1930 FIFAワールドカップ

1930年にウルグアイで行われた第1回FIFAワールドカップ

1930 FIFAワールドカップ: 1930 FIFA World Cup)は、1930年7月13日から7月30日にかけて、ウルグアイで開催された1回目のFIFAワールドカップである。

1930 FIFAワールドカップ
1930 FIFA World Cup
Copa Mundial de Fútbol de 1930
Uruguay 1930 World Cup.jpg
大会概要
開催国 ウルグアイの旗 ウルグアイ
日程 1930年7月13日 - 7月30日
チーム数 13 (3連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  ウルグアイ (1回目)
準優勝  アルゼンチン
3位  アメリカ合衆国
4位  ユーゴスラビア
大会統計
試合数 18試合
ゴール数 70点
(1試合平均 3.89点)
総入場者数 590,549人
(1試合平均 32,808人)
得点王 アルゼンチンの旗 ギジェルモ・スタービレ(8点)
1934

開催国選定の経緯編集

ウルグアイは、開催国として近代的なスタジアム建設(建国100周年の記念として建設された)と参加国の全招待などを約束し、1924年、1928年と2度に渡るオリンピックチャンピオンとなり実力共に充分な条件を持って選出された。

出場国編集

第1回FIFAワールドカップは、以後の大会と異なり、出場権を賭けての地区予選は行われず、全てのチームは招待されて参加した。船での長旅のため、ほとんどのヨーロッパのチームが出場を辞退し、開催2ヶ月前の時点でユーラシア大陸からの参加チームは1つもなかった。当時のFIFAの会長、ジュール・リメが参加を呼びかけた結果、ベルギーフランスルーマニアユーゴスラビアの4カ国(すべて当時のフランスの同盟国)が参加に踏み切った。

また日本も招待されていたが、大日本蹴球協会は参加を見送った。その理由は、当時の日本国内が1927年昭和金融恐慌以来慢性的な不況であったため、同年の昭和恐慌発生でさらに経済状態が悪化していたため、そして、大日本蹴球協会自身も財政難であったためである。

出場選手は1930 FIFAワールドカップ参加チーム英語版を参照。

大陸連盟 出場
国数
出場国・地域 出場回数
CONMEBOL 7   ウルグアイ 初出場・開催国
  ブラジル 初出場
  アルゼンチン 初出場
  チリ 初出場
  パラグアイ 初出場
  ペルー 初出場
  ボリビア 初出場
UEFA 4   フランス 初出場
  ユーゴスラビア 初出場
  ベルギー 初出場
  ルーマニア 初出場
CONCACAF 2   メキシコ 初出場
  アメリカ合衆国 初出場
AFC 2   日本 出場撤退
  シャム 出場撤退
CAF 1   エジプト 出場撤退

本大会編集

 
決勝で使用されたボール

概要編集

13チームは4つのグループに分けられ、1930年7月13日のフランス対メキシコ戦で幕を開けた。フランス代表のリュシアン・ローランが最初の得点を挙げた。アメリカ代表バート・パテナウデがアメリカ対パラグアイ戦で初のハットトリックを記録し、チームも3対0で勝利した。グループを1位で通過したアルゼンチン、ユーゴスラビア、ウルグアイ、アメリカの4カ国が準決勝に進出した。

準決勝は、両試合とも6対1で決着がつき、アルゼンチン(対アメリカ)とウルグアイ(対ユーゴスラビア)が勝ち進んだ。準決勝で敗れた国同士による3位決定戦はこの大会では行われなかった[1]

7月30日モンテビデオエスタディオ・センテナリオで決勝戦が行われた。ウルグアイは4対2でアルゼンチンを下し、会長のジュール・リメから優勝杯を受け取った。後にリメの功績をたたえて優勝杯は、ジュール・リメ杯と呼ばれるようになる。

また全18試合で引き分けが一つもなかった。これは2018年ロシア大会に到るまで唯一の記録であり、FIFA主催の国際大会における引き分け無し試合の記録において、AFCアジアカップ2015(26試合)で破られるまで85年もの間世界記録だった[2](ちなみに、2014年ブラジル大会では12試合引き分け無し〈13試合目のイランナイジェリアで0-0の引き分け〉というこの大会に次ぐ記録が生まれている[3]。)

会場一覧編集

決勝の舞台となったエスタディオ・センテナリオはウルグアイ憲法発布100周年事業として建設。

センテナリオとはスペイン語で「100周年」を意味する単語である。

モンテビデオ
エスタディオ・センテナリオ エスタディオ・パルケ・セントラル エスタディオ・ポシトス英語版
収容人数: 90,000人 収容人数: 20,000人 収容人数: 10,000人
     
ウルグアイの開催都市 モンテビデオのスタジアム位置図

結果編集

グループリーグ編集

※試合開始日時はすべて現地時間(UTC-3:30)。

グループ 1編集

チーム
1   アルゼンチン 3 3 0 0 10 4 +6 6
2   チリ 3 2 0 1 5 3 +2 4
3   フランス 3 1 0 2 4 3 +1 2
4   メキシコ 3 0 0 3 4 13 −9 0


フランス   4 - 1   メキシコ
ローラン   19分
ランジェール   40分
マシノ   43分87分
レポート カレノ   70分
エスタディオ・ポシトス英語版モンテビデオ
観客数: 4,444人
主審:   Lombardi

フランス   0 - 1   アルゼンチン
レポート モンティ   81分


メキシコ   0 - 3   チリ
レポート スビアブレ   3分52分
ビダル   65分

チリ   1 - 0   フランス
スビアブレ   65分 レポート
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 2,000人
主審:   Tejada


