1924年の相撲(1924ねんのすもう)は、1924年の相撲関係のできごとについて述べる。

1923年-1924年-1925年

できごと 編集

前年の関東大震災で帝都が焦土となり、また国技館も罹災したため、この年の春場所を名古屋で開催した。東京相撲としては初の都外開催となった[1]

台覧相撲 編集

  • 5月25日 - 両国国技館において、東伏見宮家、朝賀宮家、久邇宮家、李王家の皇王族が5月場所10日目を台覧[2]
  • 5月27日 - 水交社において、摂政皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)が海軍記念日余興相撲を台覧[3]

本場所など 編集

  • 1月場所(東京相撲)[4]
  • 1月場所(大阪相撲)[5]
    • 興行場所:新世界国技館
    • 1月11日より10日間興行
  • 5月場所(大阪相撲)[3]
    • 興行場所:新世界国技館
    • 5月11日より10日間興行
  • 5月場所(東京相撲)[6]
  • 6月場所(東京大阪合併相撲)[7]
    • 興行場所:新世界国技館
    • 6月12日より7日間興行

その他相撲披露 編集

  • 10月30日-11月3日 - 明治神宮競技大会。青年団対抗、陸海軍対抗、学生相撲対抗などが行われた[8]

誕生 編集

死去 編集

脚注 編集

注釈 編集

出典 編集

  1. ^ 酒井, p. 357.
  2. ^ 酒井, p. 363.
  3. ^ a b 酒井, p. 364.
  4. ^ 酒井, pp. 357–359.
  5. ^ 酒井, pp. 359–360.
  6. ^ 酒井, pp. 360–364.
  7. ^ 酒井, pp. 364–365.
  8. ^ 酒井, p. 365.
  9. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 116頁
  10. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 123頁
  11. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 133頁
  12. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 140頁
  13. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 145頁
  14. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 128頁
  15. ^ a b 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 130頁
  16. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 108頁
  17. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 136頁
  18. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 114頁
  19. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 13頁
  20. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 26頁
  21. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 358頁
  22. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 7頁
  23. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 37頁

参考文献 編集

  • 酒井忠正『日本相撲史 中巻』ベースボール・マガジン社、1964年6月1日。