メインメニューを開く

1953年フランスグランプリ (1953 French Grand Prix) は、1953年のF1世界選手権第5戦として、1953年7月5日にランスで開催された。

フランス 1953年フランスグランプリ
レース詳細
1953年F1世界選手権全9戦の第5戦
Circuit Reims-Gueux.png
日程 1953年7月5日
正式名称 XL Grand Prix de l'ACF
開催地 ランス, ランス, フランス
コース 公道コース
コース長 8.347 km (5.187 mi)
レース距離 60周 500.820 km (311.195 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 2:41.2
ファステストラップ
ドライバー アルゼンチン ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ
タイム 2:41.0 (25周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 マセラティ
3位 マセラティ

1952年と1953年は通常適用されるフォーミュラ1のレギュレーションではなく、フォーミュラ2のレギュレーションが適用された。

レース概要編集

前年ルーアンで開催されたため、ランスでのフランスGP開催は2年ぶりとなった。前年にグーを経由しないコースへ変更され、サーキット名も「ランス・グー」から「ランス」 (Circuit de Reims) に改められたが、この年もレイアウトの変更が施され、全長は8.347kmとなった。

マイク・ホーソーンファン・マヌエル・ファンジオによって繰り広げられた激しいトップ争いは、「世紀のレース(Race of the Century)」と称された[1][2]。ホーソーンがファンジオを抑え初優勝を飾るとともに、初のイギリス人F1ウィナーとなった。500kmの長丁場だったが、上位4台が5秒以内の僅差でフィニッシュした。アルベルト・アスカリは4位に終わり、1952年ベルギーグランプリからの連勝が9でストップした(インディ500を除く)。

