1931年のグランプリ・シーズン

1931年のAIACRヨーロッパ選手権
ドライバーズチャンピオン
Flag of Italy (1861–1946).svg フェルディナンド・ミノイヤ
前年: 無し 翌年: 1932
1931年のグランプリシーズン
前年: 1930 翌年: 1932

1931年のグランプリ・シーズンAIACRヨーロッパ・ドライバーズ選手権のタイトルが懸けられた最初のグランプリ・シーズンである。選手権はアルファコルセのフェルディナンド・ミノイヤが制したが、ミノイヤがシーズン中グランプリに勝利することは無かった。現在のFIA世界耐久選手権と同様に選手権は耐久レースで構成され、3つのグランプリは全て10時間の耐久レースとして行われた。長時間のグランプリを走り抜くため多くのチームが複数のドライバーでレースを戦った。

シーズン概要編集

シーズン開幕前、前年にアルファロメオでチームメイトのタツィオ・ヌヴォラーリと激しく争い、イタリア選手権を制したアキーレ・ヴァルツィブガッティに加入した。イタリアを代表するドライバーだったヴァルツィがフランスのメーカーと契約したことはイタリア国内で大きな物議をかもした。[1] このシーズン、アルファロメオは最初のモノポスト(シングルシーター)レースカーとなるアルファロメオ・ティーポA英語版を投入した。一方のブガッティは長年活躍してきたタイプ35の後継として新型の2.3Lブガッティ・タイプ51英語版を投入した。 注目されたヌヴォラーリとヴァルツィの対決だったが、両者はマシントラブルに悩まされ、最初のヨーロッパ選手権を制したのは堅実な成績を残したアルファロメオのミノイヤだった。 7月のドイツグランプリは雨のレースとなり、多くのドライバーが苦戦する中メルセデスSSK英語版に乗るルドルフ・カラツィオラがこのグラン・エプルーヴを制し、世界恐慌の中で悲惨な経済状況に苦しむドイツ国民に明るいニュースを届けた。カラツィオラはこの年のアヴスレンネンとアイフェルレンネンも制し一躍レース界の注目を集めることとなった。

ヨーロッパ選手権グランプリ編集

 
1931年モナコグランプリの勝者はブガッティルイ・シロンだった。
Rd 開催日 レース サーキット 優勝者 コンストラクター レポート
1 5月24日   イタリアグランプリ モンツァ・サーキット   ジュゼッペ・カンパーリ アルファロメオ 詳細
  タツィオ・ヌヴォラーリ
2 6月21日   フランスグランプリ リナ・モンレリ英語版   ルイ・シロン ブガッティ 詳細
  アキーレ・ヴァルツィ
3 7月12日   ベルギーグランプリ スパ・フランコルシャン   ウィリアム・グローバー=ウィリアムズ ブガッティ 詳細
  カベルト・コネッリ

非選手権グランプリ編集

黄色の背景はグラン・エプルーヴ

開催日 レース サーキット 優勝者 コンストラクター レポート
3月29日   チュニスグランプリ カルタゴ市街地コース   アキーレ・ヴァルツィ ブガッティ 詳細
4月6日   サン=ラファエルグランプリ サン=ラファエル市街地コース   フィリップ・エトンスラン ブガッティ 詳細
4月19日   モナコグランプリ モンテカルロ市街地コース   ルイ・シロン ブガッティ 詳細
4月26日   コッパ・ピエトロ・ボルディーノ アレッサンドリア市街地コース   アキーレ・ヴァルツィ ブガッティ 詳細
5月10日   タルガ・フローリオ グランデ・マドニエ   タツィオ・ヌヴォラーリ アルファロメオ 詳細
5月10日   ピカルディグランプリ ペロンヌ市街地コース   "イヴァネル" ブガッティ 詳細
5月17日   モロッコグランプリ アンファ市街地コース   スタニスラス・チャイコフスキー ブガッティ 詳細
6月6日   アイルランドグランプリ フェニックス・パーク   ノーマン・ブラック MG 詳細
6月7日   ジュネーヴグランプリ メイラン市街地コース   マルセル・ルー ブガッティ 詳細
6月7日   ローマグランプリ リットリオ・サーキット   アーネスト・マセラティ マセラティ 詳細
6月7日   リヴィウグランプリ リヴィウ市街地コース   ハンス・シュトゥック メルセデス・ベンツ 詳細
6月7日   アイフェルレンネン ニュルブルクリンク   ルドルフ・カラツィオラ メルセデス・ベンツ 詳細
7月5日   マルヌグランプリ ランス・グー   マルセル・ルー ブガッティ 詳細
7月5日   ヴォクリューズグランプリ アヴィニョン市街地コース   フレデリク・トセリ ブガッティ 詳細
7月19日   ドイツグランプリ ニュルブルクリンク   ルドルフ・カラツィオラ メルセデス・ベンツ 詳細
7月26日   ディエップ グランプリ ディエップ市街地コース   フィリップ・エトンスラン アルファロメオ 詳細
8月2日   コッパ・チアーノ英語版 モンテネーロ・サーキット   タツィオ・ヌヴォラーリ アルファロメオ 詳細
8月2日   アヴスレンネン アヴス   ルドルフ・カラツィオラ メルセデス・ベンツ 詳細
8月2日   ドーフィネグランプリ グルノーブル市街地コース   フィリップ・エトンスラン アルファロメオ 詳細
8月16日   コマンジュグランプリ サン=ゴーダンス市街地コース   フィリップ・エトンスラン アルファロメオ 詳細
8月16日   コッパ・アチェルボ英語版 ペスカーラ・サーキット   ジュゼッペ・カンパーリ アルファロメオ 詳細
9月6日   モンツァグランプリ モンツァ・サーキット   ルイジ・ファジオーリ マセラティ 詳細
9月13日   ラ・ボルグランプリ ラ・ボル市街地コース   ウィリアム・グローバー=ウィリアムズ ブガッティ 詳細
9月27日   チェコスロヴァキアグランプリ ブルノ市街地コース   ルイ・シロン ブガッティ 詳細
9月27日   ブリニョールグランプリ ブリニョール市街地コース   ルネ・ドレフュス ブガッティ 詳細
10月17日   マウンテン・チャンピオンシップ ブルックランズ   ヘンリー・バーキン マセラティ 詳細


