1945年イギリス総選挙

1945年イギリス総選挙(1945ねんイギリスそうせんきょ、英語: 1945 United Kingdom general election)は、1945年7月5日イギリスで行われた議会庶民院)議員の総選挙である。

1945年イギリス総選挙
1945 United Kingdom general election
イギリス
1935年 ←
1945年7月5日
→ 1950年

内閣 第1次チャーチル内閣
解散日 1945年6月15日
公示日 1945年6月15日
改選数 640
選挙制度 単純小選挙区制
有権者 有権者を参照
有権者数 47,587,254
Composition of the Commons in 1945.svg
選挙後の党派別勢力図

投票率 72.8%(増加01.7%)
  第1党 第2党
  Person attlee2.jpg Sir Winston Churchill - 19086236948 (cropped2).jpg
党首 クレメント・アトリー ウィンストン・チャーチル
政党 労働党 保守党
党首就任 1935年10月英語版 1940年10月
党首選挙区 ライムハウス ウッドフォード
前回選挙 154 386
獲得議席 393 197
議席増減 増加0239 減少0189
得票数 11,967,746 8,716,211
得票率 47.7% 36.2%
得票率増減 増加09.7% 減少015.6%

  第3党 第4党
  The Air Ministry, 1939-1945. CH10270 – Edit 1.jpg BrownErnest.jpg
党首 アーチボルド・シンクレア アーネスト・ブラウン
政党 自由党 自由党国民政府派
党首就任 1935年11月 1940年
党首選挙区 ケイスネス・サザーランド リース
前回選挙 21 33
獲得議席 12 11
議席増減 減少009 減少022
得票数 2,177,938 686,652
得票率 9.0% 2.9%
得票率増減 増加02.3% 減少00.8%

1945 UK general election map.svg

選挙区別獲得議席

  労働党   保守党
  自由党   自由党国民政府派


選挙前首相

ウィンストン・チャーチル
保守党

選出首相

クレメント・アトリー
労働党

1900年選挙1918年選挙と並ぶカーキ選挙である。これら2つの選挙と比較した場合、戦時中の指導者を有した政党が敗北したという点で、他のカーキ選挙と一線を画す。

概要編集

議員の任期は5年であるが、任期満了前に解散されることが多い。しかし今回は、前回行われた1935年の総選挙後に、第二次世界大戦が勃発したため、任期が延長されていた。

第二次世界大戦[1]、初めて行われた総選挙で、1935年に前回総選挙が行われて以来、10年ぶりの総選挙となった。大戦を勝利に導いたチャーチル首相への支持率が高く、保守党優位が伝えられていたが、福祉の充実を訴えた労働党が予想に反して勝利を収める結果となり、初めて労働党が庶民院において単独過半数の議席を獲得する事になった。同時に労働党党首クレメント・アトリーは初めて労働党単独内閣を組閣する事になった。

選挙データ編集

内閣編集

解散日編集

  • 1945年6月15日

投票日編集

  • 1945年7月5日

改選数編集

選挙制度編集

選挙活動編集

党派別立候補者数編集

党派 党首 候補者 男性 女性 解散前
保守党 ウィンストンチャーチル 559 386
労働党 クレメント・アトリー 603 154
自由党国民政府派 アーネスト・ブラウン 49 33
自由党 アーチボルド・シンクレア 306 21
連邦党 C.A.スミス 23 0
グレートブリテン共産党 ハリー・ポリット 21 1
アイルランド民族党 ジェームズ・マクスパラン 3 2
独立労働党 ボブ・エドワーズ 5 2
スコットランド国民党 ダグラス・ヤング 8 0
プライド・カムリ アビ・ウィリアムズ 7 0
連邦労働党 ハリー・ミズリー 1 0
リバプール・プロテスタント H.D.ロングボトム 1 0
キリスト教平和主義者 - 1 0
民主党 ノーマン・リース=ヘイ=クラーク 5 0
農民党 - 1 0
グレートブリテン社会党 - 1 0
統一社会主義運動 ガイ・アルドレッド 1 0
無所属(国民政府派) - 10 1
無所属(スコットランド国民党系) - 13 2
無所属(労働党系) - 7 2
無所属(保守党) - 6 0
無所属(進歩派) - 7 0
無所属(自由党系) - 3 0
無所属(民族主義者) - 4 0
無所属 - 38 32
総計 1,683 ' ' ' ' ' '

選挙結果編集

党派別得票数・率と候補者及び当選者数
党派 得票数 % 候補 当選
Labour 労働党 11,557,821 48.0 603 393
Conservative 保守党 8,716,211 36.2 559 197
Liberal 自由党 2,177,938 9.0 306 12
NL 自由党国民政府派 686,652 2.9 49 11
Ind 無党派 133,191 0.6 38 8
Nat 国民政府派無所属 130,513 0.5 10 2
CW 連邦党 110,634 0.5 23 1
CPGB グレートブリテン共産党 97,945 0.4 21 2
IN アイルランド民族 92,819 0.4 3 2
Nat Ind 国民党系無所属 65,171 0.3 13 2
Ind Lab 労働党系無所属 63,135 0.3 7 2
Ind C 保守党系無所属 57,823 0.2 6 2
ILP 独立労働党 46,769 0.2 5 3
Ind Prog 進歩派無所属 35,072 0.1 7 1
Ind L 自由党系無所属 30,450 0.1 3 2
合計 640

有効投票数:24,073,025票

  • 出典:General Election Results 1885-1979。この表では議席を得た政党のみ記載している。
  • 各党派の英語略称について
    • Labour=Labour Party
    • Conservative=Conservative and Unionist Party
    • Liberal=Liberal Party
    • Ind=Independent (indicates unofficial candidates if placed before a party designation)
    • CW=Common Wealth
    • CPGB=Communist Party of Great Britain
    • IN=Irish Nationalist
    • Nat=National
    • Nat Ind=National Independent
    • NL=Liberal National
    • ILP=Independent Labour Party
    • Ind Prog=Independent Progressive
    • Ind L=Independent Liberal

脚注編集

  1. ^ 但し、1945年7月時点で大日本帝国はまだ降伏はしていなかったため、厳密には戦時中であるといえるが、ヨーロッパ戦線ではすでにヒトラー自殺し、ナチス・ドイツが5月8日に無条件降伏英語版したため、実質的な終戦となっていた。

関連項目編集

  • イギリスの政治
  • NHS-“National Health Service”(国営医療事業)の略称。労働党政権下の1948年に創設された。
  • ゆりかごから墓場まで-労働党政権で進められた社会福祉政策のスローガン。英語名は”from the cradle to the grave”。