メインメニューを開く

1958年ドイツグランプリ (1958 German Grand Prix) は、1958年のF1世界選手権第8戦として、1958年8月3日ニュルブルクリンクで開催された。

西ドイツ 1958年ドイツグランプリ
レース詳細
1958年F1世界選手権全11戦の第8戦
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
日程 1958年8月3日
正式名称 XX Großer Preis von Deutschland
開催地 ニュルブルクリンク
西ドイツの旗 西ドイツ ニュルブルク
コース 恒久的レース施設
コース長 22.810 km (14.173 mi)
レース距離 15周 342.150 km (212.595 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 9:14.0
ファステストラップ
ドライバー イギリス スターリング・モス ヴァンウォール
タイム 9:09.2
決勝順位
優勝 ヴァンウォール
2位 クーパー-クライマックス
3位 クーパー-クライマックス

レース概要編集

序盤首位を走行したスターリング・モスはハイペースで先行するが、前戦イギリスGPに続いてマシントラブルでリタイアに終わる。これでピーター・コリンズマイク・ホーソーンフェラーリ2台が競り合いながらリードし、ヴァンウォールトニー・ブルックスが追いかける展開となる。中盤過ぎになってブルックスはペースを上げてフェラーリ勢を出し抜くことに成功して首位に浮上する。コリンズは必死に食い下がったが、11周目に森の中のコーナーでコースアウトを喫し、立木に激突して即死してしまう。直後を走っていたホーソーンはショックを受け、ピットに戻ってリタイアした。以後はブルックスが独走して優勝し、クーパーロイ・サルヴァドーリが2位で2戦連続表彰台に立った[1]

フェラーリは1ヶ月前のフランスGPルイジ・ムッソを失ったばかりだったが、コリンズも失ってしまい大打撃を受けた。ホーソーンは親友コリンズの死を目の当たりにして、真剣に引退を考えることになる[2]

参加台数を増やすため、前年に引き続きF2のマシンも混走した(黄色で表示)[3]。なお、F2のマシンは入賞してもポイントは獲得できないが、F1出走回数にはカウントされる[4]ブルース・マクラーレンはクーパーからF2部門でデビューを果たし総合5位となったが、ポイント獲得対象外のため無得点となった。

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ピーター・コリンズ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 246 フェラーリ Tipo143 2.4L V6 E
3   マイク・ホーソーン
4   ヴォルフガング・フォン・トリップス
5   ジャン・ベーラ   オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P25 BRM P25 2.5L L4 D
6   ハリー・シェル
7   スターリング・モス   ヴァンダーヴェル・プロダクツ・リミテッド ヴァンウォール VW5 ヴァンウォール 254 2.5L L4 D
8   トニー・ブルックス
9   スチュアート・ルイス=エヴァンズ 1
10   ロイ・サルヴァドーリ   クーパー・カー・カンパニー クーパー T45 クライマックス FPF 2.2L L4 D
11   モーリス・トランティニアン   RRCウォーカー・レーシングチーム クーパー T45 クライマックス FPF 2.2L L4 D
12   クリフ・アリソン   チーム・ロータス ロータス 16 クライマックス FPF 2.2L L4 D
14   トロイ・ラットマン   スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
15   パコ・ゴディア 1
16   ヨアキム・ボニエ
17   ハンス・ヘルマン
18   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール   エキュリー・マールスベルゲン ポルシェ RS550 ポルシェ 547/3 1.5L F4 D
19   ディック・ギブソン   ディック・ギブソン クーパー T43 クライマックス FPF 1.5L L4 D
20   ブルース・マクラーレン   クーパー・カー・カンパニー クーパー T45 クライマックス FPF 1.5L L4 D
21   エドガー・バース   ポルシェKG ポルシェ RSK ポルシェ 547/3 1.5L F4 ?
22   ヴォルフガング・ザイデル   スクーデリア・セントロ・スッド クーパー T43 クライマックス FPF 1.5L L4 D
23   フィル・ヒル   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 156(F2) フェラーリ ディーノ156 1.5L V6 E
24   ジャック・ブラバム   クーパー・カー・カンパニー クーパー T45 クライマックス FPF 1.5L L4 D
25   グラハム・ヒル   チーム・ロータス ロータス 16 クライマックス FPF 1.5L L4 D
26   イアン・バージェス   ハイ・エフィシエンシー・モータース クーパー T43 クライマックス FPF 1.5L L4 D
27   クリスチャン・ゲータルズ   エキュリー・エペロン・ドール クーパー T43 クライマックス FPF 1.5L L4 E
28   アイヴァー・ビューブ   エキュリー・デミ・リットル ロータス 12 クライマックス FPF 1.5L L4 D
29   ブライアン・ネイラー   ブライアン・ネイラー クーパー T45 クライマックス FPF 1.5L L4 D
30   トニー・マーシュ   トニー・マーシュ クーパー T45 クライマックス FPF 1.5L L4 D
32   リチャード・アトリー 1   リチャード・アトリー トジェイロ F2 クライマックス FPF 1.5L L4 ?
ソース:[5]
追記
  • ^1 - エントリーしたが出場せず

