メインメニューを開く

1932年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団

1932年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団は、1932年アメリカ合衆国ロサンゼルスで行われた1932年ロサンゼルスオリンピックの日本選手団。なお、ここでは台湾・朝鮮出身者も掲載される。選手名及び所属は1932年当時のもの

オリンピックの日本選手団
Flag of Japan (1870–1999).svg
日章旗
IOCコード JPN
NOC 日本オリンピック委員会
公式サイト
1932年ロサンゼルスオリンピック
人員: 選手 131名、役員 61名
旗手: 織田幹雄
メダル
国別順位: 5 位

7

7

4

18
夏季オリンピック日本選手団
1912192019241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921996200020042008201220162020
冬季オリンピック日本選手団
19241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921994199820022006201020142018

メダル獲得者編集

金メダル編集

 
競泳800mリレー。右から横山、豊田、遊佐、宮崎

銀メダル編集

銅メダル編集

陸上競技編集

役員:山本忠興
役員:山岡慎一
役員:三浦義雄
役員:馬場譲
役員:蓮見宏
役員:沖田芳夫
役員:小山濠一
役員:高田通
嘱託:古川義三郎
嘱託:春日弘
嘱託:大川宏三
嘱託:加賀一郎
シャペロン:塚生艶

男子編集

  • 阿武巌夫(慶大)
    • 男子100m:2次予選落ち(記録無し)
  • 吉岡隆徳(東京高師)
    • 男子100m:6位(10秒80)
    • 男子200m:2次予選落ち(記録無し)
  • 金恩培(養正高普)
    • 男子マラソン:6位(2時間37分28秒)
  • 権泰夏(明大出)
    • 男子マラソン:9位(2時間42分52秒)
  • 佐々木吉蔵(東京高師)
    • 男子100m:1次予選欠場
  • 住吉耕作(早大)
    • 男子やり投げ:8位(61m14cm)
  • 小野操(慶大)
    • 男子走り高飛び:7位(1m90cm)
  • 織田幹雄(大阪朝日)
    • 男子三段跳び:12位(13m97cm)
  • 西貞一(同大)
    • 男子200m:2次予選落ち(記録無し)
  • 西田修平(早大)
    • 男子棒高跳び:銀メダル(4m30cm)
  • 増田礒(会社員)
    • 男子400m:2次予選棄権(記録無し)
  • 大島鎌吉(関大)
    • 男子三段跳び:銅メダル(15m12cm)
  • 大木正幹(法大)
    • 男子400m:2次予選落ち(記録無し)
  • 竹中正一郎(慶大)
    • 男子10000m:11位(記録無し)
    • 男子5000m:12位
  • 中島亥太郎(早大)
    • 男子200m:2次予選落ち(記録無し)
  • 張星賢(早大)
    • 男子400m:1次予選落ち(記録無し)
    • 男子400mハードル:予選落ち(記録無し)
  • 長尾三郎(関西大)
    • 男子やり投げ:10位(59m83cm)
  • 長尾雄治(明大)
    • 男子ハンマー投げ:10位(43m41cm)
  • 津田晴一郎(会社員)
    • 男子マラソン:5位(2時間35分42秒)
  • 田島直人(京大)
    • 男子走り幅跳び:6位(7m15cm)
  • 藤田辰三(東京文理大)
    • 男子110mハードル:準決勝落選(15秒1)
  • 南部忠平(会社員)
    • 男子三段跳び:金メダル(15m72cm)
    • 男子走り幅跳び:銅メダル(7m45cm)
  • 望月倭夫(東京高師)
    • 男子棒高跳び:5位(4m00cm)
  • 北本正路(慶大)
    • 男子10000m:10位(記録無し)
    • 男子5000m:棄権(記録無し)
  • 木村一夫(早大)
    • 男子走り高飛び:6位(1m94cm)
  • 落合正義(明大)
    • 男子ハンマー投げ:12位(41m00cm)
  • 阿武巌夫中島亥太郎南部忠平吉岡隆徳
    • 男子4×100mリレー:5位(41秒3)
  • 大木正幹中島亥太郎西貞一増田礒
    • 男子4×400mリレー:5位(3分14秒6)

