルックリン・スーパーバス 55 98 .359 55.5
7 セントルイス・カージナルス 54 98 .355 56.0
8 ボストン・ドゥーブス 45 108 .294 65.5

ワールドシリーズ編集

  • パイレーツ 4 - 3 タイガース
10/ 8 – タイガース 1 - 4 パイレーツ
10/ 9 – タイガース 7 - 2 パイレーツ
10/10 – パイレーツ 8 - 6 タイガース
10/11 – パイレーツ 0 - 5 タイガース
10/12 – タイガース 4 - 8 パイレーツ
10/13 – パイレーツ 4 - 5 タイガース
10/16 – パイレーツ 8 - 0 タイガース

個人タイトル編集

アメリカンリーグ編集

打者成績編集

項目 選手 記録
打率 タイ・カッブ (DET) .377
本塁打 タイ・カッブ (DET) 9
打点 タイ・カッブ (DET) 107
得点 タイ・カッブ (DET) 116
安打 タイ・カッブ (DET) 216
盗塁 タイ・カッブ (DET) 76

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 ジョージ・マリン (DET) 29
敗戦 ボブ・グルーム (WS1) 26
防御率 ハリー・クラウス (PHA) 1.39
奪三振 フランク・スミス (CWS) 177
投球回 フランク・スミス (CWS) 365
セーブ フランク・アーレインズ (BOS) 8

ナショナルリーグ編集

打者成績編集

項目 選手 記録
打率 ホーナス・ワグナー (PIT) .339
本塁打 レッド・マレー (NYG) 7
打点 ホーナス・ワグナー (PIT) 100
得点 トミー・リーチ (PIT) 126
安打 ラリー・ドイル (NYG) 172
盗塁 ボブ・ベッシャー (CIN) 54

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 モーデカイ・ブラウン (CHC) 27
敗戦 ジョージ・ファーガソン (BSN) 23
防御率 クリスティ・マシューソン (NYG) 1.14
奪三振 オーバル・オーバラル (CHC) 205
投球回 モーデカイ・ブラウン (CHC) 342⅔
セーブ モーデカイ・ブラウン (CHC) 7

出典編集

  • 『アメリカ・プロ野球史』≪第2章 二大リーグの対立≫ 77-78P参照  鈴木武樹 著  1971年9月発行  三一書房
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪1909年≫ 48P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪モデカイ・ブラウン≫49P参照 
  • 『オールタイム 大リーグ名選手 101人』132-133P参照 「ホーナス・ワグナー」 1997年10月発行 日本スポーツ出版社 
  • 『オールタイム 大リーグ名選手 101人』158-159P参照 「タイ・カッブ」
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 1905-2000  87P参照 上田龍 著  2001年10月発行 ベースボールマガジン社

外部リンク編集