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ジャン・ベーラ   エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 20 2.0L L6 E
4   モーリス・トランティニアン
6   ハリー・シェル
8   ロベルト・ミエレス
10   アルベルト・アスカリ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 500 フェラーリ Tipo500 2.0L L4 P
12   ルイジ・ヴィッロレージ
14   ジュゼッペ・ファリーナ
16   マイク・ホーソーン
18   ファン・マヌエル・ファンジオ   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
20   ホセ・フロイラン・ゴンザレス
22   オノフレ・マリモン
24   フェリーチェ・ボネット
26   ランス・マックリン   HWモータース HWM 53 アルタ F2 2.0L L4 D
28   ピーター・コリンズ
30   イブ・ジロー・カバントゥ
32   ルイ・シロン   ルイ・シロン オスカ 20 オスカ 2000 2.0L L6 P
34   エリー・バイヨル   エリー・バイヨル オスカ 20 オスカ 2000 2.0L L6 P
36   スターリング・モス   クーパー・カー・カンパニー クーパー T21 アルタ F2 2.0L L4 D
38   ボブ・ジェラード   ボブ・ジェラード クーパー T23 ブリストル BS1 2.0L L6 D
40   ケン・ウォートン   ケン・ウォートン クーパー T23 ブリストル BS1 2.0L L6 D
42   プリンス・ビラ   コンノート・エンジニアリング コンノート タイプA リー・フランシス 2.0L L4 D
44   ルイ・ロジェ   エキュリー・ロジェ フェラーリ 500 フェラーリ Tipo500 2.0L L4 D
46   エマヌエル・ド・グラッフェンリード   バロン・デ・グラッフェンリート マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
48   ジョニー・クレエ   エキュリー・ベルゲ コンノート タイプA リー・フランシス 2.0L L4 E
50   ロイ・サルヴァドーリ   コンノート・エンジニアリング コンノート タイプA リー・フランシス 2.0L L4 D
ソース:[3]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 10   アルベルト・アスカリ フェラーリ 2:41.2
2 24   フェリーチェ・ボネット マセラティ 2:41.5 + 0.3
3 12   ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 2:41.9 + 0.7
4 18   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 2:42.0 + 0.8
5 20   ホセ・フロイラン・ゴンザレス マセラティ 2:42.4 + 1.2
6 14   ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 2:42.5 + 1.3
7 16   マイク・ホーソーン フェラーリ 2:43.5 + 2.3
8 22   オノフレ・マリモン マセラティ 2:44.4 + 3.2
9 46   エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ 2:46.1 + 4.9
10 44   ルイ・ロジェ フェラーリ 2:51.1 + 9.9
11 42   プリンス・ビラ コンノート-リー・フランシス 2:53.2 + 12.0
12 38   ボブ・ジェラード クーパー-ブリストル 2:54.2 + 13.0
13 36   スターリング・モス クーパー-アルタ 2:55.7 + 14.5
14 40   ケン・ウォートン クーパー-ブリストル 2:55.8 + 14.6
15 34   エリー・バイヨル オスカ 2:56.9 + 15.7
16 26   ランス・マックリン HWM-アルタ 2:57.2 + 16.0
17 28   ピーター・コリンズ HWM-アルタ 3:02.0 + 20.8
18 30   イブ・ジロー・カバントゥ HWM-アルタ 3:06.7 + 25.5
19 50   ロイ・サルヴァドーリ コンノート-リー・フランシス 3:23.0 + 41.8
20 6   ハリー・シェル ゴルディーニ 3:25.8 + 44.6
21 48   ジョニー・クレエ コンノート-リー・フランシス 4:06.5 + 1:25.3
22 2   ジャン・ベーラ ゴルディーニ No time
23 4   モーリス・トランティニアン ゴルディーニ No time
24 8   ロベルト・ミエレス ゴルディーニ No time
25 32   ルイ・シロン オスカ No time
ソース:[4]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 16   マイク・ホーソーン フェラーリ 60 2:44:18.6 7 8
2 18   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 60 + 1.0 4 7
3 20   ホセ・フロイラン・ゴンザレス マセラティ 60 + 1.4 5 4
4 10   アルベルト・アスカリ フェラーリ 60 + 4.6 1 3
5 14   ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 60 + 1:07.6 6 2
6 12   ルイジ・ヴィッロレージ フェラーリ 60 + 1:15.9 3
7 46   エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ 58 + 2 Laps 9
8 44   ルイ・ロジェ フェラーリ 56 + 4 Laps 10
9 22   オノフレ・マリモン マセラティ 55 + 5 Laps 8
10 2   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 55 + 5 Laps 22
11 38   ボブ・ジェラード クーパー-ブリストル 55 + 5 Laps 12
12 48   ジョニー・クレエ コンノート-リー・フランシス 53 + 7 Laps 21
13 28   ピーター・コリンズ HWM-アルタ 52 + 8 Laps 17
14 30   イブ・ジロー・カバントゥ HWM-アルタ 50 + 10 Laps 18
15 32   ルイ・シロン オスカ 43 + 17 Laps 25
Ret 24   フェリーチェ・ボネット マセラティ 42 エンジン 2
Ret 36   スターリング・モス クーパー-アルタ 38 クラッチ 13
Ret 42   プリンス・ビラ コンノート-リー・フランシス 29 ディファレンシャル 11
Ret 34   エリー・バイヨル オスカ 18 エンジン 15
Ret 40   ケン・ウォートン クーパー-ブリストル 17 ホイールベアリング 14
Ret 4   モーリス・トランティニアン ゴルディーニ 14 トランスミッション 23
Ret 26   ランス・マックリン HWM-アルタ 9 クラッチ 16
Ret 6   ハリー・シェル
ゴルディーニ 4 エンジン 20
Ret 8   ロベルト・ミエレス ゴルディーニ 4 アクセル 24
Ret 50   ロイ・サルヴァドーリ コンノート-リー・フランシス 2 イグニッション 19
ソース:[5]

第5戦終了時点でのランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
  1   アルベルト・アスカリ 28
  5 2   マイク・ホーソーン 14
  1 3   ルイジ・ヴィッロレージ 13
  4   ホセ・フロイラン・ゴンザレス 11
  2 5   ビル・ブコビッチ 9
  • :トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ French GP 1953”. sportscars.tv. 2012年12月9日閲覧。
  2. ^ Mathieu, Christian. “"The Grand Prix of the century" : Reims 1953”. flyandrive.com. 2011年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月4日閲覧。
  3. ^ France 1953 - Race entrants”. STATS F1. 2017年7月3日閲覧。
  4. ^ XL Grand Prix de l'Automobile Club de France”. silhouet.com. 2017年1月11日閲覧。
  5. ^ 1953 French Grand Prix”. formula1.com. 2015年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月4日閲覧。

外部リンク編集