1922年の相撲(1922ねんのすもう)は、1922年の相撲関係のできごとについて述べる。

1921年-1922年-1923年

台覧相撲編集

  • 3月10日 - 偕行社にておいて、摂政皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)が陸軍記念日余興相撲を台覧[1]
  • 4月15日 - 徳川家達公爵邸において、ウェールズ大公エドワード親王が台覧[1]
  • 4月29日 - 霞ヶ関離宮において、摂政皇太子裕仁親王が誕辰祝賀余興相撲を台覧[1]
  • 5月27日 - 水交社において、摂政皇太子裕仁親王が海軍記念日余興相撲を台覧[2]

本場所など編集

その他相撲披露編集

  • 11月2日-3日 - 明治神宮奉納相撲[2]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c 酒井, p. 343.
  2. ^ a b c 酒井, p. 347.
  3. ^ a b 酒井, p. 342.
  4. ^ 酒井, pp. 337-342.
  5. ^ 酒井, pp. 343-347.

参考文献編集

  • 酒井忠正『日本相撲史 中巻』ベースボール・マガジン社、1964年6月1日。