メインメニューを開く

1954 FIFAワールドカップ

1954 FIFAワールドカップ スイス大会: 1954 FIFA World Cup Switzerland)は、1954年6月16日から7月4日にかけて、スイスで開催された第5回目のFIFAワールドカップである。

1954 FIFAワールドカップ スイス大会
1954 FIFA World Cup Switzerland
1954 FIFA Fußball-Weltmeisterschaft Switzerland
大会概要
開催国 スイスの旗 スイス
日程 1954年6月16日 - 7月4日
チーム数 16 (4連盟)
開催地数(6都市)
大会結果
優勝 西ドイツの旗 西ドイツ (1回目)
準優勝 ハンガリーの旗 ハンガリー
3位 オーストリアの旗 オーストリア
4位 ウルグアイの旗 ウルグアイ
大会統計
試合数 26試合
ゴール数 140点
(1試合平均 5.38点)
総入場者数 889,500人
(1試合平均 34,212人)
得点王 ハンガリーの旗 シャーンドル・コチシュ(11点)
 < 19501958

目次

予選編集

出場国編集

出場選手は1954 FIFAワールドカップ参加チームを参照。

大陸連盟 出場
枠数
予選
予選順位
出場国・地域 出場回数
UEFA/CAF 1+11 開催国   スイス 4大会連続4回目
欧州予選 1組 1位   西ドイツ 2大会ぶり3回目[1]
2組 1位   ベルギー 2大会ぶり4回目
3組 1位   イングランド 2大会連続2回目
2位   スコットランド 初出場
4組 1位   フランス 2大会ぶり4回目
5組 1位   オーストリア 3大会ぶり2回目
6組 1位   トルコ 初出場
7組 1位   ハンガリー 2大会ぶり3回目
8組 1位   チェコスロバキア 2大会ぶり3回目
9組 1位   イタリア 4大会連続4回目
10組 1位   ユーゴスラビア 2大会連続3回目
CONMEBOL 1+1 前回優勝国   ウルグアイ 2大会連続3回目
南米予選 11組 1位   ブラジル 5大会連続5回目
CONCACAF 1 北中米カリブ海予選 12組 1位   メキシコ 2大会連続3回目
AFC 1 アジア予選 13組 1位   韓国 初出場

本大会編集

概要編集

1946年7月22日、戦後初となる1950年大会開催国をブラジルに決定したのと併せて1954年大会の開催国が決定された。FIFA創立50周年であったため、大会は本部のあるスイスで行われることとなった。スイスは第二次世界大戦で中立を保ち、戦災を免れたため、スタジアムなどの施設・環境整備が容易という理由もあった[2]。大会史上初めてテレビ中継されることになり、記念コインが初めて発行された。また、第二次世界大戦後に会費未納などで除名されていたドイツサッカー連盟(DFB)がドイツ連邦共和国(西ドイツ)の協会として復帰し[3]日本蹴球協会の再加盟が認められ、この大会で初めて予選に参加した日本とともに国際サッカー界に復帰し、予選を突破した。

16チームが各地区予選を突破して選ばれたが、欧州と米州がほぼ半々だった前回のブラジル大会と大きく変わり、開催国のスイス以外の欧州だけで11と、前回大会の8(1938年大会の優勝国イタリア含む)から大幅増(ただし欧州枠にはトルコ、イスラエル、エジプトも含んだ)となった一方、米州は前回大会優勝のウルグアイを含めても僅か3と前回大会の7(開催国のブラジルを含む)の半分以下、そしてアジアからは前回大会と同じ1(実際にはインドの辞退により前回大会本大会参加は0)という構成となった。

