1959年のナショナルリーグ優勝決定プレイオフ

1959年のナショナルリーグ優勝決定プレイオフは、1959年9月28日9月29日ロサンゼルス・ドジャースミルウォーキー・ブレーブスの間で行われたナショナルリーグ優勝決定戦である。

エディ・マシューズ(写真は1963年)

概要編集

この年はシーズン終盤までドジャース・ブレーブス・ジャイアンツによる激しい優勝争いが続き、最終的にドジャースとブレーブスが86勝68敗で並んだため、3試合制のプレイオフが実施された。

プレイオフは2勝0敗でドジャースがロサンゼルス移転後初、ブルックリン時代から通算して3年ぶり13回目のリーグ優勝を決め、ワールドシリーズへ進出した。

試合結果編集

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 9月28日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ドジャース 1 0 1 0 0 1 0 0 0 3 10 1
ブレーブス 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 6 0
  1. ラリー・シェリー (7-2)  カール・ウィレー (5-9)  
  2. 本塁打:  LAD – ジョン・ローズボロ (10)  MLN – なし

第2戦 9月29日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
ブレーブス 2 1 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 5 10 2
ドジャース 1 0 0 1 0 0 0 0 3 0 0 1 6 15 0
  1. スタン・ウィリアムズ (5-5)  ボブ・ラッシュ (5-6)  
  2. 本塁打:  MLN – エディ・マシューズ (46)  LAD – チャーリー・ニール (19)

外部リンク編集