メインメニューを開く

1957年アルゼンチングランプリ (1957 Argentine Grand Prix) は、1957年のF1世界選手権第1戦(開幕戦)として、1957年1月13日ブエノスアイレス・サーキットで開催された。

アルゼンチン 1957年アルゼンチングランプリ
レース詳細
1957年F1世界選手権全8戦の第1戦
ブエノスアイレス・サーキット (レイアウトNo.2、1953-1960)
ブエノスアイレス・サーキット
(レイアウトNo.2、1953-1960)
日程 1957年1月13日
正式名称 V Gran Premio de la Republica Argentina
開催地 ブエノスアイレス・サーキット
アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス
コース 恒久的レース施設
コース長 3.912 km (2.431 mi)
レース距離 100周 391.2 km (243.1 mi)
ポールポジション
ドライバー マセラティ
タイム 1:42.6
ファステストラップ
ドライバー イギリス スターリング・モス マセラティ
タイム 1:44.7
決勝順位
優勝 マセラティ
2位 マセラティ
3位 マセラティ

目次

レース概要編集

前年の王者ファン・マヌエル・ファンジオフェラーリを去り、マセラティに移籍した。マセラティのエースだったスターリング・モスヴァンウォールへ移籍したが、当レースはヴァンウォールやBRMなどのイギリス勢がすべて欠場した(参加したのはマセラティ、フェラーリ各7台のみ)ため、引き続きマセラティのワークス・チームから参加した。フェラーリはマイク・ホーソーンが復帰して、ピーター・コリンズエウジェニオ・カステロッティといった若手中心のドライバー体制となり、マシンは前年のD50にさらなる改変を加え、マシン名も「フェラーリ・801F1」と改められた。マセラティはファンジオの加入とマシン(250F)の熟成により体制強化を図った。

ポールポジションを獲得したモスはレース序盤にスロットルリンケージが壊れ、その修理に手間取ったため優勝争いから脱落した。その後ファステストラップを記録し、ファンジオと競り合うなど速さを見せたが、序盤の出遅れが響いて7周遅れの8位に終わった[1]。フェラーリ勢はカステロッティやコリンズが序盤は首位を走行したが、コリンズ、ルイジ・ムッソ、ホーソーンが相次いでクラッチのトラブルでリタイアするなど苦戦を強いられた。フェラーリ勢が脱落するとファンジオとジャン・ベーラが他を引き離し、ファンジオは4年連続で母国レースを制覇した。唯一ファンジオと同一ラップのベーラが2位、1周遅れの3位にカルロス・メンディテギー、2周遅れの4位にハリー・シェルとマセラティ勢が1-4位を独占した。

次戦モナコGPまで4ヶ月のインターバルがあったが、この間フェラーリは相次ぐ悲劇に襲われた。3月半ば、カステロッティがモデナでのテスト走行中に事故死してしまい、5月のミッレミリアではアルフォンソ・デ・ポルターゴが観客を巻き込む大事故によって亡くなった。この事故によりミッレミリアはこの年をもって終了することになった[2][3]

エントリーリスト編集

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 4   スターリング・モス マセラティ 1:42.6
2 2   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 1:43.7 + 1.1
3 6   ジャン・ベーラ マセラティ 1:44.0 + 1.4
4 14   エウジェニオ・カステロッティ フェラーリ 1:44.2 + 1.6
5 10   ピーター・コリンズ フェラーリ 1:44.6 + 2.0
6 12   ルイジ・ムッソ フェラーリ 1:44.8 + 2.2
7 16   マイク・ホーソーン フェラーリ 1:44.9 + 2.3
8 8   カルロス・メンディテギー マセラティ 1:45.1 + 2.5
9 22   ハリー・シェル マセラティ 1:46.6 + 4.0
10 20   ホセ・フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 1:46.8 + 4.2
11 18   チェーザレ・ペルディーサ フェラーリ 1:48.6 + 6.0
12 26   アレハンドロ・デ・トマソ フェラーリ 1:56.1 + 13.5
13 24   ヨアキム・ボニエ マセラティ 1:58.2 + 15.6
14 28   ルイジ・ピオッティ マセラティ 1:58.2 + 15.6
ソース:[5]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 2   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 100 3:00:55.9 2 8
2 6   ジャン・ベーラ マセラティ 100 +18.3 3 6
3 8   カルロス・メンディテギー マセラティ 99 +1 Lap 8 4
4 22   ハリー・シェル マセラティ 98 +2 Laps 9 3
5 20   アルフォンソ・デ・ポルターゴ
  ホセ・フロイラン・ゴンザレス
フェラーリ 98 +2 Laps 10 1
1
6 18   チェーザレ・ペルディーサ
  ピーター・コリンズ
  ヴォルフガング・フォン・トリップス
フェラーリ 98 +2 Laps 11
7 24   ヨアキム・ボニエ マセラティ 95 +5 Laps 13
8 4   スターリング・モス マセラティ 93 +7 Laps 1 1 1
9 26   アレハンドロ・デ・トマソ フェラーリ 91 +9 Laps 12
10 28   ルイジ・ピオッティ マセラティ 90 +10 Laps 14
Ret 14   エウジェニオ・カステロッティ フェラーリ 75 ホイール 4
Ret 16   マイク・ホーソーン フェラーリ 35 クラッチ 7
Ret 12   ルイジ・ムッソ フェラーリ 31 クラッチ 6
Ret 10   ピーター・コリンズ フェラーリ 26 クラッチ 5
ソース:[6]
追記

注記編集

第1戦終了時点のランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1   ファン・マヌエル・ファンジオ 8
2   ジャン・ベーラ 6
3   カルロス・メンディテギー 4
4   ハリー・シェル 3
5=   アルフォンソ・デ・ポルターゴ 1
5=   ホセ・フロイラン・ゴンザレス 1
5=   スターリング・モス 1
  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 1999, p. 37)
  2. ^ 1977年からクラシックカーレースとして開催されている
  3. ^ (林信次 1999, p. 37,40)
  4. ^ Argentina 1957 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年1月15日閲覧。
  5. ^ Argentina 1957 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年1月15日閲覧。
  6. ^ 1957 Argentine Grand Prix”. formula1.com. 2014年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9

外部リンク編集