メインメニューを開く

1955年ベルギーグランプリ

ウィキメディアの一覧記事

1955年ベルギーグランプリ (1955 Belgian Grand Prix) は、1955年のF1世界選手権第4戦として、1955年6月5日スパ・フランコルシャンで開催された。

ベルギー 1955年ベルギーグランプリ
レース詳細
1955年F1世界選手権全7戦の第4戦
スパ・フランコルシャン(1947-1978)
スパ・フランコルシャン(1947-1978)
日程 1955年6月5日
正式名称 XVII GROTE PRIJS VAN BELGIE
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギーの旗 ベルギー スパ
コース 恒久的レース施設
コース長 14.120 km (8.774 mi)
レース距離 36周 508.320 km (315.855 mi)
ポールポジション
ドライバー ランチア
タイム 4:18.1
ファステストラップ
ドライバー アルゼンチン ファン・マヌエル・ファンジオ メルセデス
タイム 4:20.6
決勝順位
優勝 メルセデス
2位 メルセデス
3位 フェラーリ

レースは36周で行われ、メルセデスファン・マヌエル・ファンジオが優勝、同じくメルセデスのスターリング・モスが2位、フェラーリジュゼッペ・ファリーナが3位となった。

レース概要編集

ランチアは資金難に加え、エースのアルベルト・アスカリが事故死したことを受けて、F1から撤退することを表明した。しかし、アスカリのチームメイトだったエウジェニオ・カステロッティの熱心な説得に折れて、カステロッティ1台のみプライベート参戦することを許可した。予選ではそのカステロッティがポールポジションを獲得した。ベルギー王室も見守られる中行われた決勝は、ファン・マヌエル・ファンジオスターリング・モスメルセデス勢が終始リードしてワン・ツー・フィニッシュとなった。序盤3位につけていたカステロッティはギアボックスの故障でリタイアとなったが、ランチア・D50がこのまま葬り去られるには惜しいマシンであることを証明した。ジュゼッペ・ファリーナが3位で表彰台を獲得し、地元出身のポール・フレールが4位に入賞した[1]

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ジュゼッペ・ファリーナ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 555 フェラーリ Tipo555 2.5L L4 E
4   モーリス・トランティニアン
6   ポール・フレール
8   ピエロ・タルッフィ 1
10   ファン・マヌエル・ファンジオ   ダイムラー・ベンツ メルセデス W196 メルセデス M196 2.5L L8 C
12   カール・クリング
14   スターリング・モス
16   ロベール・マンヅォン 1   エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 23 2.5L L6 E
18   エリー・バイヨル 1
20   ジャン・ベーラ   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
22   ルイジ・ムッソ
24   ロベルト・ミエレス
26   チェーザレ・ペルディーサ
28   ルイ・ロジェ   エキュリー・ロジェ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
30   エウジェニオ・カステロッティ 2   スクーデリア・ランチア ランチア D50 ランチア DS50 2.5L V8 P
32   ルイジ・ヴィッロレージ 1
34   ピエロ・ヴァレンツァーノ 1
36   ジャック・スウォーターズ 1   エキュリー・フィリピネッティ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 23 2.5L L6 E
38   ジョニー・クレエ   スターリング・モス・リミテッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
40   マイク・ホーソーン   ヴァンウォール・プロダクツ・リミテッド ヴァンウォール VW55 ヴァンウォール 254 2.5L L4 P
42   ケン・ウォートン 1
44   プリンス・ビラ 1   プリンス・ビラ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
46   オリヴィエ・ジャンドビアン 1   エキップ・ナツィオナーレ・ベルゲ フェラーリ 625 フェラーリ Tipo555 2.5L L4 E
ソース:[2]
注記
  • ^1 - エントリーしたが出走せず
  • ^2 - ランチア勢は撤退したが、カステロッティのみプライベート参戦

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 30   エウジェニオ・カステロッティ ランチア 4:18.1
2 10   ファン・マヌエル・ファンジオ メルセデス 4:18.6 + 0.5
3 14   スターリング・モス メルセデス 4:19.2 + 1.1
4 2   ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 4:20.9 + 2.8
5 20   ジャン・ベーラ マセラティ 4:23.6 + 5.5
6 12   カール・クリング メルセデス 4:24.0 + 5.9
7 22   ルイジ・ムッソ マセラティ 4:26.4 + 8.3
8 6   ポール・フレール フェラーリ 4:29.7 + 11.6
9 40   マイク・ホーソーン ヴァンウォール 4:33.0 + 14.9
10 4   モーリス・トランティニアン フェラーリ 4:35.2 + 17.1
11 26   チェーザレ・ペルディーサ マセラティ 4:50.9 + 32.8
12 28   ルイ・ロジェ マセラティ 4:55.4 + 37.3
13 24   ロベルト・ミエレス マセラティ 5:09.0 + 50.9
14 38   ジョニー・クレエ マセラティ No Time
ソース:[3]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 10   ファン・マヌエル・ファンジオ メルセデス 36 2:39:29.0 2 9 1
2 14   スターリング・モス メルセデス 36 +8.1 3 6
3 2   ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 36 +1:40.5 4 4
4 6   ポール・フレール フェラーリ 36 +3:25.5 8 3
5 24   ロベルト・ミエレス
  ジャン・ベーラ
マセラティ 35 +1 Lap 13 1
1
6 4   モーリス・トランティニアン フェラーリ 35 +1 Lap 10
7 22   ルイジ・ムッソ マセラティ 34 +2 Laps 7
8 26   チェーザレ・ペルディーサ マセラティ 33 +3 Laps 11
9 28   ルイ・ロジェ マセラティ 33 +3 Laps 12
Ret 12   カール・クリング メルセデス 21 オイル漏れ 6
Ret 30   エウジェニオ・カステロッティ ランチア 16 ギアボックス 1
Ret 40   マイク・ホーソーン ヴァンウォール 8 ギアボックス 9
Ret 20   ジャン・ベーラ マセラティ 3 スピンオフ 5
DNS 38   ジョニー・クレエ マセラティ エンジン
DNS 48   ピエロ・タルッフィ フェラーリ
DNS 4   ハリー・シェル フェラーリ トランティニアンにマシンを譲る
ソース:[4]
追記

注記編集

第4戦終了時点のランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
  1 1   ファン・マヌエル・ファンジオ 19
  1 2   モーリス・トランティニアン 11 13
  1 3   ジュゼッペ・ファリーナ 10 13
  1 4   ボブ・スウェイカート 8
  11 5   スターリング・モス 7
  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 2000, p. 119)
  2. ^ Belgium 1955 - Race entrants”. statsf1.com. 2017年12月26日閲覧。
  3. ^ Belgium 1955 - Qualifications”. statsf1.com. 2017年12月25日閲覧。
  4. ^ 1955 Belgian Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。

参照文献編集

  • Steve Small - The Grand Prix Who's Who, 1996
  • Sheldon and Rabagliati - A Record of Grand Prix and Voiturette Racing, Volume 6, 1954-1959, 1987
  • 林信次『F1全史 1950-1955』ニューズ出版、2000年。ISBN 4-89107-019-6

外部リンク編集