メキシコ   3 - 6   アルゼンチン
M.ロサス   42分 (PK)65分
ガイオン   75分
レポート スタービレ   8分17分80分
スメルス   12分55分
バラージョ   53分
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 42,100人
主審:   Saucedo

アルゼンチン   3 - 1   チリ
スタービレ   12分13分
M.エバリスト   51分
レポート スビアブレ   15分
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 41,459人
主審:   Langenus


グループ 2編集

チーム
1   ユーゴスラビア 2 2 0 0 6 1 +5 4
2   ブラジル 2 1 0 1 5 2 +3 2
3   ボリビア 2 0 0 2 0 8 −8 0


ユーゴスラビア   4 - 0   ボリビア
ベク   60分67分
マリャノヴィッチ   65分
ヴヤディノヴィッチ   85分
レポート

ブラジル   4 - 0   ボリビア
モデラート   37分73分
プレギーニョ   57分83分
レポート
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 25,466人
主審:   Balway

グループ 3編集

チーム
1   ウルグアイ 2 2 0 0 5 0 +5 4
2   ルーマニア 2 1 0 1 3 5 −2 2
3   ペルー 2 0 0 2 1 4 −3 0

ルーマニア   3 - 1   ペルー
デス   1分
バルブ   85分
スタンシウ   85分
レポート ソウサ・フェレイラ   75分
エスタディオ・ポシトス英語版モンテビデオ
観客数: 2,549人
主審:   Warnken

ウルグアイ   1 - 0   ペルー
カストロ   65分 レポート
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 57,735人
主審:   Langenus

ウルグアイ   4 - 0   ルーマニア
ドラド   7分
スカローネ   26分
アンセルモ   31分
セア   35分
レポート

グループ 4編集

チーム
1   アメリカ合衆国 2 2 0 0 6 0 +6 4
2   パラグアイ 2 1 0 1 1 3 −2 2
3   ベルギー 2 0 0 2 0 4 −4 0

アメリカ合衆国   3 - 0   ベルギー
マギー   23分
フローリー   45分
パテナウデ   69分
レポート

アメリカ合衆国   3 - 0   パラグアイ
パテナウデ   10分15分50分 レポート

パラグアイ   1 - 0   ベルギー
バーガス・ペニャ   40分 レポート
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 12,000人
主審:   Vallarino

決勝トーナメント編集

準決勝 決勝
           
7月27日 - モンテビデオ    
   ウルグアイ 6
   ユーゴスラビア 1  
  7月30日 - モンテビデオ
   ウルグアイ 4
     アルゼンチン 2
7月26日 - モンテビデオ  
   アルゼンチン 6
   アメリカ合衆国 1  

※試合開始日時はすべて現地時間(UTC-3:30)。

準決勝編集


アルゼンチン   6 - 1   アメリカ合衆国
モンティ   20分
スコペジ   56分
スタービレ   69分87分
ペウチェレ   80分85分
レポート ブラウン   89分
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 72,886人
主審:   Langenus

ウルグアイ   6 - 1   ユーゴスラビア
セア   18分67分72分
アンセルモ   20分31分
イリアルテ   83分
レポート セクリッチ   4分

決勝編集


ウルグアイ   4 - 2   アルゼンチン
ドラド   12分
セア   57分
イリアルテ   68分
カストロ   89分
レポート ペウチェレ   20分
スタービレ   37分
エスタディオ・センテナリオモンテビデオ
観客数: 68,346人
主審:   Langenus
 
 
 
 
 
 
 
 
ウルグアイ
 
 
 
 
 
 
 
 
アルゼンチン
GK エンリケ・バレステロス
RB ホセ・ナサシ  
LB エルンスト・マスチェローニ
RH ホセ・アンドラーデ
CH ロレンソ・フェルナンデス
LH アルバロ・ヘスティード
OR パブロ・ドラド
IR エクトル・スカローネ
CF エクトル・カストロ
IL ペドロ・セア
OL サントス・イリアルテ
監督:
アルベルト・スピーシ
 
GK フアン・ボタッソ
RB ホセ・デラ・トーレ
LB フェルナンド・パテルノステル
RH フアン・エバリスト
CH ルイス・モンティ
LH アリコ・スアレス
OR カルロス・ペウチェレ
IR フランシスコ・バラージョ
CF ギジェルモ・スタービレ
IL マヌエル・フェレイラ  
OL マリオ・エバリスト
監督:
フランシスコ・オラサル
フアン・ホセ・トラムトラ

優勝国編集

 1930 FIFAワールドカップ優勝国 
 
ウルグアイ
初優勝

得点ランキング編集

順位 選手名 国籍 得点数
1 ギジェルモ・スタービレ   アルゼンチン 8
2 ペドロ・セア   ウルグアイ 5
3 ギジェルモ・スビアブレ   チリ 4
バート・パテナウデ   アメリカ合衆国
5 カルロス・ペウチェレ   アルゼンチン 3
プレギーニョ   ブラジル
ペレグリーノ・アンセルモ   ウルグアイ
イヴァン・ベク   ユーゴスラビア

脚注編集

  1. ^ FIFAはグループリーグおよび準決勝の成績を総合的に判断しアメリカを3位、ユーゴスラビアを4位と認定している。
  2. ^ “アジアカップ、20戦引き分けなし 85年ぶりに最長記録更新”. LINE NEWS. (2015年1月19日). https://news.line.me/detail/linenews/edcf64dbf19c 2022年9月24日閲覧。 
  3. ^ “Iran 0-0 Nigeria: Super Eagles play out World Cup's first goalless draw” (英語). MailOnline (Associated Newspapers Ltd). (2014年6月16日). http://www.dailymail.co.uk/sport/worldcup2014/article-2659372/Iran-0-0-Nigeria-Super-Eagles-play-World-Cups-goalless-draw.html 2015年1月19日閲覧。 

外部リンク編集