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 3   マイク・ホーソーン フェラーリ 09:14.0
2 8   トニー・ブルックス ヴァンウォール 09:15.0 + 1.0
3 7   スターリング・モス ヴァンウォール 09:19.1 + 5.1
4 2   ピーター・コリンズ フェラーリ 09:21.9 + 7.9
5 4   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 09:24.7 + 10.7
6 10   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 09:35.3 + 21.3
7 11   モーリス・トランティニアン クーパー-クライマックス 09:36.9 + 22.9
8 6   ハリー・シェル BRM 09:39.6 + 25.6
9 5   ジャン・ベーラ BRM 09:46.8 + 32.8
10 23   フィル・ヒル フェラーリ 09:48.9 + 34.9
11 26   イアン・バージェス クーパー-クライマックス 09:55.3 + 41.3
12 20   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 09:56.0 + 42.0
13 21   エドガー・バース ポルシェ 09:57.2 + 43.2
14 30   トニー・マーシュ クーパー-クライマックス 09:57.5 + 43.5
15 18   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 10:01.5 + 47.5
16 28   アイヴァー・ビューブ ロータス-クライマックス 10:02.6 + 48.6
17 22   ヴォルフガング・ザイデル クーパー-クライマックス 10:21.0 + 1:07.0
18 19   ディック・ギブソン クーパー-クライマックス 10:55.0 + 1:41.0
19 24   ジャック・ブラバム 1 クーパー-クライマックス 09:43.4 + 29.4
20 17   ハンス・ヘルマン 1 マセラティ 10:13.5 + 59.5
21 16   ヨアキム・ボニエ 1 マセラティ 09:42.7 + 28.7
22 25   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 10:58.0 + 1:44.0
23 27   クリスチャン・ゲータルズ クーパー-クライマックス 11:22.9 + 2:08.9
24 12   クリフ・アリソン 1 ロータス-クライマックス 09:44.3 + 30.3
25 29   ブライアン・ネイラー 2 クーパー-クライマックス 10:17.9 + 1:03.9
ソース:[6]
追記
  • ^1 - 6周走行しなかったためグリッド降格[7]
  • ^2 - 車両規定違反のため最後尾グリッドへ降格[7]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 8   トニー・ブルックス ヴァンウォール 15 2:21:15.0 2 8
2 10   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 15 +3:29.7 6 6
3 11   モーリス・トランティニアン クーパー-クライマックス 15 +5:11.2 7 4
4 4   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 15 +6:16.3 5 3
5 20   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 15 +6:26.3 12 0 1
6 21   エドガー・バース ポルシェ 15 +6:32.4 13
7 26   イアン・バージェス クーパー-クライマックス 15 +6:59.3 11
8 30   トニー・マーシュ クーパー-クライマックス 15 +7:09.9 14
9 23   フィル・ヒル フェラーリ 15 +7:45.5 10
10 12   クリフ・アリソン ロータス-クライマックス 13 +2 Laps 24 0 2
11 28   アイヴァー・ビューブ ロータス-クライマックス 13 +2 Laps 16
Ret 3   マイク・ホーソーン フェラーリ 11 クラッチ 1
Ret 2   ピーター・コリンズ フェラーリ 10 事故死 4
Ret 22   ヴォルフガング・ザイデル クーパー-クライマックス 9 サスペンション 17
Ret 6   ハリー・シェル BRM 9 ブレーキ 8
Ret 27   クリスチャン・ゲータルズ クーパー-クライマックス 4 燃料ポンプ 23
Ret 25   グラハム・ヒル ロータス-クライマックス 4 オイルパイプ 22
Ret 5   ジャン・ベーラ BRM 4 サスペンション 9
Ret 18   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 3 エンジン 15
Ret 17   ハンス・ヘルマン マセラティ 3 エンジン 20
Ret 7   スターリング・モス ヴァンウォール 3 マグネトー 3 1 3
Ret 19   ディック・ギブソン クーパー-クライマックス 2 エンジン 18
Ret 29   ブライアン・ネイラー クーパー-クライマックス 1 燃料ポンプ 25
Ret 24   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 1 接触 19
Ret 16   ヨアキム・ボニエ マセラティ 1 アクシデント 21
DNS 14   トロイ・ラットマン マセラティ エンジン
ソース:[8]
追記
  • ^1 - マクラーレンは総合5位となったが、F2部門で出走したためポイント対象外
  • ^2 - アリソンはF1部門で5位となったが、総合10位のためポイント対象外
  • ^3 - ファステストラップの1点を含む

注記編集

  • F1史上初めてイタリア人ドライバーが不在のレースとなった。

第8戦終了時点のランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 1999, p. 59)
  2. ^ (林信次 1999, p. 59-60)
  3. ^ (林信次 1999, p. 119)。ドイツGPでは1969年までしばしばF2との混走が行われた。
  4. ^ (林信次 1995, p. 51)。ただし、文献によっては出走回数にカウントされない場合もある。
  5. ^ Germany 1958 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年2月7日閲覧。
  6. ^ Germany 1958 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年2月6日閲覧。
  7. ^ a b (en) Mike Lang, Grand Prix volume 1, Haynes Publishing Group,‎ , 288 p. (ISBN 0-85429-276-4)
  8. ^ 1958 German Grand Prix”. formula1.com. 2014年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9
  • 林信次『F1全史 1966-1969』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6

関連項目編集

外部リンク編集