本大会参加国は4チームずつ4つのグループに分けられたが、グループリーグに初めてシード制が導入され、2か国のシード国と2か国のノンシード国という構成になり、かつ総当たり制ではなく、シード国対ノンシード国の2試合ずつのみの各グループ4試合だけで、シードされた2チーム同士およびノンシードの2チーム同士はグループリーグでの対戦は組まれなかった。各グループの上位2チームは準々決勝に進出することになっていたが、2位と3位の勝点が同一の場合は、進出をかけて再試合(順位決定戦)が組まれることになっていた。全体としてはシード国優位でリーグが進んだが、ノーシードだったスイスイタリアを、西ドイツトルコをそれぞれ破り、同じカードで行われた順位決定戦でも、スイスが4対1でイタリアを下し、西ドイツがトルコを7対2で下し、ベスト8に進出した。
またこの大会では韓国がアジアの独立国として初めて出場したが[4]ハンガリーに0対9で、トルコにも0対7で敗れ、大惨敗であった。

準々決勝は各組の1位同士と2位同士が対戦する形式のオープンドロー(ただしグループリーグ1位と2位の対戦は決勝戦までなし)で行われ、ハンガリーがブラジルを4対2で下したが、両チームを合わせて3人が退場となり、試合終了後も喧嘩になるなど、「ベルンの戦い」と後に呼ばれるほど醜い試合であった。前回優勝国のウルグアイイングランドを4対2で下し、西ドイツはユーゴスラビアを2対0で下した。オーストリア対スイス戦は点の取り合いになり、ワールドカップ史上最多ゴールとなる7対5でオーストリアが勝利した。

準決勝で西ドイツがオーストリアを6対1で下したが、最も重要な試合はハンガリー対ウルグアイであった。ここまでワールドカップで無敗のウルグアイは後半開始1分の時点でハンガリーに2対0とリードされていたが、そこから2対2に追いつき、延長戦に持ち込んだ。しかし、延長ではコチシュ・シャーンドルに2点を挙げられ、ウルグアイはハンガリーにワールドカップにおける初の敗北を喫した。ウルグアイは3位決定戦でもオーストリアに敗れ、4位で大会を終えた。

決勝の舞台はバンクドルフ・スタジアムであり、6万人の観衆が西ドイツ対ハンガリー戦を見るために集まった。2チームはグループリーグでも同じ組であり、この試合はハンガリーが8対3で勝利していた。ハンガリーの中心選手、プスカシュ・フェレンツは怪我を押して出場し、開始6分で先制点を挙げた。2分後にチボル・ゾルターンが点を加え、この時点で国際試合で4年間無敗のハンガリーが、優位に試合を進めていた。

しかし、前半終了前に西ドイツはマックス・モーロックヘルムート・ラーンの得点で追いつき、後半は西ドイツが優勢となった。ラーンが2点目を決めて西ドイツが3対2でリードし、残り時間2分でプスカシュが決めたシュートはオフサイドのため取り消され、西ドイツが史上3カ国目の初優勝を遂げた。しかし、決勝の数日後、ピッチに立った西ドイツの選手が相次ぎ病院の担ぎ込まれる事件も起きている。黄疸という共通した症状が物語るのは、肝臓への負担。「薬物の助けを借りて、あの決勝を戦っていたのではないか」という当時囁かれた疑惑は、今なお消えずに燻りつづけている。西ドイツはその後の大会で、それまでの劣勢を跳ね返して逆転する異常なまでの勝負強さを幾度となく発揮したが、その「ゲルマン魂」がワールドカップの舞台で初めて炸裂した試合といえる。[要出典]

ハンガリー代表のコチシュはこの大会で11得点を決め、これまでの記録を3つ更新し、得点王となった。

結果編集

グループリーグ編集

グループ 1編集


チーム







1   ブラジル 3 2 1 1 0 6 1 +5
2   ユーゴスラビア 3 2 1 1 0 2 1 +1
3   フランス 2 2 1 0 1 3 3 0
4   メキシコ 0 2 0 0 2 2 8 -6

ブラジル   5 - 0   メキシコ
バウタザール   23分
ジジ   30分
ピンガ   34分43分
ジュリーニョ   69分
レポート
スタッド・デ・シャルミージュネーヴ
観客数: 13,000人
主審:   Raymon Wyssling