女子編集

 
シルビア・シドニーと400mリレー女子チーム。左から土倉、中西、村岡、渡辺
  • 広橋百合子(羽咋高女)
    • 女子走り高跳び:8位(1m50cm)
  • 柴田タカ(山形女師)
    • 女子100m:予選落ち(記録無し)
  • 真保正子(泉尾高女教)
    • 女子やり投げ:4位(39m07cm)
  • 石津光恵(山中高女)
    • 女子やり投げ:8位(30m81cm)
    • 女子円盤投げ:7位(33m52cm)
  • 相良八重(女子体専)
    • 女子走り高跳び:9位(1m46cm)
  • 中西みち(京都二条高女)
    • 女子80mハードル:予選途中棄権
  • 渡辺すみ子(名古屋高女)
    • 女子100m:準決勝落選(12秒8)
  • 土倉麻(京都一女)
    • 女子100m:予選落ち(記録無し)
  • 土倉麻中西みち村岡美枝(愛知一女)・渡辺すみ子
    • 女子4×100mリレー:5位(50秒2)

水泳編集

役員:松沢一鶴
役員:野田一雄
役員:杉本伝
役員:島崎保正
役員:野村憲夫
役員:安部輝太郎
役員:白山源三郎
役員:柳田亨
シャペロン:白山広子
嘱託:田中慶雄
嘱託:深山杲

競泳編集

  • 横山隆志(早大)
    • 男子400m自由形:4位(4分52秒5)
  • 河石達吾(慶大)
    • 男子100m自由形:銀メダル(58秒6)
  • 河津憲太郎(明大)
    • 男子100m背泳ぎ:銅メダル(1分10秒0)
  • 宮崎康二(浜松一中)
    • 男子100m自由形:金メダル(58秒2)
  • 高橋善次郎(早高)
    • 男子100m自由形:5位(59秒2)
  • 小池礼三(沼津商)
    • 男子200m平泳ぎ:銀メダル(2分46秒6)
  • 杉本盛(日大)
    • 男子400m自由形:5位(4分56秒1)
  • 清川正二(名古屋高商)
    • 男子100m背泳ぎ:金メダル(1分08秒6)
  • 石原田愿(明大)
    • 男子1500m自由形:準決勝4位(20分31秒2)
  • 大横田勉(明大)
    • 男子400m自由形:銅メダル(4分52秒3)
  • 中川重雄(会社員)
    • 男子200m平泳ぎ:6位(2分52秒8)
  • 鶴田義行(会社員)
    • 男子200m平泳ぎ:金メダル(2分45秒4)
  • 入江稔夫(早大)
    • 男子100m背泳ぎ:銀メダル(1分09秒8)
  • 北村久寿雄(高知商)
    • 男子1500m自由形:金メダル(19分12秒4)
  • 牧野正蔵(見付中)
    • 男子1500m自由形:銀メダル(19分14秒1)
  • 豊田久吉(日大)・宮崎康二遊佐正憲(日大)・横山隆志
    • 男子4×200m自由形リレー:金メダル(8分58秒4)
  • 高石勝男(会社員)
    • 競泳:出場せず
  • 武村清(明大)
    • 競泳:出場せず
  • 武村寅雄(明大)
    • 競泳:出場せず
  • 片山兼吉(明大)
    • 競泳:出場せず
  • 鈴木政雄(明大)
    • 競泳:出場せず

飛込編集

  • 小林一男(大阪)
    • 男子飛板飛込:6位(133.76)
  • 生江哲太郎(明大)
    • 男子飛板飛込:8位(125.18)
  • 石田英勝(飛行学校)
    • 男子高飛込:8位(75.92)
  • 鎌倉悦子(清水谷高女)
    • 女子高飛込:6位(31.36)
    • 女子飛板飛込:7位(60.78)

水球編集

体操編集

役員:大谷武一
役員:高木武夫
役員:下津屋俊夫
役員:二宮文右衛門

ボクシング編集

役員:宮沢孝
役員:石川輝
役員:下田辰雄

  • 黄乙秀(明大)
    • ライト級:1回戦敗退
  • 亀岡勝雄(日大)
    • フェザー級:1回戦敗退
  • 村上清信(会社員)
    • フライ級:1回戦敗退
  • 中尾明(会社員)
    • バンタム級:1回戦敗退
  • 平林愛国(明大)
    • ウエルター級:1回戦敗退

レスリング編集

役員:佐藤信一

  • 加瀬清(立大)
    • グレコローマンフェザー級:3回戦敗退
  • 河野芳男(明大)
    • フリースタイルウエルター級:2回戦敗退
  • 吉田四一
    • グレコローマンウエルター級:2回戦敗退
  • 宮崎米一(早大出)
    • グレコローマンライト級:3回戦敗退
  • 小谷澄之(在米)
    • フリースタイルミドル級:3回戦敗退
  • 八田一朗(早大出)
    • フリースタイルフェザー級:2回戦敗退
  • 鈴木英太郎(在米)
    • フリースタイルライト級:2回戦敗退