1931年のドライバーズランキング編集

ミノイヤとカンパーリは同ポイントで選手権を終えたが、ミノイヤの合計走行距離がカンパーリを上回ったためミノイヤがチャンピオンとなる

順位 ドライバー ITA
 
FRA
 
BEL
 
Pts
1   フェルディナンド・ミノイヤ 2 6 3 9
2   ジュゼッペ・カンパーリ 1 2 Ret 9
3   バコーニン・ボルザッキーニ Ret 2 2 11
4   アルベール・ディーヴォ 3 7 Ret 12
=   ギ・ブリア 3 7 Ret 12
=   アキーレ・ヴァルツィ Ret 1 Ret 12
=   ルイ・シロン Ret 1 Ret 12
8   タツィオ・ヌヴォラーリ Ret 11 2 13
9   ジャン=ピエール・ウィミーユ 4 Ret 7 14
=   ジャン・グピア 4 Ret 7 14
=   ウィリアム・グローバー=ウィリアムズ Ret 1 14
=   カベルト・コネッリ Ret 1 14
13  [2] ボリス・イワノフスキ 5 Ret 5 15
=   アンリ・ストフェル 5 Ret 5 15
=   ジョヴァンニ・ミノッツィ 11 3 15
16   ヘンリー・バーキン 4 4 16
=   ジャン・ペサト 10 6 16
=   ピエール・フェリクス 10 6 16
=   ブライアン・ルイス 12 4 16
20   ピエトロ・ゲルシ 8 8 17
=   ロバート・セネカ 9 5 17
22   ゴッフレード・ゼンデル 6 Ret 18
23   クレメンテ・ビョンデッティ 3 19
=   ルイジ・パレンティ 3 19
25   フランセスコ・ピローラ 6 20
=   ジョヴァンニ・ルラーニ 6 20
=   アマデオ・ルジェッリ 7 20
=   レナート・バレストレーロ 7 20
=   ジョージ・イーストン 4 20
=   ルネ・ドレフュス 8 20
=   ルネ・フェラン 9 20
=   ルイ・リガル 9 20
=   アール・ハウ 12 20
34   ウンベルト・クリンガー 8 21
=   ロベルト・ディ・ヴェッキオ Ret 21
=   ジェローラモ・フェラーリ Ret 21
=   マルセル・ルー Ret Ret 21
=   フィリップ・エトンスラン Ret Ret 21
=   エミリオ・エミレンテ Ret 21
=   エドモン・ブーリエ Ret 21
=   ジョルジュ・ダルヌー Ret 21
=   マックス・フォーニ Ret 21
=   シャルル・モンティエ 8 21
=  ”ドゥコロンビエ” 8 21
=   フランソワ・モンティエ Ret 21
46   エンツォ・グリマルディ Ret 22
=  ”ボーゲ” Ret 22
=   ルイジ・ファジオーリ Ret 22
=   アーネスト・マセラティ Ret 22
=   ルドルフ・カラツィオラ Ret 22
=   オットー・メルツ Ret 22
52   アルフレド・カニャート Ret 23
=  ”トルティーニ” Ret 23
=   ウィリアム・スコット Ret 23
=  S. アームストロング-パイン Ret 23
=   ジャック・ダンフィー Ret 23
順位 ドライバー ITA
 
FRA
 
BEL
 
Pts
結果 ポイント
金色 勝者 1
銀色 2位 2
銅色 3位 3
レースの75%以上を消化 4
レースの50%以上 75%未満を消化 5
レースの25%以上 50%未満を消化 6
レースの25%未満を消化 7
失格 8
参加せず 8

参考文献編集

Etzrodt, Hans. “Grand Prix Winners 1895–1949 : Part 2 (1919–1933)”. The Golden Era of Grand Prix Racing. 2007年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月4日閲覧。

Galpin, Darren. “1931 Grands Prix”. The GEL Motorsport Information Page. 2007年8月4日閲覧。

脚注編集

  1. ^ ノイバウア, アルフレッド『スピードこそ我が命』橋本茂春訳、荒地出版社、1968年、30頁。
  2. ^ イワノフスキはロシア国籍だが、ロシア革命のために亡命中だった