1913年の相撲(1913ねんのすもう)は、1913年の相撲関係のできごとについて述べる。

1912年-1913年-1914年

本場所など編集

  • 1月場所(東京相撲)[1]
  • 1月場所(大阪相撲)[2]
    • 興行場所:難波新川土橋西詰
    • 1月12日より晴天10日間興行
  • 2月場所(東京大阪合併相撲)[3]
    • 興行場所:両国国技館
    • 2月21日より10日間興行
  • 3月場所(東京大阪合併相撲)[4]
    • 興行場所:新世界
    • 3月7日より10日間興行
  • 3月場所(東京大阪合併相撲)[4]
    • 興行場所:名古屋市南堀町
    • 3月18日より7日間興行
  • 5月場所(大阪相撲)[5]
    • 興行場所:新世界
    • 晴天10日間興行
  • 5月場所(東京相撲)[6]

その他相撲披露編集

  • 10月11日 - 熊本において、13代吉田追風の300年祭が執り行われた[7]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ 酒井, pp. 259-262.
  2. ^ 酒井, p. 262.
  3. ^ 酒井, pp. 262-263.
  4. ^ a b 酒井, p. 263.
  5. ^ 酒井, pp. 266-267.
  6. ^ 酒井, pp. 263-266.
  7. ^ 酒井, p. 267.

参考文献編集

  • 酒井忠正『日本相撲史 中巻』ベースボール・マガジン社、1964年6月1日。