ホッケー編集

役員:広瀬藤四郎

ボート編集

役員:東俊郎
役員:椋原政治
役員:松島孝二郎
役員:永井久雄
役員:綾井寅吉
嘱託:深沢政介
嘱託:富田勝善

馬術編集

役員:大島又彦
役員:遊佐幸平
嘱託:横沢格蔵

  • 今村安(騎兵少佐、馬名:ソンネボーイ)
    • 障害飛越個人:失権
  • 山本盛重(学習院講師、馬名:錦郷)
    • 総合馬術個人:7位
  • 城戸俊三(騎兵少佐、馬名:久軍)
    • 総合馬術個人:失権
  • 西竹一(騎兵中尉、馬名:ウラヌス
    • 障害飛越個人:金メダル
  • 奈良太郎(騎兵大尉、馬名:孫神)
    • 総合馬術個人:失権
  • 吉田重友(騎兵少佐)
    • 障害飛越:出場せず

芸術編集

神津港人(芸術競技役員)

本部編集

団長:平沼亮三
本部役員:今村次吉(兼レスリング役員)
本部役員:郷隆
本部役員:高島文雄
本部役員:佐藤武雄
本部役員:渋谷寿光
本部役員:田畑政治(兼水泳役員)
本部役員:野津謙
本部役員:野口岩三郎
本部役員:李相佰
本部役員:斎藤一男(嘱託)
本部役員:川澄公明
本部役員:ダーギン
本部役員:中野五郎
本部役員:塩原禎三

ほかにIOC2名嘉納治五郎岸清一含む

出来事編集

日本からアメリカへ向かう船中で、乗り合わせたインドグル・ガット・ソンディ英語版が「インドはアーリア人でアジアの連中とは人種が違う、日本人蒙古の出身だ」と発言し、日本選手一同は憤激、前回アムステルダム大会の金メダリストという誇りを持っていた鶴田義行はソンディを海に投げ込もうとした[1]。ソンディが謝罪したことで事なきを得たが、当時の国際社会における日本人の評価を窺える出来事となった[1]

日本選手団、特に競泳での活躍は日系アメリカ人に大きな影響を与えた[2]。前年の日米対抗水上競技会で日本人がアメリカ人に勝てることは日系人の間でも知られていたが、一部には実力を疑う人もおり、ある日系二世の若い女性は「日本人が白人に勝てるわけがない。勝つとか強いとか言って歓迎会をやってもらいたいのじゃないか。」と発言して高橋成夫を怒らせた[3]。彼女らはオリンピックでの日本選手の活躍に驚嘆し、終了後の歓迎会では口々に先の非礼を詫び、「祖国を見直した。本当にありがとう。」と感謝した[4]。またある初老の日系一世の男性は田畑政治に握手を求め、「これまで街中で『お前は日本人か』と白人に問われても迫害を受けると思って無視していた。さっき道の真ん中で聞かれ、『そうだ、俺は日本人だ』と答えたら『日本の水泳選手は素晴らしい、おめでとう』と手を握られた。アメリカに渡って27年、俺は日本人だと腹の底から口に出してこんなに嬉しいことはなかった。」と熱く語った[5]。帰国途上で寄港したハワイでも、現地在住の東本願寺の僧から「日本人として肩身が広くなった。どれだけハワイの邦人が自信を増したかわからない。」と感謝された[6]。この経験を通して田畑はスポーツを通した相互理解、勝つことのすばらしさを実感し、オリンピックを重視する姿勢の基礎となった[7]

脚注編集

  1. ^ a b 杢代 2018, p. 73.
  2. ^ 杢代 2018, pp. 74-77.
  3. ^ 杢代 2018, p. 74.
  4. ^ 杢代 2018, pp. 74-75.
  5. ^ 杢代 2018, pp. 75-76.
  6. ^ 杢代 2018, pp. 76-77.
  7. ^ 杢代 2018, p. 77.

参考文献編集

  • 日本オリンピック委員会監修 『近代オリンピック100年の歩み』 ベースボール・マガジン社、1994年。
  • 杢代哲雄『評伝 田畑政治 オリンピックに生涯をささげた男』国書刊行会〈新装版〉、2018年6月25日、289頁。ISBN 978-4-336-06267-3

外部リンク編集