メインメニューを開く

1920年アントワープオリンピックの日本選手団

1920年アントワープオリンピックの日本選手団は、1920年4月20日から9月12日まで開催された1920年アントワープオリンピックの日本代表選手団及び競技結果。選手所属は1920年時点のもの。

オリンピックの日本選手団
Flag of Japan (1870–1999).svg
日章旗
IOCコード JPN
NOC 日本オリンピック委員会
公式サイト
1920年アントワープオリンピック
人員: 選手 15名、役員 3名
旗手: 野口源三郎[1]
主将: 野口源三郎[1]
メダル
国別順位: 17 位

0

2

0

2
夏季オリンピック日本選手団
1912192019241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921996200020042008201220162020
冬季オリンピック日本選手団
19241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921994199820022006201020142018
嘉納治五郎(前列中央)と選手たち。後列右端に金栗四三、前列左から2番目に茂木善作

メダル獲得者編集

銀メダル編集

開会式編集

日本代表は左胸に日の丸を染め抜いたワイシャツ紺色のズボン、オリジナルシューズといういでたちで開会式に参加し、旗手は主将の野口源三郎、国名プラカードは金栗四三が持って入場した[1]。野口・金栗の後ろに監督の辰野保、会計の深井健夫、ベルギー公使館の小川書記官、欧米外遊中の永井道明が続き、その後ろに他の選手が続いた[1]

陸上競技編集

競泳編集

  • 内田正練北大
    • 男子100m自由形:記録不明
    • 男子400m自由形:予選落ち(6分40秒0)
    • 男子10m高飛び込み:予選落ち(2組8位、40ポイント・スコア94.0[12]
  • 斎藤兼吉(東京高師)
    • 男子100m自由形:記録不明
    • 男子400m自由形:準決勝棄権(6分16秒8)

テニス編集

役員編集

白黎会編集

日本代表の面々は、この闘いを永遠に忘れず、日本のスポーツ発展に尽くすことを誓い、「白黎会」を結成した[13]。白黎会とは、ベルギーの漢字表記「白耳義」から「白」、「黎明」という言葉から「黎」の字を取ったものであり、スポーツも社交界に出て交歓すべしという、主将・野口源三郎の考えから生まれた会であった[14]。白黎会のメンバーはオリンピックから帰国後、Hの字が入った揃いのトレーニングシャツを着てスポーツを楽しんだ[14]。野口は「白黎生」を号(ペンネーム)とし[13]、本人の希望で戒名「白黎院転輪法浩日源居士」にも白黎の文字を入れている[15]。最後の存命者は大浦留市で、1989年(平成元年)8月28日、93歳で逝去した[16]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 工藤 1988, p. 315.
  2. ^ a b JAAF 2012, p. 31.
  3. ^ a b JAAF 2012, p. 32.
  4. ^ Mallon & Bijkerk 2015, p. 47.
  5. ^ a b c d e f JAAF 2012, p. 33.
  6. ^ Mallon & Bijkerk 2015, p. 59.
  7. ^ a b JAAF 2012, p. 40.
  8. ^ Mallon & Bijkerk 2015, p. 96.
  9. ^ a b c d JAAF 2012, p. 34.
  10. ^ Mallon & Bijkerk 2015, p. 61.
  11. ^ a b c Mallon & Bijkerk 2015, p. 62.
  12. ^ Mallon & Bijkerk 2015, p. 141.
  13. ^ a b 油野 2004, p. 93.
  14. ^ a b 沢田 1967, p. 21.
  15. ^ 浅川 1967d, p. 73.
  16. ^ 香月 1999, p. 7.

参考文献編集

  • 浅川正一「野口源三郎先生の追憶」『新体育』第37巻第5号、新体育社、1967年5月、 67-73頁。
  • 工藤昌見「マラソンランナー 茂木善作」『方寸』第8号、本の会、 312-318頁。全国書誌番号:89008119
  • 香月義徳『大浦留市先生』、1999年11月11日、8頁。全国書誌番号:20049259
  • 沢田一郎「遺訓を受けつごう」『陸上競技マガジン』第17巻第06号、ベースボール・マガジン社、1967年5月、 20-21頁。
  • 油野利博「「野口源三郎」」『世紀を越えて〜茗渓陸上競技101年の歩み〜』「世紀を越えて〜茗渓陸上競技101年の歩み〜」編集委員会 編、筑波大学陸上競技部・陸上競技茗友会、2004年3月25日、91-97頁。全国書誌番号:20600718
  • Mallon, Bill; Bijkerk, Anthony Th. (2015-07-11). The 1920 Olympic Games: Results for All Competitors in All Events, with Commentary. Jefferson, North Carolina, USA: McFarland. p. 559. ISBN 978-0-7864-4070-2. 
  • Japanese Delegation of Athletic Team London 2012JAAF、2012年、60頁。

外部リンク編集