1925年全仏選手権 (テニス)

1925年 全仏選手権(Internationaux de France de Roland-Garros 1925)に関する記事。フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて開催。

1924年までの全仏選手権編集

出場資格がフランス人選手のみに制限されていた1924年までの全仏選手権は、多くの点で歴史的な調査が困難になっている。

  • 男子シングルスは1891年、女子シングルスは1897年に第1回の競技大会が始まったが、初期の優勝記録表の大半は選手のフルネームや決勝戦の試合結果が残っておらず、時には準優勝者の名前さえ欠落していることがある。(例:1900年代
  • ダブルスの場合、記録は優勝ペアしか残っておらず、準優勝ペアも試合結果も全く残存していない。

テニスグランドスラム大会の公式な優勝記録には、国際大会化された1925年以後の記録が記載され、1924年以前の記録は除外されることになった。大半のテニス文献でも、全仏選手権は1925年以後の記録のみを掲載している。全仏選手権(現在の全仏オープン)年度別記事の外部リンクで使用しているPDF形式の抽選表も、大会公式サイトは1925年以後のものを提供している。

大会の流れ編集

  • 男子シングルスは「61名」の選手による6回戦制で行われた。シード選手は16名で、第1・第2シードを含む3人の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。
  • 女子シングルスは「34名」の選手による6回戦制で行われた。シード選手は8名。2人の選手を絞り落とすため、1回戦は2試合のみ実施し、他の30名は2回戦から出場した。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   パトリック・スペンス (3回戦)
  2.   ジャン・ワッシャー (ベスト4)
  3.   ジャン・ボロトラ (準優勝)
  4.   F・レストレポ (3回戦)
  5.   ルネ・ラコステ (初優勝)
  6.   シャルル・エシュリマン (2回戦)
  7.   ニコラス・ミシュー (3回戦)
  8.   シドニー・ヤコブ (ベスト4)
  9.   ジャック・ブルニョン (3回戦)
  10.   アンリ・コシェ (ベスト8)
  11.   ポール・フェレー (ベスト8)
  12.   アントワーヌ・ジェンシアン (2回戦)
  13.   エドゥアルド・フラッカー (ベスト8)
  14.   レオンス・アスラングール (3回戦)
  15.   ライムンド・モラレス (3回戦)
  16.   アンドレ・ゴベール (ベスト8)

女子シングルス編集

  1.   スザンヌ・ランラン (優勝、国際大会化前から数えて5度目)
  2.   イボンヌ・ブルジョワ (3回戦)
  3.   キティ・マッケイン (準優勝)
  4.   シモーヌ・パスマール (ベスト8)
  5.   ヘレーネ・コントスタブロス (ベスト4)
  6.   マルグリット・ビロー (ベスト8)
  7.   ジュリー・ブラスト (ベスト4)
  8.   ジャンヌ・ボサール (3回戦)

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

外部リンク編集

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子

参考文献編集

  • 全仏オープン公式メディア・ガイド、1995年版 (1924年以前の記録は、全仏オープン公式サイトでもリンク切れになった)
先代:
1925年オーストラレーシアン選手権
テニス4大大会
1925年
次代:
1925年ウィンブルドン選手権
先代:
1924年全仏選手権 (テニス)
全仏オープンテニス
1925年
次代:
1926年全仏選手権 (テニス)