メインメニューを開く

1950年の国鉄スワローズ(1950ねんのこくてつスワローズ)では、1950年シーズンの国鉄スワローズの動向をまとめる。

1950年の国鉄スワローズ
成績
セントラル・リーグ7位
42勝94敗2分 勝率.309[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
球団組織
オーナー 三浦義男
経営母体 日本国有鉄道
監督 西垣徳雄
1951 »

この年の国鉄スワローズは、チーム創設1年目のシーズンであり、西垣徳雄監督の1年目のシーズンである。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 福田勇一
2 小田切茂造
3 岩橋利男
4 久保吾一
5 井上親一郎
6 榎本茂
7 土佐内吉治
8 成田啓二
9 中村栄
1950年セントラル・リーグ順位変動
順位 3月終了時 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 10月終了時 最終成績
1位 中日 -- 中日 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 -- 松竹 --
2位 松竹 1.0 松竹 0.0 中日 1.0 中日 5.0 中日 5.0 中日 7.5 中日 9.0 中日 8.5 中日 9.0
3位 巨人 2.0 巨人 2.5 巨人 8.0 巨人 6.5 巨人 11.5 巨人 10.5 巨人 10.5 巨人 14.0 巨人 17.5
4位 大洋 3.0 大阪 10.0 大阪 10.0 大阪 8.5 大阪 14.5 大洋 20.0 大阪 22.5 大阪 25.5 大阪 30.0
5位 大阪 5.5 大洋 10.0 大洋 12.0 大洋 11.5 大洋 15.0 大阪 22.5 大洋 24.0 大洋 27.0 大洋 31.0
6位 西日本 7.0 西日本 11.5 西日本 18.0 西日本 19.0 西日本 22.0 西日本 28.5 西日本 34.5 西日本 43.5 西日本 48.5
7位 広島 7.5 広島 18.0 広島 20.0 広島 20.0 広島 25.5 広島 36.5 広島 43.0 広島 49.5 国鉄 57.5
8位 国鉄 10.0 国鉄 20.0 国鉄 27.0 国鉄 29.5 国鉄 34.5 国鉄 42.5 国鉄 48.5 国鉄 54.0 広島 59.0
1950年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 松竹ロビンス 98 35 4 .737 -
2位 中日ドラゴンズ 89 44 4 .669 9.0
3位 読売ジャイアンツ 82 54 4 .603 17.5
4位 大阪タイガース 70 67 3 .511 30.0
5位 大洋ホエールズ 69 68 3 .503 31.0
6位 西日本パイレーツ 50 83 3 .376 48.5
7位 国鉄スワローズ 42 94 2 .309 57.5
8位 広島カープ 41 96 1 .299 59.0

できごと編集

  • 1月11日 - 国鉄の関係団体である弘済会、交通公社を主体とする交通協力会が球団運営を決定。
  • 1月12日 - 国鉄球団のセ・リーグ加盟が承認される。ニックネームは〃スワローズ〃と決定。
  • 3月10日 - 記念すべき公式戦第一戦を下関球場で大洋行うが、今西投手に2安打に抑えられ0対2で負ける。
  • 3月11日 - 開幕第二戦に広島に3対2で勝ち、記念すべき初勝利(勝利投手-高橋輝)。
  • 3月14日 - 開幕から12試合目のこの日の巨人戦の6回に土屋選手がチーム第一号ホームランを放つ。

[2]

選手・スタッフ編集

表彰選手編集

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1950年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年4月28日閲覧。
  2. ^ スワローズ激動の歩み (徳永喜男 ed.), 恒文社, (1980), p. 378 
  3. ^ スワローズ激動の歩み (徳永喜男 ed.), 恒文社, (1980), p. 448