ブラジル   1 - 1
(延長)
  ユーゴスラビア
ジジ   69分 レポート ゼベッチ   48分

フランス   3 - 2   メキシコ
ヴァンサン   19分
カルデナス  49分 (OG)
コパ   88分 (PK)
レポート ラマドリード   54分
バルカサル   85分
スタッド・デ・シャルミージュネーヴ
観客数: 19,000人
主審:   Manuel Asensi

グループ 2編集


チーム







1   ハンガリー 4 2 2 0 0 17 3 +14
2   西ドイツ 2 2 1 0 1 7 9 -2
3   トルコ 2 2 1 0 1 8 4 +4
4   韓国 0 2 0 0 2 0 16 -16

西ドイツ   4 - 1   トルコ
シェーファー   14分
クロート   52分
O.ヴァルター   60分
モーロック   84分
レポート スアット   2分
ヴァンクドルフ・スタディウムベルン
観客数: 39,000人
主審:   Jose da Costa Vieira

ハンガリー   9 - 0   韓国
プスカシュ   12分89分
ラントシュ   18分
コチシュ   24分36分50分
チボル   59分
パロターシュ   75分83分
レポート
ハルトトゥルム・スタディウムチューリッヒ
観客数: 18,000人
主審:   Raymond Vincenti

ハンガリー   8 - 3   西ドイツ
コチシュ   3分21分67分78分
プスカシュ   17分
ヒデクチ   50分54分
トート   73分
レポート プファフ   25分
ラーン   77分
ヘルマン   81分

トルコ   7 - 0   韓国
スアット   10分30分
レフテル   24分
ブルハン   37分64分70分
エロル   76分
レポート
スタッド・デ・シャルミージュネーヴ
観客数: 3,000人
主審:   Esteban Marino

プレーオフ編集

西ドイツ   7 - 2   トルコ
O.ヴァルター   7分
シェーファー   12分79分
モーロック   30分60分77分
F.ヴァルター   62分
レポート ムスタファ   21分
レフテル   82分
ハルトトゥルム・スタディウムチューリッヒ
観客数: 18,000人
主審:   Raymond Vincenti

グループ 3編集


チーム







1   ウルグアイ 4 2 2 0 0 9 0 +9
2   オーストリア 4 2 2 0 0 6 0 +6
3   チェコスロバキア 0 2 0 0 2 0 7 -7
4   スコットランド 0 2 0 0 2 0 8 -8

ウルグアイ   2 - 0   チェコスロバキア
ミゲス   72分
スキアフィーノ   81分
レポート
ヴァンクドルフ・スタディウムベルン
観客数: 20,500人
主審:   Arthur Edward Ellis

オーストリア   1 - 0   スコットランド
プロプスト   33分 レポート
ハルトトゥルム・スタディウムチューリッヒ
観客数: 30,000人
主審:   Laurent Franken

ウルグアイ   7 - 0   スコットランド
ボルヘス   17分47分57分
ミゲス   30分83分
アバディエ   54分85分
レポート
ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
観客数: 43,000人
主審:   Vincenzo Orlandini

オーストリア   5 - 0   チェコスロバキア
シュトヤスパル   3分70分
プロプスト   4分21分24分
レポート
ハルトトゥルム・スタディウムチューリッヒ
観客数: 25,000人
主審:   Vasa Stefanovic

グループ 4編集


チーム







1   イングランド 3 2 1 1 0 6 4 +2
2   スイス 2 2 1 0 1 2 3 -1
3   イタリア 2 2 1 0 1 5 3 +2
4   ベルギー 1 2 0 1 1 5 8 -3


イングランド   4 - 4
(延長)
  ベルギー
ブローディス   26分63分
ロフトハウス   36分91分
レポート アノル   5分71分
コッペンス   67分
ディッキンソン  94分 (OG) 
ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
観客数: 40,000人
主審:   Emil Schmetzer

イタリア   4 - 1   ベルギー
パンドルフィニ   41分 (PK)
ガッリ   48分
フリニャーニ   58分
ロレンツィ   78分
レポート アノル   81分
コルナレード・スタディウムルガーノ
観客数: 26,000人
主審:   Carl Erich Steiner

