メインメニューを開く

1958年イギリスグランプリ

1958年イギリスグランプリ (1958 British Grand Prix) は、1958年のF1世界選手権第7戦として、1958年7月19日シルバーストン・サーキットで開催された。

イギリス 1958年イギリスグランプリ
レース詳細
1958年F1世界選手権全11戦の第7戦
シルバーストン・サーキット(1952-1973)
シルバーストン・サーキット(1952-1973)
日程 1958年7月19日
正式名称 XI RAC British Grand Prix
開催地 シルバーストン・サーキット
イギリスの旗 イギリス(イングランドの旗 イングランド) シルバーストン
コース 恒久的レース施設
コース長 4.7105 km (2.927 mi)
レース距離 75周 353.288 km (219.525 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ヴァンウォール
タイム 1:39.4
ファステストラップ
ドライバー イギリス マイク・ホーソーン フェラーリ
タイム 1:40.8
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 フェラーリ
3位 クーパー-クライマックス

レース概要編集

バーニー・エクレストンモナコGPに続いてコンノート2台をエントリーし、アイヴァー・ビューブジャック・フェアーマンがドライブした[1]

ピーター・コリンズが久しぶりに本領を発揮し、一度も首位を明け渡さず1956年フランスGP以来2年ぶりの通算3勝目を飾った。チームメイトのマイク・ホーソーンが2位に続き、フェラーリワン・ツー・フィニッシュを果たした。ポールポジションスターリング・モスは前半両者の間に割って入ったもののリタイアに終わり、ホーソーンにポイントランキング首位の座を明け渡した[2]

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
1   ピーター・コリンズ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 246 フェラーリ Tipo143 2.4L V6 E
2   マイク・ホーソーン
3   ヴォルフガング・フォン・トリップス
4   モーリス・トランティニアン   RRCウォーカー・レーシングチーム クーパー T43 クライマックス FPF 2.0L L4 D
5   キャロル・シェルビー   スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
6   ジェリーノ・ジェリーニ
7   スターリング・モス   ヴァンダーヴェル・プロダクツ・リミテッド ヴァンウォール VW5 ヴァンウォール 254 2.5L L4 D
8   トニー・ブルックス
9   スチュアート・ルイス=エヴァンズ
10   ロイ・サルヴァドーリ   クーパー・カー・カンパニー クーパー T45 クライマックス FPF 2.2L L4 D
11   ジャック・ブラバム クライマックス FPF 2.0L L4
12   イアン・バージェス
14   ジャック・フェアーマン   バーニー・エクレストン コンノート B アルタ GP 2.5L L4 D
15   アイヴァー・ビューブ
16   グラハム・ヒル   チーム・ロータス ロータス 16 クライマックス FPF 2.2L L4 D
17   クリフ・アリソン 12 クライマックス FPF 2.0L L4
18   アラン・ステイシー 16 クライマックス FPF 2.2L L4
19   ジャン・ベーラ   オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P25 BRM P25 2.5L L4 D
20   ハリー・シェル
21   マステン・グレゴリー 1
22   ヨアキム・ボニエ   ヨアキム・ボニエ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
ソース:[3]
追記
  • ^1 - エントリーしたが出場せず

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 7   スターリング・モス ヴァンウォール 1:39.4
2 20   ハリー・シェル BRM 1:39.8 + 0.4
3 10   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 1:40.0 + 0.6
4 2   マイク・ホーソーン フェラーリ 1:40.4 + 1.0
5 17   クリフ・アリソン ロータス-クライマックス 1:40.4 + 1.0
6 1   ピーター・コリンズ フェラーリ 1:40.6 + 1.2
7 9   スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 1:41.4 + 2.0
8 19   ジャン・ベーラ BRM 1:41.4 + 2.0
9 8   トニー・ブルックス ヴァンウォール 1:41.6 + 2.2
10 11   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 1:42.0 + 2.6
11 3   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 1:42.0 + 2.6
12 4   モーリス・トランティニアン クーパー-クライマックス 1:42.6 + 3.2
13 22   ヨアキム・ボニエ マセラティ 1:43.0 + 3.6
14 16   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 1:43.0 + 3.6
15 5   キャロル・シェルビー マセラティ 1:44.2 + 4.8
16 12   イアン・バージェス クーパー-クライマックス 1:45.4 + 6.0
17 15   アイヴァー・ビューブ コンノート-アルタ 1:51.4 + 12.0
18 6   ジェリーノ・ジェリーニ マセラティ 1:53.0 + 13.6
19 14   ジャック・フェアーマン コンノート-アルタ 1:58.8 + 19.4
20 18   アラン・ステイシー ロータス-クライマックス 1:58.8 + 19.4
ソース:[4]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 1   ピーター・コリンズ フェラーリ 75 2:09:04.2 6 8
2 2   マイク・ホーソーン フェラーリ 75 +24.2 4 7 1
3 10   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 75 +50.6 3 4
4 9   スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 75 +50.8 7 3
5 20   ハリー・シェル BRM 75 +1:14.8 2 2
6 11   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 75 +1:23.2 10
7 8   トニー・ブルックス ヴァンウォール 74 +1 Lap 9
8 4   モーリス・トランティニアン クーパー-クライマックス 73 +2 Laps 12
9 5   キャロル・シェルビー マセラティ 72 +3 Laps 15
Ret 3   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 59 エンジン 11
Ret 22   ヨアキム・ボニエ マセラティ 49 ギアボックス 13
Ret 6   ジェリーノ・ジェリーニ マセラティ 44 ギアボックス 18
Ret 12   イアン・バージェス クーパー-クライマックス 40 クラッチ 16
Ret 7   スターリング・モス ヴァンウォール 25 エンジン 1
Ret 17   クリフ・アリソン ロータス-クライマックス 21 エンジン 5
Ret 19   ジャン・ベーラ BRM 19 サスペンション 8
Ret 15   アイヴァー・ビューブ コンノート-アルタ 19 ギアボックス 17
Ret 18   アラン・ステイシー ロータス-クライマックス 19 オーバーヒート 20
Ret 16   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 17 オーバーヒート 14
Ret 14   ジャック・フェアーマン コンノート-アルタ 7 イグニッション 19
ソース:[5]
追記

注記編集

第7戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Bernie Ecclestone, racing driver”. F1 Fanatic (2009年1月5日). 2015年8月16日閲覧。
  2. ^ (林信次 1999, p. 58-59)
  3. ^ Britain 1958 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年2月5日閲覧。
  4. ^ Britain 1958 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年2月4日閲覧。
  5. ^ 1958 British Grand Prix”. formula1.com. 2014年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9

外部リンク編集