1954年全仏選手権 (テニス)

1954年 全仏選手権(1954ねんぜんふつせんしゅけん、Internationaux de France de Roland-Garros 1954)に関する記事。フランスパリにある「ローランギャロス・スタジアム」にて開催。

大会の流れ編集

  • 男子シングルスは「128名」の選手による7回戦制で行われた。シード選手は16名で、すべての選手が1回戦から出場した。
  • 女子シングルスは「54名」の選手による6回戦制で行われ、10名の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。シード選手は16名。シード選手でも、1回戦から出場した人と、2回戦から登場した人がいる。2回戦から登場した選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   ルー・ホード (4回戦)
  2.   トニー・トラバート (初優勝)
  3.   ケン・ローズウォール (4回戦)
  4.   ビック・セイシャス (ベスト8)
  5.   ヤロスラフ・ドロブニー (4回戦)
  6.   バッジ・パティー (ベスト4)
  7.   メルビン・ローズ (ベスト8)
  8.   エンリケ・モレア (ベスト4)
  9.   フィリップ・ワッシャー (4回戦)
  10.   クルト・ニールセン (2回戦)
  11.   ジャック・ブリシャン (4回戦)
  12.   アーサー・ラーセン (準優勝)
  13.   レックス・ハートウィグ (4回戦)
  14.   スベン・デビッドソン (ベスト8)
  15.   ボブ・ファルケンバーグ (4回戦)
  16.   ガードナー・ムロイ (ベスト8)

女子シングルス編集

  1.   モーリーン・コノリー (優勝、大会2連覇)
  2.   ネリー・アダムソン・ランドリー (ベスト4)
  3.   ヘレン・フレッチャー (1回戦)
  4.   シルバナ・ラザリーノ (ベスト4)
  5.   アン・マリー・ゼーガース (ベスト8)
  6.   ババ・ルイス (3回戦)
  7.   ヨラ・ラミレス (3回戦)
  8.   トト・ツェーデン (3回戦)
  9. (大会開始前に棄権?)
  10.   ドロシー・レバイン (ベスト8)
  11.   ジネット・ブケイユ (準優勝)
  12.   ジャクリーヌ・ケルミナ (3回戦)
  13.   A・バクスター (1回戦)
  14.   ピラー・バリル (2回戦)
  15.   シャーリー・ブルーマー (3回戦)
  16.   ニクラ・ミグリオーリ (2回戦=初戦)

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

外部リンク編集

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子
先代:
1954年オーストラリア選手権 (テニス)
テニス4大大会
1954年
次代:
1954年ウィンブルドン選手権
先代:
1953年全仏選手権 (テニス)
全仏オープン
1954年
次代:
1955年全仏選手権 (テニス)