メインメニューを開く

1956年の映画(1956ねんのえいが)では、1956年(昭和31年)の映画分野の動向についてまとめる。

目次

できごと編集

日本の映画興行編集

  • 入場料金(大人)
    • 150円(東京の邦画封切館)[1]
    • 143円(統計局『小売物価統計調査(動向編) 調査結果』[2] 銘柄符号 9341「映画観覧料」)[3]
  • 入場者数 9億9388万人[4]
  • 興行収入 618億9900万円[4]

各国ランキング編集

日本配給収入ランキング編集

1956年邦画配給収入トップ10
(対象期間:1956年4月 - 1957年3月)
順位 題名 配給 配給収入
1 任侠清水港 東映 3億5319万円
2 蜘蛛巣城 東宝 1億9800万円
3 恐怖の空中殺人 東映 1億9291万円
4 曽我兄弟 富士の夜襲[5] 東映 1億9009万円
5 旗本退屈男 謎の幽霊船 東映 1億8678万円
6 銭形平次捕物控 まだら蛇 松竹 1億8676万円
7 太陽の季節 日活 1億8564万円
8 月形半平太 花の巻・嵐の巻 大映 1億8543万円
9 東映 1億7511万円
10 歌う弥次喜多 黄金道中[6] 松竹 1億7456万円
出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、128頁。ISBN 978-4873767550
1956年洋画配給収入トップ10
(対象期間:1956年1月 - 1957年6月)
順位 題名 製作国 配給 配給収入
1 ジャイアンツ   ワーナー・ブラザース 2億1926万円
2 海底二万哩   大映 2億1561万円
3 戦争と平和    パラマウント映画 2億0942万円
4 征服者英語版[7]   RKO 1億8305万円
5 八月十五夜の茶屋   MGM 1億7824万円
6 わんわん物語   大映 1億7515万円
7 空中ぶらんこ英語版[8]   ユナイテッド・アーティスツ
松竹
1億7020万円
8 ピクニック   コロンビア映画 1億6236万円
9 トロイのヘレン英語版[9]   ワーナー・ブラザース 1億5873万円
10 捜索者   ワーナー・ブラザース 1億4507万円
出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、129頁。ISBN 978-4873767550

日本公開作品編集

受賞編集

生誕編集

死去編集

日付 名前 出身国 年齢 職業
1月 12日 ノーマン・ケリー   61 男優
23日 アレクサンダー・コルダ   62 映画監督・ロンドン・フィルムズの設立者
3月 25日 ロバート・ニュートン   50 男優
4月 15日 キャスリーン・ハワード    71 オペラ歌手・女優
6月 6日 マーガレット・ワイチャーリイ   74 女優
30日 トリーネ・ルンド   76 男優
7月 16日 ウーロフ・ビンネルストランド   80 男優
8月 16日 ベラ・ルゴシ   73 男優
10月 9日 マリー・ドロ   74 女優
14日 ジュアンヌ・ダルシー   91 女優
11月 10日 アードマン・ペナー   51 脚本家
30日 ヴィゴ・ヴィーイ   81 男優
12月 12日 エドワード・アンドレ・デュポン   64 映画監督
29日 ホームズ・ハーバート   74 男優

映画デビュー編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 角川春樹藤岡和賀夫阿久悠『ザ・ブーム』角川書店、1982年1月25日、204頁。
  2. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  3. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  4. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。
  5. ^ 曽我兄弟 富士の夜襲”. KINENOTE(キネノート). 2018年9月17日閲覧。
  6. ^ 歌う弥次喜多 黄金道中”. KINENOTE(キネノート). 2018年9月17日閲覧。
  7. ^ 征服者”. allcinema. 2018年9月17日閲覧。
  8. ^ 空中ぶらんこ”. allcinema. 2018年9月17日閲覧。
  9. ^ トロイのヘレン”. allcinema. 2018年9月17日閲覧。