メインメニューを開く

1940年札幌オリンピック

1940年(昭和15年、皇紀2600年)に札幌市で開催される予定だった冬季オリンピック、支那事変のため中止された

1940年札幌オリンピック(1940ねんさっぽろオリンピック)は、1940年昭和15年)2月3日から12日まで日本北海道札幌市で開催予定だった第5回冬季オリンピックである。開催されれば日本初・アジア初の冬季オリンピックとなる予定であったが、日中戦争支那事変)の戦局の影響などにより日本が開催権を返上し実現しなかった。

1940年札幌オリンピック
第5回オリンピック冬季競技大会
V Olympic Winter Games
開催都市 日本の旗 日本 札幌
参加国・地域数 開催権返上により未開催
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

概要編集

開催決定に至る経緯編集

1936年のベルリンで開催された国際オリンピック委員会(IOC)総会で、1940年夏季オリンピックの開催地が日本の東京に決定し、当時のオリンピック憲章では夏季オリンピック開催国が冬季オリンピックの開催地の優先権を認められておりそれに向けて全日本スキー連盟は札幌、日本スケート連盟は東京に近い日光を適切地と考えその後霧ヶ峰乗鞍志賀高原菅平が開催地に立候補し、日本体育協会は1936年3月18日の「冬季競技調査委員会」にて札幌を第一候補に決定した[1]

しかしガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピックにて有力なスキー選手が出場不能となった要因であるアルペンスキーのインストラクターをプロ選手としてオリンピック出場資格を与えない方針のIOCと反対する国際スキー連盟(FIS)の対立や日本への開催能力不足への懸念、ノルウェーからの強い開催主張により議論となり[2]、1937年ワルシャワでのIOC総会にて以下の条件付きで札幌での開催を仮決定した[3]

  • 日本の開催困難が来年3月のIOCカイロ総会までに決定的となった場合はノルウェーでの開催とする
  • 副島伯(副島道正)はノルウェーの開催意思を日本へ持ち帰りなるべくノルウェーに開催権を譲るべき事を伝える
  • ノルウェーは夏冬のオリンピックを切り離すオリンピック憲章改正案をカイロ総会まで保留する

その後中島公園への屋外スケートリンク建設や神社山でのボブスレーコース測量、無線電話やテレビ放送の研究等といった準備を進め[4]、1938年1月にはガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピックを監督し東京オリンピックの技術顧問を務めるヴェルナー・クリンゲベルクが札幌の準備状況を視察したが問題を指摘する発言は見られなかった[1]

1938年3月、カイロでのIOC総会ではクリンゲベルクの支持に加え「札幌グランドホテルの100名分増築」「高等小学校を新築し選手村に充当する」「選手待遇費として一人頭500円を外来選手役員に支出する」といった支援策を表明し札幌での開催が正式決定した[1]

開催権返上に至る経緯編集

当時、日中戦争の戦局がますます激化・泥沼化していくなか、陸軍を中心に物資調達面の障害になることを懸念されたことや、日中戦争の交戦国である中華民国の選手団の出場問題などを巡り、国の内外から開催反対の意見が相次いだ。この他前述のIOCとFISのアマチュア規定をめぐる対立に伴いスキー競技を行わない方針もあり大会の失敗も危惧された[5]。日本側も欧米各国のスキー連盟役員らにスキー競技の復活を訴えかけ賛同を得ていたものの[1]、1938年7月14日に厚生省の会議で開催権返上を決定し翌日の閣議で返上を正式決定した[4][2]

代替開催計画と中止編集

国際オリンピック委員会は札幌に代えてサンモリッツスイス)、さらにはガルミッシュ=パルテンキルヒェンドイツ)を指名したが、1939年9月の第二次世界大戦の勃発により、こちらも中止のやむなきに至っている。なお、冬季大会は夏季大会とは異なり、開催されなかった大会は第1回からの通し番号(回次)がつかないため、公式的にも「幻のオリンピック」となった。

再開催編集

第5回冬季オリンピックは第二次世界大戦の終結後、1948年に中立国として第二次世界大戦に参戦しなかったスイスサンモリッツで開催された。札幌での開催は、1964年夏季オリンピックの東京開催決定をきっかけに1961年に1968年の開催を目標に招致委員会を設立し同大会の招致は失敗したものの1966年に1972年冬季オリンピックの招致を成功させ中止から32年後に実現した[2][6]

主な実施会場計画編集

  • 円山競技場 - 開閉会式[7]
  • 中島公園 - スケート(屋内・屋外スケート競技場を新設)[7]
  • 大倉山シャンツェ - スキージャンプ[7]
  • 手稲山 - スキー滑降[7]
  • 神社山 - ボブスレー[4]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集