イングランド   2 - 0   スイス
ミューレン   43分
ウィルショー   69分
レポート
ヴァンクドルフ・スタディウムベルン
観客数: 50,000人
主審:   Istvan Zsolt

プレーオフ編集

スイス   4 - 1   イタリア
ヒューギ   14分85分
バラマン   48分
ファットン   90分
レポート ネスティ   67分
ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
観客数: 30,000人
主審:   Benjamin Griffiths

決勝トーナメント編集

準々決勝 準決勝 決勝
                   
6月26日        
   オーストリア 7
6月30日
   スイス 5  
   西ドイツ 6
6月27日
     オーストリア 1  
   西ドイツ 2
7月4日
   ユーゴスラビア 0  
   西ドイツ 3
6月26日
     ハンガリー 2
   ウルグアイ 4
6月30日
   イングランド 2  
   ウルグアイ 2 3位決定戦
6月27日
     ハンガリー (aet) 4  
   ハンガリー 4    オーストリア 3
   ブラジル 2      ウルグアイ 1
7月3日

準々決勝編集


オーストリア   7 - 5   スイス
ワグナー   25分27分53分
ケルナー   26分34分
オツヴィルク   32分
プロプスト   76分
レポート バラマン   16分39分
ヒューギ   17分19分58分

ウルグアイ   4 - 2   イングランド
ボルヘス   5分
バレラ   39分
スキアフィーノ   46分
アンブロイス   78分
レポート ロフトハウス   16分
フィニー   67分
ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
観客数: 35,000人
主審:   Carl Erich Steiner

ハンガリー   4 - 2   ブラジル
ヒデクチ   4分
コチシュ   7分88分
ラントシュ   60分 (PK)
レポート ジャウマ・サントス   18分 (PK)
ジュリーニョ   65分
ヴァンクドルフ・スタディウムベルン
観客数: 60,000人
主審:   Arthur Edward Ellis

西ドイツ   2 - 0   ユーゴスラビア
ホルヴァト  9分 (OG)
ラーン   85分
レポート
スタッド・デ・シャルミージュネーヴ
観客数: 20,000人
主審:   Istvan Zsolt

準決勝編集


ハンガリー   4 - 2
(延長)
  ウルグアイ
チボル   13分
ヒデクチ   46分
コチシュ   111分116分
レポート オベルグ   75分86分

西ドイツ   6 - 1   オーストリア
シェーファー   31分
モーロック   47分
F.ヴァルター   54分 (PK)64分 (PK)
O.ヴァルター   83分89分
レポート プロプスト   51分
ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
観客数: 58,000人
主審:   Vincenzo Orlandini

3位決定戦編集


オーストリア   3 - 1   ウルグアイ
シュトヤスパル   16分 (PK)
クルス  59分 (OG)
オツヴィルク   89分
レポート オベルグ   22分
ハルトトゥルム・スタディウムチューリッヒ
観客数: 35,000人
主審:   Raymon Wyssling

決勝編集



優勝国編集

 1954 FIFAワールドカップ優勝国 
 
西ドイツ
初優勝

得点ランキング編集

脚注編集

  1. ^ 旧ドイツ時代を含む。東西分裂後は初出場。
  2. ^ 続く1958年大会のスウェーデンも同様に第二次大戦での中立国だった。
  3. ^ 新たに設立されたドイツ民主共和国(東ドイツ)やフランス保護領のザール両協会の新規加盟も認められた。
  4. ^ アジアから最初にW杯へ出場したのは、1938年フランス大会でのオランダ領東インド代表。また、1950年ブラジル大会ではインドが本大会出場を決めていたが、辞退していた。

関連項目編集

ワールドカップ・スイス大会決勝戦における西ドイツ代表の歴史的勝利を基軸に、戦争により引き裂かれた家族の再生をテーマとした2003年制作のドイツ映画。

外部リンク編集