1953年の国鉄スワローズ

1953年の国鉄スワローズ(1953ねんのこくてつスワローズ)では、1953年の国鉄スワローズの動向をまとめる。

1953年の国鉄スワローズ
成績
セントラル・リーグ6位
45勝79敗1分 勝率.363[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
球団組織
オーナー 三浦義男
経営母体 日本国有鉄道
監督 西垣徳雄
« 1952
1954 »

この年の国鉄スワローズは、西垣徳雄監督の4年目のシーズンである。

概要編集

前年新人王の佐藤孝夫町田行彦などが開幕スタメンに入るなど、ノンプロ上がりの選手から若手中心へのチーム移行が図られたが、4月は首位の巨人から9ゲームも離された。5月以降の巻き返しが期待されたが前述の巨人をはじめ阪神名古屋といった既存球団の壁を破れず、チームは5月に9連敗含む3勝20敗で最下位に転落すると、2度と浮上できなかった。最終的に3連覇の巨人に42ゲーム差、2位の阪神と3位の名古屋に20ゲーム以上も離される惨敗で球団初の最下位となり、西垣監督は責任を取り辞任した。チーム防御率3位の投手陣は金田正一が23勝と好調で最多奪三振をマークしたが、2番手エース井上佳明はあわや2ケタ勝利の活躍を見せるも9勝26敗の借金17と、チームの借金のほとんどを占めた。開幕投手の宮地惟友は防御率3点台後半ながらも3勝13敗で大きく負け越し、先発3番手の箱田弘志も3点台ながら3勝9敗と、打線の援護に恵まれなかった。打撃陣も佐藤の22本塁打が最高で、チーム打率と本塁打はリーグ最下位、失策も161個でリーグ5位に終わった。対戦成績は5位の大洋松竹に15勝11敗と勝ち越したものの、巨人には6勝15敗、阪神には9勝17敗、名古屋には7勝19敗と大きく負け越し巨人3連覇の引き立て役となった。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

開幕オーダー
1 佐藤孝夫
2 土屋伍郎
3 安居玉一
4 杉浦清
5 辻井弘
6 千原雅生
7 佐竹一雄
8 町田行彦
9 宮地惟友
1953年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 名古屋 2.5 名古屋 3.0 名古屋 3.5 名古屋 5.5 名古屋 7.5 大阪 16.0
3位 洋松 4.5 大阪 6.0 大阪 5.5 大阪 8.0 大阪 9.5 名古屋 18.5
4位 大阪 5.0 洋松 11.0 広島 13.5 広島 16.5 広島 18.0 広島 36.0
5位 国鉄 9.0 広島 12.5 洋松 16.0 洋松 17.5 洋松 23.5 洋松 37.5
6位 広島 9.0 国鉄 21.5 国鉄 24.5 国鉄 30.5 国鉄 31.5 国鉄 42.0
1953年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 87 37 1 .702 -
2位 大阪タイガース 74 56 0 .569 16.0
3位 名古屋ドラゴンズ 70 57 3 .551 18.5
4位 広島カープ 53 75 2 .414 36.0
5位 大洋松竹ロビンス 52 77 1 .403 37.5
6位 国鉄スワローズ 45 79 1 .363 42.0

オールスターゲーム1953編集

ファン投票 選出なし
監督推薦 金田正一

できごと編集

選手・スタッフ編集

[2]

表彰選手編集

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
金田正一 最多奪三振 229個 3年連続3度目
ベストナイン
選出なし

出典編集

  1. ^ 年度別成績 1953年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月31日閲覧。
  2. ^ スワローズ激動の歩み (徳永喜男 ed.), 恒文社, (1980), p. 449~450