1950年ベルギーグランプリ

1950年ベルギーグランプリ (XII Grote Prijs Van Belgie) は、1950年のF1世界選手権第5戦として、1950年6月18日スパ・フランコルシャンで開催された。

ベルギーの旗 1950年ベルギーグランプリ
レース詳細
Spa 1950.jpg
日程 1950年シーズン第5戦
決勝開催日 6月18日
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギー
コース長 14.120km
レース距離 35周(494.2km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 4:37.0
ファステストラップ
ドライバー イタリアの旗 ジュゼッペ・ファリーナ
タイム 4:34.1
決勝順位
優勝
2位
3位

レース概要編集

ベルギーグランプリには14台しか参加しなかった。その中にはシーズンを支配するアルファロメオニーノ・ファリーナファン・マヌエル・ファンジオルイジ・ファジオーリが含まれた。フェラーリは2台の125をルイジ・ヴィッロレージアルベルト・アスカリに託した。アスカリの車は新型のV12エンジンを搭載していた。タルボ・ラーゴファクトリーは3名、ルイ・ロジェイブ・ジロー・カバントゥフィリップ・エタンセラン(負傷したユージェン・マルタンの代役)を起用した。残るエントラントはタルボ・ラーゴを駆るレイモンド・ソマーアルタジェフ・クロズリーマセラティトニ・ブランカであった。このレースはジェフ・クロズリー最後のレースとなった。彼は多くのプライベーターのように多くの費用を費やし、まさしく一握りのレースの後に撤退した。この様にF1は高いコストを要するスポーツであった。

予選でファリーナとファンジオはいつものように速く、ファジオーリは彼らに合わせることができなかった。ソマーはフェラーリの間に割って入った。レースは今までと同様の展開となった。アルファロメオが独走し、ソマーは2台のフェラーリとバトルを繰り広げた。アルファが給油のためストップすると、ソマーはレースリーダーであることに気がついたが、不幸にも彼のエンジンはブローした。アスカリが首位に立ったが、給油のためにストップすると、再びアルファ勢がトップに立ち、ファンジオがファリーナとファジオーリをリードした。ファリーナは最終ラップでトランスミッションの不調に苦しみ、最後まで生き残ったタルボ・ラーゴのロジェに抜かれ4位となった。アスカリは5位でフィニッシュした。

エントリーリスト編集

No ドライバー チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ルイジ・ヴィッロレージ スクーデリア・フェラーリ フェラーリ フェラーリ・125 フェラーリ 125 F1 1.5 V12s P
4   アルベルト・アスカリ フェラーリ フェラーリ・275 フェラーリ 125 F1 3.3 V12 P
6   レイモンド・ソマー レイモンド・ソマー タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
8   ニーノ・ファリーナ アルファロメオ SpA アルファロメオ アルファロメオ・158 アルファロメオ 159 LBC 1.5 L8s P
10   ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ アルファロメオ・158 アルファロメオ 159 LBC 1.5 L8s P
12   ルイジ・ファジオーリ アルファロメオ アルファロメオ・158 アルファロメオ 159 LBC 1.5 L8s P
14   ルイ・ロジェ オートモビルズ・タルボ=ダラック タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
16   フィリップ・エタンセラン タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
18   イブ・ジロー・カバントゥ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
20   ユージェン・シャブー エキュリー・ルテティア タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C-DA タルボ 23CV 4.5 L6 D
22   ピエール・ルヴェー オートモビルズ・タルボ=ダラック タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
24   ジョニー・クレエ エキュリー・ベルゲ タルボ・ラーゴ タルボ・ラーゴ・T26C タルボ 23CV 4.5 L6 D
26   ジェフ・クロズリー ジェフ・クロズリー アルタ アルタ・GP アルタ 1.5 L4s D
30   トニ・ブランカ アントニオ・ブランカ マセラティ マセラティ・4CL マセラティ 4 CL 1.5 L4s P
Sources: [1][2]

