メインメニューを開く

1911年のメジャーリーグベースボール

1911年の野球から転送)

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1911年のできごとを記す。

1911年4月12日に開幕し10月26日に全日程を終え、ナショナルリーグニューヨーク・ジャイアンツが6年ぶり5度目のリーグ優勝で、アメリカンリーグフィラデルフィア・アスレチックスが2年連続2度目のリーグ優勝となった。

ワールドシリーズはフィラデルフィア・アスレチックスがニューヨーク・ジャイアンツを4勝2敗で破り、シリーズ連覇を果たした。

目次

できごと編集

開幕早々の4月14日にポロ・グラウンズが火災を起こし、この地を本拠地としていたニューヨーク・ジャイアンツは同じニューヨーク・ハイランダースの本拠地ヒルトップ・パークを借りて試合を行ったが、6月28日にまだ新スタンドが完成していない中で再びポロ・グラウンズに戻り、この年のシーズンを乗り切った。そしてニューヨーク・ジャイアンツが8月24日に首位に躍り出てから、最終の24試合を20勝4敗の快進撃で2位カブスに7.5ゲーム差でナショナル・リーグを制した。ジャイアンツの投手陣のエースはクリスティー・マシューソンだが、この年は3年前に高い契約金で獲得したルーブ・マーカードが24勝したことが大きかった。

一方アメリカン・リーグは、フィラデルフィア・アスレチックスが2年連続優勝で、マッキニス一塁手、エディ・コリンズ二塁手、バリー遊撃手、フランク・ベイカー三塁手の「10万ドルの内野手」らが活躍し、投手陣もジャック・クームズが28勝、チーフ・ベンダーが17勝した。

ワールドシリーズでは、前回1905年にクリスティー・マシューソン投手に苦しめられたアスレチックスがマシューソンを打ち込み、4勝2敗で連覇した。またこのシリーズの第2戦、第3戦でホームランを打ち、アスレチックスの勝利を呼んだフランク・ベイカーは、以後「ホームラン・ベイカー」と呼ばれ、この年から4年連続本塁打王となった。

  • シカゴ・カブスのフランク・シュルトは1910年にリーグ最多となる10本の本塁打を打ち、1911年には21本の本塁打と107打点を記録し、さらに三塁打21本、二塁打30本に加え23盗塁も記録するなど活躍し(20-20-20クラブ)、アメリカンリーグのタイ・カッブと共にこの年表彰が始まったリーグの最優秀選手(この当時はチャルマーズ賞)の最初の受賞者となった。二塁打・三塁打・本塁打・盗塁の4つの部門で20個以上を記録したのはメジャー史上初めてのことで、これは1957年ウィリー・メイズが達成するまでメジャーリーグ唯一の記録だった。
  • ピッツバーグ・パイレーツの ホーナス・ワグナーは打率.334で8度目の首位打者を獲得した。しかしこれが最後のタイトルとなる。
  • クリーブランド・ナップスのシューレス・ジョー・ジャクソンはプロ入り4年目で初めてメジャーリーグでフル出場し、打率.408、233安打、41盗塁を記録した。しかしこの年タイ・カッブがそれを上回る打率.420を記録したため首位打者になれなかった。4割打者で首位打者になれなかった最初のケースとなった(2人目はタイ・カップ)。このときジャクソンは24歳2ヶ月で4割打者の最年少記録だったが、この記録は後にテッド・ウィリアムズに破られた。しかしこの時に誰も気がつかなかったことがあり、それは安打数233本で当時の記録が不正確でその後の再調査で訂正されていたが、新人選手の最多安打記録をこの年に実は樹立していた。そして90年間この記録は破られなかったが、2001年にデビューしたイチローが242本の安打を打って、このジャクソンの記録を破った。シューレス・ジョー・ジャクソンは、その後シカゴ・ホワイトソックスに移り、波乱のうちに野球人生を終えることになった。
  • この年にもう1人話題になった新人がいた。1909年にプロ入りしてマイナーリーグのイリノイ・ミズーリリーグで投げ、翌1910年にニューヨーク州リーグのシラキュース球団で29勝を挙げて翌1911年にフィラデルフィア・フィリーズに入った。そしていきなりこの年に28勝を挙げてリーグ最多勝に輝いた。しかもシーズン終盤にボストン・ラスラーズ(後のブレーブス)戦で、この年にクリーブランド・ナップスからボストンに移ってきたサイ・ヤング投手が登板し、延長12回を投げて1-0で投げ勝った。44歳のサイ・ヤングを負かした23歳の若者こそグローバー・クリーブランド・アレクサンダー(ピート・アレクサンダー)である。

サイ・ヤング編集

サイ・ヤングはこの年、44歳で野球人生の幕を下ろした。クリーブランド・スパイダースに始まり、セントルイス・パーフェクズ(後のカージナルス)、ボストン・アメリカンズ(後のレッドソックス、クリーブランド・ナップス(後のインディアンス)、そして1911年のシーズン途中でボストン・ラスラーズ(後のバレーブス)に移り、この年は12勝に終わり、16勝でデビューしてから最低の勝ち星で引退した。通算勝利数511勝は史上最高で投球回数7356イニング、完投749も最高記録である。1937年に殿堂入りを果たし、1955年に死去したが、翌1956年に最優秀投手に与えられるサイ・ヤング賞が設立された。

最終成績編集

レギュラーシーズン編集

アメリカンリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 フィラデルフィア・アスレチックス 101 50 .669 --
2 デトロイト・タイガース 89 65 .578 13.5
3 クリーブランド・ナップス 80 73 .523 22.0
4 シカゴ・ホワイトソックス 77 74 .510 24.0
5 ボストン・レッドソックス 78 75 .510 24.0
6 ニューヨーク・ハイランダース 76 76 .500 25.5
7 ワシントン・セネタース 64 90 .416 38.5
8 セントルイス・ブラウンズ 45 107 .296 56.5

ナショナルリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ジャイアンツ 99 54 .647 --
2 シカゴ・カブス 92 62 .597 7.5
3 ピッツバーグ・パイレーツ 85 69 .552 14.5
4 フィラデルフィア・フィリーズ 79 73 .520 19.5
5 セントルイス・カージナルス 75 74 .503 22.0
6 シンシナティ・レッズ 70 83 .458 29.0
7 ブルックリン・トロリードジャース 64 86 .427 33.5
8 ボストン・ラスラーズ 44 107 .291 54.0

ワールドシリーズ編集

  • ジャイアンツ 2 - 4 アスレチックス
10/14 – アスレチックス 1 - 2 ジャイアンツ
10/16 – ジャイアンツ 1 - 3 アスレチックス
10/17 – アスレチックス 3 - 2 ジャイアンツ
10/24 – ジャイアンツ 2 - 4 アスレチックス
10/25 – アスレチックス 3 - 4 ジャイアンツ
10/26 – ジャイアンツ 2 - 13 アスレチックス

個人タイトル編集

表彰編集

チャルマーズ賞 (MVP)

出典編集

  • 『アメリカ・プロ野球史』≪第2章 二大リーグの対立≫ 77-78P参照  鈴木武樹 著  1971年9月発行  三一書房
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪サイ・ヤング≫ 44P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪1911年≫ 53P参照 
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪フランク・ベイカー≫ 54P参照
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪グローバー・アレキサンダー≫ 73P参照
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 1905-2000  88P参照 上田龍 著 2001年10月発行 ベースボールマガジン社

外部リンク編集