1919年のメジャーリーグベースボール

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1919年のできごとを記す。

1919年4月19日に開幕し10月9日に全日程を終え、ナショナルリーグシンシナティ・レッズが1890年にナショナルリーグ加盟以来初のリーグ優勝を、そしてアメリカンリーグシカゴ・ホワイトソックスが2年ぶり4度目のリーグ優勝を果たした。

ワールドシリーズはシンシナティ・レッズがシカゴ・ホワイトソックスを5勝3敗で制し、初めてシリーズ制覇となった。しかしこの年のワールドシリーズは選手の賭博行為と八百長試合が行われ、後にブラックソックス事件として騒がれてメジャーリーグに深い傷を残した。

できごと編集

前年11月に第一次世界大戦が終わって戦地に赴いた選手たちも戻ったが、例年の154試合ではなく140試合制として開幕した[1]

アメリカン・リーグは、シカゴ・ホワイトソックスが6位に終わった前年から復活し、エディ・シーコット が29勝、レフティ・ウィリアムズが23勝を上げ、シューレス・ジョー・ジャクソンが打率.351で、エディ・コリンズ が.319で盗塁33で盗塁王となり、2年ぶりのリーグ優勝となった。

一方ナショナル・リーグは前年優勝のシカゴ・カブスがピート・アレクサンダー投手が16勝止まりで3位に落ち、ニューヨーク・ジャイアンツが2位で、シンシナティ・レッズはエド・ローシュ外野手が.321で2度目の首位打者を獲得し、初めてのリーグ優勝となった。

  • アメリカン・リーグの首位打者はタイ・カッブが.384で12度目の首位打者となった。そしてこれが最後の首位打者獲得となった。1922年に.401を打ったがジョージ・シスラーの.420に届かず4割を打ちながら首位打者になれなかった。
  • 同じアメリカンリーグの最多本塁打と最多打点はレッドソックスのベーブ・ルースで前年の11本に続き、この年はさらに29本に伸ばした。投手から外野手に転向していきなりホームラン記録を更新した彼の人気は沸騰した。しかしシーズン終了後にルースはレッドソックスのオーナーハリー・フレイジーに前年の給料の2倍である2万ドルを要求し、これを拒否し我慢がならなくなったオーナーは、ルースをニューヨーク・ヤンキースへ12万5000ドルのトレードマネーと30万ドルの負債の肩代わりする金銭トレードで放出する。
  • ナショナルリーグの最多本塁打はフィラデルフィア・フィリーズギャビー・クラバスで12本であった。1912年にフィリーズに移り、当時のフィリーズの本拠地だったベーカー・ボウルが極端に右翼が狭く本塁打を量産した。1913年には最多本塁打19本と最多安打179本及び最多打点118で最優秀選手の選考で2位となった。1915年には本塁打24本、打点115、得点89でリーグトップの成績を収めた。その後1916年を除いて、38歳になる1919年までリーグ本塁打王を6回獲得し、通算本塁打119本はこの時期の通算本塁打数のMLB記録(20世紀以降)であった。

ワールドシリーズの疑惑編集

ホワイトソックス対レッズとなったこの年のワールドシリーズの下馬評は圧倒的にホワイトソックスの優勢が伝えられていた。ところがすでにシリーズ前から八百長の噂が盛んに飛び交い、賭け率が初めは3対1でホワイトソックス有利であったのだが、直前には8対5でレッズに傾き、ホワイトソックスは負けるという噂が広まっていった。そして結果はレッズの5勝3敗でホワイトソックスは敗れた。第1戦と第2戦を落とした後にホワイトソックスのグリーソン監督はオーナーのコミスキーに報告し、その後アメリカン・リーグ会長のバン・ジョンソンに報告したが、ジョンソン会長は「ばかばかしい」と八百長疑惑を一蹴した。監督は第5戦で敗れた後に「優勝したチームと同じとは、とても思えない」と語っている。そして第8戦が終わってシリーズが終了した後にも監督は「シリーズでうちの選手は試合を投げていた」と語っている。

