1933年東京市会議員選挙

1933年東京市会議員選挙(1933ねんとうきょうしかいぎいんせんきょ)は、東京市の議決機関である東京市会を構成する議員を全面改選するため、1933年3月16日に投票が行われた選挙である。

1933年東京市会議員選挙
1932年 ←
1933年3月16日
→ 1937年

改選数 144
選挙制度 中選挙区制
Tokyo City Council election, 1933.svg
選挙後の党派別勢力図

投票率 60.2%
  第1党 第2党 第3党
 
政党 立憲政友会 立憲民政党 国民同盟
獲得議席 66 61 5

  第4党
 
政党 社会大衆党
獲得議席 2

選挙前市会議長

大神田軍治
立憲民政党

選出市会議長

森俊成
立憲政友会

概要編集

東京市が1932年に周辺5郡82町村を新たな市域として編入して15区から35区体制になってから、はじめて全144議席を改選する総選挙として実施された(編入された新20区では1932年に市議60名を選出している)。1933年3月16日に投票が実施され、翌日3月17日午前8時から無投票となった大森区蒲田区を除く市内33か所の開票所で開票された[1]。悪戯投票が近年になく多かったと報じられており、「荒木陸相」が各区で10票ほどあり、「ヒツトラー」「張學良」「水谷八重子」といったものも各区で見つかった。また「佐野学」や「河上肇」といった赤系統の票もあった[2]

基礎データ編集

  • 投票日:1933年3月16日
  • 議員定数:144名
  • 選挙区:35選挙区

選挙結果編集

  • 投票率:60.2%[3]
党派別当選者数[2]
党派 候補者数 当選者数
立憲政友会 117 66
立憲民政党 121 61
国民同盟 14 5
社会大衆党 11 2
  地方無産系 5 0
  中立クラブ(無所属) 32 10
合計 300 144

当選した議員編集

 立憲政友会   立憲民政党   国民同盟   社会大衆党   中立(無所属) 

麹町区 池田清秋 牛塚虎太郎 神田区 高橋秀臣 赤塚五郎 深沢豊太郎 桑原信助 鈴木正之助
日本橋区 渡辺秀雄 大野菊三 野波淳 河鰭義三郎 京橋区 篠原虎之輔 早川庄太郎 富田富治郎 中南定太郎 黒田保次
芝区 箱田市蔵 黒井直良 川手忠義 畔高定行 中塚栄次郎 麻布区 小久保時之助 村松恒一郎 中村又一
塩坂雄策
赤坂区 羽田如雲 中西敏二 四谷区 橋本祐幸 本田義成 広瀬喜之助
牛込区 島田辰太郎 菊池民一 横井春野 溝口新
小石川区 松永東 北川栄次郎 田仲忠左衛門 川口寿 森脇源三郎 本郷区 友成四郎 杉ノ原英太郎 安部利七 高崎高次郎 豊島茂一
下谷区 長野高一 森富太 倉持忠助 田代義徳 小野利三郎 浅草区 茂木太市 松崎権四郎 伊藤仁太郎 山室仁太郎 鈴木慶四郎
中林軍平 加藤栄助 鮎貝昌蔵 有竹雅巳
本所区 糟谷磯平 小俣政一 森兼道 杉野善作 井田友平 深川区 浅沼稲次郎 一又安平 本多市郎 広瀬新平 宮村亀一
滝沢七郎 赤羽弥吾司 阿部茂夫 中西雄洞
品川区 大橋清太郎 石原永明 中島勝五郎 松原伝吉 仲沢芳朗 荏原区 山口直 伊藤武七郎 鏑木小平次
目黒区 須田明治 神山錠五郎 加藤栄助 大森区 横溝直也 酒井熊次郎 山本半蔵 田中祐貞
蒲田区 代田朝義 吉田直治 世田谷区 鈴木堅次郎 河野惣八 広川弘
渋谷区 朝倉虎治郎 辰野保 平川進市郎 川田友之 石原勘右衛門 淀橋区 萩島茂留 佐藤栄志 市倉兼吉 小針孫太郎
中野区 森俊成 小池長太郎 花村四郎 杉並区 内田秀五郎 浅川保平 高橋徳三郎
豊島区 中村梅吉 鏑木由七郎 山口玉造 滝沢竜太郎 笠井重治 滝野川区 浅香銀治郎 戸枝常太郎 横瀬精一
須藤喜三郎
荒川区 天野頼義 林連 田中栄蔵 山口久太郎 丸山秀天 王子区 小川紋太郎 高木惣市 江口義一
遠山丙市 吉田次郎八
板橋区 鈴木義顕 瀬田醻一 篠房輔 足立区 吉田四郎平 板垣信春 千ケ崎嘉助
向島区 小野内寿松 有馬秀雄 大澤梅次郎 小宮次郎七 城東区 山田清 鈴木菊太郎 宇田川啓輔 綾井樹
葛飾区 奥田重兵衛 安藤徳雄 江戸川区 田中源 島田文治

脚注編集

出典編集

  1. ^ 東京朝日新聞1933年3月17日付夕刊1面「大東京発の市議選挙 けふ一齊に開票 政、民勝敗を争う:午後三時までの形勢」
  2. ^ a b 東京朝日新聞1933年3月18日付2面「大東京市議選終る 政友六六=民政六一」
  3. ^ 沖田哲也「戦前期の地方議会選挙-政党内閣期普選の地方選挙-」『明治大学社会科学研究所年報』第25巻、明治大学社会科学研究所、1985年1月、 149-159頁、 ISSN 0465-6091NAID 120005259308

参考文献編集