メインメニューを開く

1958年アジア競技大会The 3rd Asian Games III Asiad)は、1958年日本東京都で開催された第3回アジア競技大会。大会スローガンは「Ever Onward(限りない前進)」。

第3回アジア競技大会
III Asian Games
1958 Asian Games opening ceremony.jpg
開催都市 日本の旗 日本 東京
参加国・地域数 20
参加人数 1,692人
競技種目数 13競技
開会式 1958年5月24日
閉会式 1958年6月1日
開会宣言 昭和天皇
最終聖火ランナー 織田幹雄
主競技場 国立競技場
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示
会場となった国立競技場

目次

ハイライト編集

今回の大会では、1964年に行われる夏季オリンピックを東京招致を目指し開催された。大会に先駆け、国際オリンピック委員会総会(IOC総会)が行われ、開会式で、1896年第1回アテネオリンピックで演奏されたオリンピック賛歌が62年の時を経て復元され、演奏された。その翌年のIOC総会で東京オリンピック開催が決定された。ちなみにその年は第14回国民体育大会が東京都で開催された。また、この大会から初めて聖火リレーを実施し、この時の聖火はフィリピンマニラで点火されたものであった。聖火リレー最終走者は織田幹雄が務めた[1]

なお国立霞ヶ丘陸上競技場(国立競技場)はこの大会に合わせて旧明治神宮外苑競技場を解体し、建造されている。

大会は成功裏に終わったものの、入場券が予定数以上発売されてしまった為に入場券購入者が観戦できなかったというハプニングが各会場で起こったという。

記念発行物編集

アジア大会開催を記念して郵政省(現在の日本郵便)が、1958年5月24日に記念切手4種類を発行している。額面は当時の国内及び国際郵便(船便)の葉書封書の基本料金であるため、額面はそれぞれ異なる。

実施競技編集

国・地域別メダル受賞数編集

順位 国・地域
1   日本 67 42 30 139
2   フィリピン 9 19 21 49
3   韓国 8 7 10 25
4  イラン 7 14 10 31
5   中華民国(国民政府) 6 11 17 34
6   パキスタン 6 11 8 25
7   インド 5 4 4 13
8   ベトナム共和国 2 0 4 6
9   ビルマ 1 2 0 3
10   シンガポール 1 1 1 3
11   セイロン 1 0 1 2
12   タイ 0 1 1 2
13   イギリス領香港 0 1 1 2
14   インドネシア 0 0 6 6
15   マレーシア 0 0 3 3
16   イスラエル 0 0 2 2

参加国・地域編集

参加国・地域人数編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本スポーツ振興センター 『SAYONARA国立競技場56年の軌跡 1958-2014』 朝日新聞出版、2014年、193頁。ISBN 978-4-02-190250-5