予選編集

順位 No ドライバー チーム ラップタイム
1 8   ジュゼッペ・ファリーナ アルファロメオ 4:37 -
2 10   ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ 4:37 + 0
3 12   ルイジ・ファジオーリ アルファロメオ 4:41 + 4
4 2   ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 4:47 + 10
5 6   レイモンド・ソマー タルボ・ラーゴ 4:47 + 10
6 16   フィリップ・エタンセラン タルボ・ラーゴ 4:49 + 12
7 4   アルベルト・アスカリ フェラーリ 4:52 + 15
8 14   ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ 4:53 + 16
9 18   イブ・ジロー・カバントゥ タルボ・ラーゴ 4:56 + 19
10 22   ピエール・ルヴェー タルボ・ラーゴ 5:01 + 24
11 20   ユージェン・シャブー タルボ・ラーゴ 5:13 + 36
12 26   ジェフ・クロズリー アルタ 5:44 + 1:07
13 30   トニ・ブランカ マセラティ 5:45 + 1:08
14 24   ジョニー・クレエ タルボ・ラーゴ No time -

決勝編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 10   ファン・マヌエル・ファンジオ アルファロメオ 35 2:47:26 2 8
2 12   ルイジ・ファジオーリ アルファロメオ 35 + 14 3 6
3 14   ルイ・ロジェ タルボ・ラーゴ 35 + 2:19 8 4
4 8   ジュゼッペ・ファリーナ アルファロメオ 35 + 4:05 1 4
5 4   アルベルト・アスカリ フェラーリ 34 + 1 Lap 7 2
6 2   ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 33 + 2 Laps 4
7 22   ピエール・ルヴェー タルボ・ラーゴ 33 + 2 Laps 10
8 24   ジョニー・クレエ タルボ・ラーゴ 32 + 3 Laps 14
9 26   ジェフ・クロズリー アルタ 30 + 5 Laps 12
10 30   トニ・ブランカ マセラティ 29 + 6 Laps 11
Ret 20   ユージェン・シャブー タルボ・ラーゴ 22 オイルパイプ 13
Ret 6   レイモンド・ソマー タルボ・ラーゴ 20 油圧 5
Ret 16   フィリップ・エタンセラン タルボ・ラーゴ 15 オーバーヒート 6
Ret 18   イブ・ジロー・カバントゥ タルボ・ラーゴ 2 オイルパイプ 9

*Ret:リタイア

記録編集

  • ポールポジション: ジュゼッペ・ファリーナ - 4:37.0
  • ファステストラップ: ジュゼッペ・ファリーナ - 4:34.1
  • ラップリーダー:
    • ファン・マヌエル・ファンジオ (1-6周目、20-35周目)
    • ジュゼッペ・ファリーナ (7-11周目、18-19周目)
    • ルイジ・ファジオーリ (12周目)
    • レイモンド・ソマー (13-17周目)


第5戦終了時点でのランキング編集

順位 ドライバー ポイント
  1   ニーノ・ファリーナ 22
  2   ルイジ・ファジオーリ 18
  3   ファン・マヌエル・ファンジオ 17
  2 4   ルイ・ロジェ 10
  1 5   ジョニー・パーソンズ 9
  • :トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。

参照編集

  1. ^ 1950 Belgian Grand Prix - Race Entries”. manipef1.com. 2012年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月15日閲覧。
  2. ^ 1950 Belgian GP - Entry List”. chicanef1.com. 2013年11月15日閲覧。

Unless otherwise indicated, all race results are taken from The Official Formula 1 website”. 2007年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月5日閲覧。

前戦
1950年スイスグランプリ
FIA F1世界選手権
1950年シーズン
次戦
1950年フランスグランプリ
前回開催
1949年ベルギーグランプリ
  ベルギーグランプリ次回開催
1951年ベルギーグランプリ