1931年のル・マン24時間レース

1931年のル・マン24時間レース
前年: 1930 翌年: 1932

1931年のル・マン24時間レース24 Heures du Mans 1931 )は、9回目[1]ル・マン24時間レースであり、1931年6月13日から6月14日にかけてフランスのサルト・サーキットで行われた。

1931年のコース

概要編集

ヨーロッパの経済状況は深刻[2]で、出走したのは26台[1][2][3]に留まった。

メルセデス・ベンツはSSKという超高性能スポーツカーを作り上げ、他のスポーツカーレースで連戦連勝してル・マンに乗り込んで来た[4]

完走したのは6台[1][3]で、これは2014年のル・マン24時間レースに至るまで史上最小台数記録である。

ハウ卿(Lord Howe )/ヘンリー・バーキン(Henry Birkin )組のアルファロメオ・8C[1]が24時間で3,017.654km[1][2][3][注釈 1]を平均速度125.735km/h[1]または125.37km/h[2]で走って優勝した[1][2]。メルセデス・ベンツ・SSKはありあまる出力が災いしてタイヤの摩耗に悩まされ、2位に終わった[4]

この頃からドイツではアドルフ・ヒトラーが台頭してグランプリレースに力を入れるようになり、その後援を受けてメルセデス・ベンツやアウトウニオンが我が物顔で走るグランプリレースでは勝ち目がなくなったメーカーがドイツ勢が出場しなくなったル・マンに集まったため、参加台数は減らなかった。

順位 クラス 号車 チーム ドライバー シャシ エンジン 周回数
1 3.0 16   ハウ卿
  •   ハウ卿
  •   ヘンリー・バーキン
アルファロメオ・8C2300LM アルファロメオ 2.3リットル直列8気筒スーパーチャージャー 184
2 8.0 1   Boris Ivanowski
  •   Boris Ivanowski
  •   Henri Stoffel
メルセデス・ベンツ・SSK メルセデス・ベンツ 7.1リットル直列6気筒スーパーチャージャー 177
3 3.0 11   Arthur W. Fox & Charles Nicholl
  •   Tim Rose-Richards
  •   Owen Saunders-Davies
タルボ・AV105 タルボ 3.0リットル直列6気筒 173
4 5.0 9   Henri Trébort
  •   Henri Trébort
  •   Louis Balart
ロレーヌ・ディートリッシュ・B3-6 ロレーヌ・ディートリッシュ 3.4リットル直列6気筒 150
5 1.5 25   アストンマーティン
  •   A.C. Bertelli
  •   Maurice Harvey
アストンマーティン・1½インターナショナル アストンマーティン 1.5リットル直列4気筒 139
6 1.1 29   Yves Giraud-Cabantous
  •   Just-Emile Vernet
  •   Fernand Vallon
Caban Spéciale ルビー 1.1リットル直列4気筒 128

注釈編集

  1. ^ 総合優勝車の走行距離が3,000kmを超えたのは初めて。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』p.223「資料1」。
  2. ^ a b c d e 『ル・マンの英国車』pp.20-21「1931」。
  3. ^ a b c 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』pp.298-303。
  4. ^ a b 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』pp.27-154「ルマン24時間レースの歴史」。

参考文献編集