この年はこれで終わった。しばらくすると、次第に人々の記憶からも薄れ、忘れられたように日常に戻っていった。しかし翌年9月に八百長への関与が明らかになり法廷に持ち込まれたが、その1年後の1921年8月に無罪判決となった。しかし直後にランディス・コミッショナーの永久追放処分が発表されてこの事件は終幕となった。

最終成績編集

レギュラーシーズン編集

アメリカンリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シカゴ・ホワイトソックス 88 52 .629 --
2 クリーブランド・インディアンス 84 55 .604 3.5
3 ニューヨーク・ヤンキース 80 59 .576 7.5
4 デトロイト・タイガース 80 60 .571 8.0
5 セントルイス・ブラウンズ 67 72 .482 20.5
6 ボストン・レッドソックス 66 71 .482 20.5
7 ワシントン・セネタース 56 84 .400 32.0
8 フィラデルフィア・アスレチックス 36 104 .257 52.0

ナショナルリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シンシナティ・レッズ 96 44 .686 --
2 ニューヨーク・ジャイアンツ 87 53 .621 9.0
3 シカゴ・カブス 75 65 .536 21.0
4 ピッツバーグ・パイレーツ 71 68 .511 24.5
5 ブルックリン・ロビンス 69 71 .493 27.0
6 ボストン・ブレーブス 57 82 .410 38.5
7 セントルイス・カージナルス 54 83 .394 40.5
8 フィラデルフィア・フィリーズ 47 90 .343 47.5

ワールドシリーズ編集

  • レッズ 5 - 3 ホワイトソックス
10/1 – ホワイトソックス 1 - 9 レッズ
10/2 – ホワイトソックス 2 - 4 レッズ
10/3 – レッズ 0 - 3 ホワイトソックス
10/4 – レッズ 2 - 0 ホワイトソックス
10/6 – レッズ 5 - 0 ホワイトソックス
10/7 – ホワイトソックス 5 - 4 レッズ
10/8 – ホワイトソックス 4 - 1 レッズ
10/9 – レッズ 10 - 5 ホワイトソックス

個人タイトル編集

アメリカンリーグ編集

打者成績編集

項目 選手 記録
打率 タイ・カッブ (DET) .384
本塁打 ベーブ・ルース (BOS) 29
打点 ベーブ・ルース (BOS) 114
得点 ベーブ・ルース (BOS) 103
安打 タイ・カッブ (DET) 191
ボビー・ヴィーチ (DET)
盗塁 エディ・コリンズ (CWS) 33

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 エディ・シーコット (CWS) 29
敗戦 ハリー・ハーパー (WS1) 21
防御率 ウォルター・ジョンソン (WS1) 1.49
奪三振 ウォルター・ジョンソン (WS1) 147
投球回 エディ・シーコット (CWS) 306⅔
ジム・ショー (WS1)
セーブ アラン・ラッセル (NYY/BOS) 5
ジム・ショー (WS1)
ボブ・ショーキー (NYY)

ナショナルリーグ編集

投手成績編集

項目 選手 記録
打率 エド・ローシュ (CIN) .321
本塁打 ギャビー・クラバス (PHI) 12
打点 ハイ・メイヤーズ (BRO) 73
得点 ジョージ・バーンズ (NYG) 86
安打 アイビー・オルソン (BRO) 164
盗塁 ジョージ・バーンズ (NYG) 40

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 ジェシー・バーンズ (NYG) 25
敗戦 リー・メドウズ (STL / PHI) 20
防御率 ピート・アレクサンダー (CHC) 1.72
奪三振 ヒッポ・ボーン (CHC) 141
投球回 ヒッポ・ボーン (CHC) 306⅔
セーブ オスカー・トゥエロ (STL) 4

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  • 『アメリカ・プロ野球史』第3章 揺さぶられる大リーグ 91-93P参照 鈴木武樹 著 1971年9月発行 三一書房
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪1919年≫ 61P参照 週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 1905-2000  上田龍 著 56-57P参照  90P参照 2001年10月発行 ベースボールマガジン社
  • 『月刊メジャーリーグ 2003年12月号 特集ワールドシリーズ栄光の1世紀』ブラックソックススキャンダル 46-47P参照 ベースボールマガジン社

外部リンク編集