1949年 > 1949年のスポーツ > 1949年の日本競馬

1949年の日本競馬(1949ねんのにほんけいば)では、1949年昭和24年)の日本競馬界についてまとめる。 馬齢は旧表記で統一する。

1948年の日本競馬 - 1949年の日本競馬 - 1950年の日本競馬

できごと編集

1月 - 3月編集

  • 2月2日 - 各競馬事務所に国営競馬協議会が設けられる[1]
  • 3月12日 - 新宿場外発売所が開設される[1]

4月 - 6月編集

  • 4月1日 - 関東地方競馬組合が設立される[2]
  • 5月31日 - 農林省設置法が公布される。国営競馬は暫定的なもので、施行から1年以内に改廃の措置を取らねばならないと規定されていたが、政府は当分の間国営競馬を維持する方針を決め、競馬部は正式に農林省の一機関として編入された[2]
  • 6月5日
  • 6月 - 競馬部に裁定課が設けられる[2]

7月 - 9月編集

  • 9月6日 - 福島競馬場の開催が再開され、この日開場式が行われる。再開第1回競馬は17日から25日まで行われ、2日目に連勝34,400円の大穴を出してファンを驚かせた[4]
  • 9月18日 - 広島県福山競馬場が開設される[2]
  • 9月24日 - 省令第95号で国営競馬実施規則が改正され、中央・地方競馬場間で出走馬の交流が一部可能となった[2]
  • 9月28日 - 兵庫県姫路競馬場が開設される[2]

10月 - 12月編集

その他編集

競走成績編集

公認競馬の主な競走編集

誕生編集

この年に生まれた競走馬は1952年のクラシック世代となる。

競走馬編集

人物編集

死去編集

脚注編集

参考文献編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 『総合年表』p.150
  2. ^ a b c d e f g h 『総合年表』p.152
  3. ^ a b c d e 『総合年表』p.153
  4. ^ 『総合年表』p.155
  5. ^ 『総合年表』p.154