メインメニューを開く

1956年アルゼンチングランプリ (1956 Argentine Grand Prix) は、1956年のF1世界選手権第1戦(開幕戦)として、1956年1月22日ブエノスアイレス・サーキットで開催された。

アルゼンチン 1956年アルゼンチングランプリ
レース詳細
1956年F1世界選手権全8戦の第1戦
ブエノスアイレス・サーキット (レイアウトNo.2、1953-1960)
ブエノスアイレス・サーキット
(レイアウトNo.2、1953-1960)
日程 1956年1月22日
正式名称 IV Gran Premio de la Republica Argentina
開催地 ブエノスアイレス・サーキット
アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス
コース 恒久的レース施設
コース長 3.912 km (2.431 mi)
レース距離 98周 383.376 km (238.219 mi)
決勝日天候 曇(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:42.5
ファステストラップ
ドライバー アルゼンチン ファン・マヌエル・ファンジオ フェラーリ
タイム 1:45.3
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 マセラティ
3位 マセラティ

レース概要編集

メルセデス前年をもって撤退したため、ファン・マヌエル・ファンジオフェラーリへ、スターリング・モスマセラティへそれぞれ移籍した。フェラーリはエースのファンジオの他、エウジェニオ・カステロッティルイジ・ムッソのイタリアの若手2人とイギリス人のピーター・コリンズが抜擢された[1]。マシンは前年にランチアから譲渡されたD50を改造した「ランチア・フェラーリ D50」が主力となった。当レースのグリッドは全てイタリアのマシン(フェラーリとマセラティ)が占めることになった。フェラーリとマセラティは5台をエントリーさせた。残りの3台はマセラティのプライベーター2チームで、オーウェン・レーシング・オーガニゼーション(BRM)マイク・ホーソーンを起用した。

予選はフェラーリ勢が上位3位までを占め、ポールポジションを獲得したファンジオは2位のカステロッティに2.2秒の差を付けた。しかし、決勝のスタートではマセラティのカルロス・メンディテギーとモスがリードし、ファンジオは燃料ポンプのトラブルでリタイアとなってしまった。ファンジオは29周目にムッソと交代して再び5位に上がりジャン・ベーラをパスするが、スピンを喫してベーラに抜かれてしまった。40周目から43周目にかけて上位陣にトラブルが発生する。3位カステロッティのギアボックスが壊れ、メンディテギーはドライブシャフトが破損、首位モスのエンジンからは白煙が吹き出し始めた。再びベーラを抜いたファンジオは66周目に手負いのモスをパスしてトップに立ち、3年連続で母国レースを制した。マセラティのチームマネージャーは、ファンジオがスピンした際に押しがけスタートしたと抗議したが、スチュワードとFIAによって却下された。

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   スターリング・モス   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
4   ジャン・ベーラ
6   カルロス・メンディテギー
8   ルイジ・ピオッティ   ルイジ・ピオッティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
10   チコ・ランディ
  ジェリーノ・ジェリーニ 1
  オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
12   ホセ・フロイラン・ゴンザレス
14   マイク・ホーソーン   オーウェン・レーシング・オーガニゼーション マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
16   アルベルト・ウリア
  オスカル・ゴンザレス 2
  アルベルト・ウリア マセラティ A6GCM マセラティ 250F1 2.5L L6 P
18   ロベール・マンヅォン 3   エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 23 2.5L L6 E
20   エリー・バイヨル 3 T32 ゴルディーニ 25 2.5L L8
30   ファン・マヌエル・ファンジオ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ D50 フェラーリ DS50 2.5L V8 E
32   エウジェニオ・カステロッティ
34   ルイジ・ムッソ
36   ピーター・コリンズ 555 フェラーリ Tipo555 2.5L L4
38   オリビエ・ジャンドビアン フェラーリ DS50 2.5L V8
ソース:[2]
追記
  • ^1 - 交代要員としてエントリーしたが出走せず
  • ^2 - 交代要員としてエントリー
  • ^3 - エントリーしたが出走せず

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 30   ファン・マヌエル・ファンジオ フェラーリ 1:42.5
2 32   エウジェニオ・カステロッティ フェラーリ 1:44.7 + 2.2
3 34   ルイジ・ムッソ フェラーリ 1:44.7 + 2.2
4 4   ジャン・ベーラ マセラティ 1:45.1 + 2.6
5 12   ホセ・フロイラン・ゴンザレス マセラティ 1:45.4 + 2.9
6 6   カルロス・メンディテギー マセラティ 1:45.6 + 3.1
7 2   スターリング・モス マセラティ 1:46.9 + 4.4
8 14   マイク・ホーソーン マセラティ 1:47.4 + 4.9
9 36   ピーター・コリンズ フェラーリ 1:47.7 + 5.2
10 38   オリビエ・ジャンドビアン フェラーリ 1:50.4 + 7.9
11 10   チコ・ランディ マセラティ 1:57.9 + 15.4
12 8   ルイジ・ピオッティ マセラティ 1:57.9 + 15.4
13 16   アルベルト・ウリア マセラティ No Time
ソース:[3]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 34   ルイジ・ムッソ
  ファン・マヌエル・ファンジオ
フェラーリ 98 3:00:03.7 3 4
5 1
2 4   ジャン・ベーラ マセラティ 98 +24.4 4 6
3 14   マイク・ホーソーン マセラティ 98 +2 Laps 8 4
4 10   チコ・ランディ
  ジェリーノ・ジェリーニ
マセラティ 92 +6 Laps 11 1.5
1.5
5 38   オリビエ・ジャンドビアン フェラーリ 91 +7 Laps 10 2
6 16   アルベルト・ウリア
  オスカル・ゴンザレス
マセラティ 88 +10 Laps 13
Ret 2   スターリング・モス マセラティ 81 エンジン 7
Ret 36   ピーター・コリンズ フェラーリ 58 アクシデント 9
Ret 8   ルイジ・ピオッティ マセラティ 57 アクシデント 12
Ret 6   カルロス・メンディテギー マセラティ 42 ハーフシャフト 6
Ret 32   エウジェニオ・カステロッティ フェラーリ 40 ギアボックス 2
Ret 12   ホセ・フロイラン・ゴンザレス マセラティ 24 エンジン 5
Ret 30   ファン・マヌエル・ファンジオ フェラーリ 22 燃料ポンプ 1
ソース:[4]
追記

注記編集

第1戦終了時点のランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1   ジャン・ベーラ 6
2   ファン・マヌエル・ファンジオ 5
3   ルイジ・ムッソ 4
4   マイク・ホーソーン 4
5   オリビエ・ジャンドビアン 2
  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 1999, p. 18)
  2. ^ Argentina 1956 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年1月2日閲覧。
  3. ^ Argentina 1956 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年1月2日閲覧。
  4. ^ 1956 Argentine Grand Prix”. formula1.com. 2014年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9

外部リンク編集