メインメニューを開く

1953年の映画(1953ねんのえいが)では、1953年(昭和28年)の映画分野の動向についてまとめる。

目次

出来事編集

周年編集

日本の映画興行編集

  • 入場料金(大人)
    • 125円(東京の邦画封切館)[2]
    • 124円(統計局『小売物価統計調査(動向編) 調査結果』[3] 銘柄符号 9341「映画観覧料」)[4]

各国ランキング編集

日本配給収入ランキング編集

1953年邦画配給収入トップ10
(対象期間:1953年4月 - 1954年3月)
順位 題名 配給 配給収入
1 君の名は 第二部 松竹 3億0002万円
2 君の名は 第一部 松竹 2億5047万円
3 太平洋の鷲 東宝 1億6318万円
4 地獄門 大映 1億5176万円
5 金色夜叉 大映 1億4669万円
6 花の生涯 彦根篇 江戸篇 松竹 1億3990万円
7 戦艦大和 新東宝 1億3601万円
8 東京物語 松竹 1億3165万円
9 叛乱[5] 新東宝 1億2642万円
10 家族会議 松竹 1億2554万円
出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、104頁。ISBN 978-4873767550
1953年洋画配給収入トップ10
(対象期間:1953年4月 - 1954年3月)
順位 題名 製作国 配給 配給収入
1 地上最大のショウ   パラマウント映画 2億0270万円
2 シェーン   パラマウント映画 1億8175万円
3 クォ・ヴァディス   MGM 1億5251万円
4 グレン・ミラー物語   ユニバーサル・ピクチャーズ 1億3422万円
5 シンデレラ姫   RKO 1億2714万円
6 機動部隊英語版[6]   ワーナー・ブラザース 1億2182万円
7 地上より永久に   コロンビア映画 1億1472万円
8 遠い太鼓[7]   ワーナー・ブラザース 1億0686万円
9 静かなる男   リパブリックNCC 1億0627万円
10 ライムライト   松竹 1億0540万円
出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、105頁。ISBN 978-4873767550

日本公開作品編集

受賞編集

生誕編集

死去編集

日付 名前 出身国 年齢 職業
3月 5日 ハーマン・J・マンキーウィッツ   アメリカ合衆国 55 脚本家
6月 20日 フセヴォロド・プドフキン   ロシア帝国 60 映画監督
10月 8日 ナイジェル・ブルース   イギリス 58 男優
11月 29日 サム・ド・グラッス   アメリカ合衆国 78 男優

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 斉藤 2009, p. 56.
  2. ^ 角川春樹藤岡和賀夫阿久悠『ザ・ブーム』角川書店、1982年1月25日、198頁。
  3. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  4. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  5. ^ 叛乱(1954)”. KINENOTE(キネノート). 2018年9月29日閲覧。
  6. ^ 機動部隊”. allcinema. 2018年9月30日閲覧。
  7. ^ 遠い太鼓”. allcinema. 2018年9月30日閲覧。
  8. ^ 1953 Awards”. ニューヨーク映画批評家協会. 2012年3月19日閲覧。