メインメニューを開く

1928年アムステルダムオリンピックのサッカー競技

概要編集

サッカー競技が一旦オリンピックのスケジュールから外される直前の大会となった。優勝は引き分け再試合の結果、2大会連続でウルグアイが金メダルを持ち帰る事になった。このオリンピックでの2大会連続優勝は本国ウルグアイで行われた1930年のワールドカップへ向けて大きな原動力となった。

大会方式編集

参加国は17カ国。ポルトガルとチリで予選を行い1回戦に参加するチームを16チームと言うトーナメントを行うのに適した数に整えられた。前回大会で行われなかった敗者復活戦が復活した。試合はアムステルダムの他、ロッテルダムで敗者復活戦2試合が行われた。

参加国編集

試合結果編集

最終結果編集

各国メダル数編集

順位 国・地域
1   ウルグアイ 1 0 0 1
2   アルゼンチン 0 1 0 1
3   イタリア 0 0 1 1

関連項目編集

外部リンク編集