1936年のNFLドラフト(1936ねんのNFLどらふと)は、1936年2月8日に開催された第1回目のNFLドラフトペンシルベニア州フィラデルフィアザ・リッツ・カールトンホテルで開催された[1]。それまで各チームは自由競争で新人選手を獲得していたが、契約金の高騰を避けるために北米4大プロスポーツリーグであるNBANHLMLBより早くドラフト制度が導入された[2]

1936年のNFLドラフト
日程 1936年2月8日
開催地 フィラデルフィア
会場 ザ・リッツ・カールトンホテル
指名数 9巡81名
全体1位指名
ジェイ・バーワンガー(HB)
1937 »

1935年5月19日、NFL各チームのオーナーが会合を行い、1936年よりドラフトを開催することを決定した。後にNFLコミッショナーとなるバート・ベルも含む彼らは、前年の成績が下位のチームから大学の有望選手を指名していき、NFLチャンピオンとなったチームが最後に指名する制度を導入することを決定した。

背景には、資金力のあるチームにばかり有望な選手が入団することで、上位チームと下位チームの戦力格差が拡大される悪循環を絶ち、NFLへのファンの興味を引きつける目的でスタートした[3]。この時代はテレビが普及しておらず、NFL各チームは収入の大半をスタジアムを訪れた観客に依存していた[4]

1935年シーズン、2勝9敗と最下位に終わったフィラデルフィア・イーグルスが全体1位指名権を獲得した。この年のドラフトのみが9巡までの指名となり、翌年の1937年のNFLドラフトからは10巡まで選手が指名されることとなった。全体1位ハイズマン賞受賞者のジェイ・バーワンガーが指名されたが、彼はNFLでプレーすることはなかった。イーグルスは彼を指名した後、彼との交渉権をシカゴ・ベアーズにトレードし、タックルのアート・バスを獲得した。ベアーズのオーナー、ジョージ・ハラスもバーワンガーとの契約には至らなかった。バーワンガーは後にNFLでプレーするよりもビジネスに興味を持っており、契約金が十分な額ではなかったことを語っている[5]。全体2位で指名されたライリー・スミスがNFLドラフトで最初に指名されてプレーしたNFL選手である。

ポジション別指名選手

編集

81名の選手のポジションは次のとおりである。

1巡指名選手

編集
指名順位 チーム 選手名 ポジション 出身大学
1 フィラデルフィア・イーグルス ジェイ・バーワンガー HB シカゴ大学
2 ボストン・レッドスキンズ ライリー・スミス QB アラバマ大学
3 ピッツバーグ・パイレーツ ビル・シェークスピア B ノートルダム大学
4 ブルックリン・ドジャース ディック・クレイン FB アイオワ大学
5 シカゴ・カージナルス ジミー・ローレンス WB TCU
6 シカゴ・ベアーズ ジョー・スタイドハー T ウェストバージニア大学
7 グリーンベイ・パッカーズ ラス・レトロー G サンフランシスコ大学
8 デトロイト・ライオンズ シド・ワグナー G ミシガン州立大学
9 ニューヨーク・ジャイアンツ アート・ルイス T オハイオ大学

2巡指名選手

編集
指名順位 チーム 選手名 ポジション 出身大学
10 フィラデルフィア・イーグルス ジョン・マコーリー B ライス大学
11 ボストン・レッドスキンズ キース・トッピング E スタンフォード大学
12 ピッツバーグ・パイレーツ レン・バーナム B ウェストバージニア大学ウェズリアン校
13 ブルックリン・ドジャース バーナル・ルボア B ミネソタ大学
14 シカゴ・ベアーズ エド・マイケルズ G ビラノバ大学
15 シカゴ・カージナルス ゴマー・ジョーンズ C オハイオ州立大学
16 グリーンベイ・パッカーズ J・W・ウィーラー T オクラホマ大学
17 デトロイト・ライオンズ チャック・チェシャー B UCLA
18 ニューヨーク・ジャイアンツ タフィ・リーマンズ FB ジョージワシントン大学

3巡指名選手

編集
指名順位 チーム 選手名 ポジション 出身大学
19 フィラデルフィア・イーグルス ウェズ・ミュラー C スタンフォード大学
20 ボストン・レッドスキンズ エド・スミス BB ニューヨーク大学
21 ピッツバーグ・パイレーツ ボビー・グレイソン B スタンフォード大学
22 ブルックリン・ドジャース ワグナー・ヨーゲンセン C セント・メアリーズ大学
23 シカゴ・カージナルス エディ・エルデラッツ E セント・メアリーズ大学
24 シカゴ・ベアーズ ジョージ・ロスコー B ミネソタ大学
25 グリーンベイ・パッカーズ バーニー・シェラー E ネブラスカ大学
26 デトロイト・ライオンズ アンディ・ピルニー B ノートルダム大学
27 ニューヨーク・ジャイアンツ フランク・ローブス E パデュー大学

4巡以降の主な指名選手

編集
指名順位 チーム 選手名 ポジション 出身大学
31 ブルックリン・ドジャース ベア・ブライアント E アラバマ大学
49 ブルックリン・ドジャース ジョー・マニアシ B フォーダム大学
65 ボストン・レッドスキンズ ウェイン・ミルナー E ノートルダム大学
78 シカゴ・ベアーズ ダン・フォートマン G コルゲート大学

複数選手が指名された大学

編集
指名者数 大学名
7 スタンフォード大学
6 ミネソタ大学
5 ノートルダム大学, 南メソジスト大学
3 アラバマ大学, コルゲート大学, プリンストン大学, ライス大学, セント・メアリーズ大学, テキサスクリスチャン大学
2 ミシガン州立大学, ノースウェスタン大学, オハイオ州立大学, オレゴン大学, パデュー大学, ワシントン州立大学

殿堂入り選手

編集

この年のドラフトで指名された選手のうち、4名がプロフットボール殿堂入りを果たしている。

脚注

編集
  1. ^ 1936 - The NFL's First Draft”. プロフットボール殿堂. 2020年6月10日閲覧。
  2. ^ 今季は約8.9億円から11万円も… 50年を超えるMLBドラフトの歩み”. Full-Count (2018年7月6日). 2020年6月10日閲覧。
  3. ^ 運営システム”. NFL JAPAN. 2020年6月10日閲覧。
  4. ^ 大坪正則 (2007年5月18日). “完全ウエーバー式ドラフトとは何か?”. イミダス. 2020年6月10日閲覧。
  5. ^ ホントにあったウソみたいな話:NFLドラフトの珍事17選【第2回】”. スポーティングニューズ (2018年4月25日). 2020年6月10日閲覧。

外部リンク

編集