メインメニューを開く

1948年ロンドンオリンピックのサッカー競技

1948年ロンドンオリンピックサッカー競技は、7月26日に開幕した。8月13日に決勝戦が行われ、金メダルを獲得したのはスウェーデンであった。

目次

概要編集

第二次世界大戦の影響により1940年1944年の大会が中止されたため、オリンピックにおけるサッカー競技の開催も1936年ベルリンオリンピック以来12年ぶりの開催となった。開催国がイギリスと言う事もあり、久しぶりにイギリス代表が組織され、大会に登場した。この時代は東西冷戦構造の端緒に辺り、以降オリンピックのサッカー競技にもその影響を及ぼす事になる。東西の対立構造の観点から言及すれば、この大会で優勝したスウェーデンが最後の西側のアマチュアチームとなった。

大会方式編集

参加国は18ヶ国となり、この数でトーナメントを行うために、ルクセンブルクとアフガニスタン、オランダとアイルランドで予選を行い、この勝者2チームと残り14チームの合わせて16ヶ国で、1回戦を行った。

参加国編集

試合結果編集

最終結果編集

各国メダル数編集

順位 国・地域
1   スウェーデン 1 0 0 1
2   ユーゴスラビア 0 1 0 1
3   デンマーク 0 0 1 1

関連項目編集

外部リンク編集